尾上菊之助出演、「まもなく開幕!日本博オープニング・セレモニー~日本の音・声・舞の魅力に迫る!~」

3月14日に開催される、日本博オープニングセレモニー、

その見所を伝える番組が放映されました。

実は、この放映の後、セレモニーそのものも

中止になってしまいました。

そういう意味からも、

お宝的な価値満載の番組でした。



BS日テレ「まもなく開幕!日本博オープニング・セレモニー~日本の音・声・舞の魅力に迫る!~」

3月7日(19:00~19:54)に、BS日テレ局で、

日本博オープニングセレモニーのプレ番組が

放映されました。

ナビゲーターは、谷原章介さん。

番組では、このオープニングセレモニーで

上演される日本の伝統芸能について、

美しい画像とともに紹介されていました。

このオープニングセレモニーのコンセプトは、

日本の自然の美しさだそうです。

そこで、芸能を「雪」「月」「花」に分けて、

それぞれのテーマで演じていただくとのこと、

四季の自然の美しさに、

凛とした姿勢で芸能を極める方々が重なり、

短いながら見応えのある番組でした。

な~~~んと言っても、

コロナウイルスの影響で、

劇場は閉鎖、イベントは自粛の日々。

もうそろそろ、歌舞伎が観た~~~い!!

と叫んでしまった・・・。

この時は、まだ望みがあったんですよね・・・。



尾上菊之助が歌舞伎を語る

オープニングセレモニーでは「花」の部分を務める歌舞伎。

演じるのは、5代目尾上菊之助です。

菊之助も美しいからね~、

歌舞伎について語る姿や舞台で演じる姿に、

ほ~って見惚れてしまいました。

ここで紹介された演目が

本当だったら今頃国立劇場で上演されていたはずの

「義経千本桜」の中の碇知盛と言われる場面でした。

血みどろの凄まじい形相で、

最後を遂げる渾身のシーンを、

テレビでじっくり堪能しました(生を観たい~~・・心の声)。

歌舞伎についても、

菊之助が色々と語ってくれました。

歌舞伎とは大衆の演劇、

江戸時代の成熟した時代に作られたことから、

庶民の楽しみだったそうです。

この時代は見巧者(みごうしゃ)という

目の肥えた観客にも訴えかけられるよう、

演じる者も工夫したということです。

大衆にとってわかりやすく、より楽しませる工夫が

あちこちに見られます。

つまり、伝統芸能とはいえ、

歌舞伎は大衆のもの、

堅苦しいものではないといいます。

また歌舞伎独特の化粧である、隈取の意味。

赤い隈取のものは正義、

青いものは悪、

茶色い顔は妖怪変化、という風に、

顔を見ただけで役の特徴がわかる、と

とても嬉しそうに話していました。

菊之助の歌舞伎愛が伝わるインタビューに、

歌舞伎ロスな私は、

画面にかぶりつくように見てしまいました。

そうそう大事なこと、

オープニングセレモニーでは、

菊之助は「石橋」を演じます。

これは、獅子のお役、

神の使いであるこの役は、

役を憑依させる役者の原点だと思うとも

話していました。



日本博オープニングセレモニーについて

3月14日(土)の

18時から、東京の国立博物館で上演されるそうです。

本来は、観客も入り、、、という設え、

しかし、コロナウイルス感染拡大を防ぐために、

無観客での上演となるということです。

残念、、、、

そして、セレモニー自体も、国全体が自粛体制の中、

祝い的なことは適切ではないということで、

中止となってしまいました。

く〜〜・・・涙涙

もし行われていたとしたら、

その概要は次の通りです。

【第1部 記念式典】

司会:谷原章介 青山祐子

アイヌ古式舞踊 鶴の踊り アイヌ民族文化財団

ご挨拶 主催者、日本博広報大使

ミュージカル『刀剣乱舞』刀剣男士(髭切/膝丸)

 

【第2部 記念公演 月雪花(つきゆきはな)にあそぶ ―日本の音と声と舞―】

〈出演〉

笙 盤渉調調子(ばんしきちょうちょうし) 宮田まゆみ

日本舞踊 鷺娘(さぎむすめ) 尾上 紫

胡弓 雪(ゆき) 川瀬露秋

声明 散華(さんげ) 天台聲明 七聲會

能 羽衣(はごろも) 観世清和

尺八 寒月(かんげつ) ジョン・海山・ネプチューン

文楽 団子売(だんごうり) 豊竹呂太夫 鶴澤清介 桐竹勘十郎

篠笛 月(つき) 福原徹彦

琉球古典音楽 伊集早作田節(いじゅはいちくてんぶし) 新垣俊道

合唱 越天楽~花(えてんらく~はな) 三澤洋史 新国立劇場合唱団

歌舞伎 石橋(しゃっきょう) 尾上菊之助

【フィナーレ】

第1部・第2部出演者

もし実施されるとしたら、

このような感じだったんですよ。

プレだけでも見られて良かったけど、

本当は見たかったな、セレモニーも。

政府がオリンピックイヤーを記念し、 国内外に向け「日本の美」を発信し、 後世へと伝えることを目的とした一大行事です。 3月...

読んでくださり、ありがとう存じまする。