坂東彌十郎(坂東新悟の父)、脇役はお任せ!実力派の歌舞伎役者が、「クイズ!脳ベルSHOW」に登場

歌舞伎役者の坂東彌十郎(ばんどうやじゅうろう)が、

BSフジ局の「クイズ!脳ベルSHOW」に出演します。

脇を勤めさせたら、なんでもござれの、

幅広い芸風を持つ坂東彌十郎について紹介します。



坂東彌十郎が、BSフジ局の「クイズ!脳ベルSHOW」に出演

BSフジ局の「クイズ!脳ベルSHOW」とは、

年齢とともに衰えていく脳に警鐘を鳴らす

“脳活性化クイズバラエティー”だそうです!

「ひらめき・記憶・瞬発力・発想」の4ジャンルから

出題される問題で脳を活性化をめざします。

年老いていく脳に警鐘を鳴らす、

視聴者が参加しやすいクイズ番組です。

MCは人気お笑いコンビ、ますだおかだの岡田圭右さん。

アシスタントは二児の母であり、昭和歌謡をこよなく愛する

「人間ジュークボックス」こと川野良子アナウンサー。

クイズに回答するゲストパネラーは、

40代~80代のベテラン芸能人。

月、火の上位2人と水、木の上位2人が

金曜日に対決し、その週のチャンピオンが決定するシステムなんですって。

毎回予想できないハプニングが続出し、

スタジオは大パニックになるらしいです。

坂東彌十郎は、

10月21日(月)・22日(火)に出演し決勝をめざします。

歌舞伎で鍛えられた「脳」が

どう反応していくのか、楽しみですね。



坂東彌十郎とはどんな歌舞伎役者なの?

歌舞伎役者坂東彌十郎は現在63歳です。

舞台には欠かせない、演技派の脇役として、

敵役、老け役、笑わせ役(?)まで、

縦横無尽に活躍している役者です。

坂東彌十郎のプロフィール

坂東 彌十郎:本名 本間 寿男(ほんま ひさお)

生年月日 1956年 5月10日 

出身地 東京都

家系 祖父:十三代目守田勘弥、父:坂東好太郎(銀幕スター) 兄:二代目坂東吉彌、

長男 :坂東新悟

出身地 東京

身長 183㎝

屋号 大和屋

定紋 三ツ大

俳名 酔寿(スイス)

主な芸歴 1973年 奴道成寺』の所化観念坊で坂東弥十郎を名乗って初舞台(歌舞伎座)

1975年 十四代目守田勘弥に弟子入り(2ヶ月後に死去)

1980年 名題に昇進

1983年 三代目市川猿之助の門下に入る

2014年 自主公演「やごの会」を立ち上げる

2016年 「やごの会」ヨーロッパ公演、ワークショップを実施。成功裏に納める

実は、私が予想していたよりもお若かったです。

老け役が多いせいか、安定感のせいか、、、。

でも、8月の納涼歌舞伎の狸もお似合いでした。



坂東彌十郎、苦労して芸を磨いた40年にあっぱれ

坂東彌十郎の父は、坂東好太郎という元銀幕のスターです。

祖父は歌舞伎役者の守田勘弥ですが、

歌舞伎役者の道へは、親戚筋の8代目坂東三津五郎を

頼ってのものでした。

初舞台は17歳の時、役者にしては遅い方です。

これは、身長が災いしたとか・・・。

現在でも183cmの長身を誇りますが、

当時からその大きさだったらしいです。

すると、大きすぎて子役になれないんですって。

そんなことがあったとは、驚きのスタートです。

念願の初舞台を果たしたものの、

師匠の三津五郎は、

フグの中毒により、不慮の死をとげてしまいます。

その後、叔父の十四代目守田勘弥に弟子入りをするのですが、

この方も2ヶ月後に亡くなってしまいます。

その後、三代目市川猿之助の門下に入り、

そこで歌舞伎の芸を修行していくことになるのです。

当時から、猿之助は、家の出を問わず、

若い役者を育てることには熱心だったようです。

猿之助一座で活躍しながら、

師匠の芸を見る目や、新しいものを取り入れていく姿勢に、

かなり影響を受けたのだそうです。

2016年のヨーロッパ公演もその1つ、

師匠猿之助は、彌十郎が門下を離れることになっても、

ずっと、彌十郎の活躍を見守っていて、

ヨーロッパ公演の成功をとても喜んだのだそうです。

しかし、それはかなり後の話で、

自分らしい歌舞伎を作りたかった彌十郎は、

40代で門下から離れます。

またもや一人になった彌十郎は、

十八代目中村勘三郎に声をかけられ、

一緒に平成中村座を盛り立てていくことになります。

年齢が1歳しか違わないのだそう。

十代目坂東三津五郎も共に加わり、

3人で新しい歌舞伎をめざしつつ、飲み歩いてもいたんですって。

一番身体が大きくて飲みっぷりも良かった彌十郎、

3人の中では一番先にあの世に行くんじゃないかと

話をしていたらしいです。

その思い出話を聞くと、私も悲しくなります。

大らかで穏やかそうな彌十郎の過去、

実は、波乱万丈だったのです。

その波を幾多も乗り越え、

今の幅広い芸風が生まれたのでしょうね。

雰囲気だけで、その役を表現できる

あっぱれな役者だと思っています。

https://twitter.com/yajurobando/status/1185933682994905090



坂東新悟との自主公演「やごの会」

自分らしい歌舞伎を作る、

長男の坂東新悟と自主公演「やごの会」を立ち上げたのが、

2014年のことです。

坂東新悟は、彌十郎と同様長身です。

でも、立役ではなく女形としての活躍が

目覚ましい若手役者なのです。

10月、11月は、新橋演舞場で「スーパー歌舞伎Ⅱ新版オグリ」で、

照手姫を好演中です。

*坂東新悟についてはこちらにも書いていますので、お読みくださいね。

期待の成長株の一人、初代坂東新悟を紹介します。 歌舞伎役者の中では随一の長身、しかも女形。 役者としては不利ではないか?と言われ...

*「スーパー歌舞伎Ⅱ新版オグリ」についてはこちらにも書いていますので、お読みくださいね。

令和初のスーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」、 市川猿之助バージョンを観劇しました。 月並みですが、とてもとてもよかったです。 ...

お家の芸はない、と彌十郎は言います。

しかし、色々な先輩や仲間から学んだことは多くあり、

それが自分の芸風ともなっている様子、

「いただいたお役を大切に、気負わず楽しく務める」

という言葉に、芸に貪欲な姿勢も感じます。

息子新悟には、厳しく教えることもあるそうですが、

「受け継ぐ芸がないから、どうやって芸を作っていくか、人様にお任せする」

とも語ります。

この自主公演は、ある意味2人が培ってきた成果を

親子の芸の結晶として披露する場なのではないかと思いました。



坂東彌十郎、「クイズ!脳ベルSHOW」で脳活性化なるか?

さて、10月21日(月)22日(火)の

BSフジ局の「クイズ!脳ベルSHOW」。

両日とも22時~22時54分の放映です。

脳活性化なるのか、楽しく見られそうですね。

21日の彌十郎さんは?

クイズでは、

なんか惜し〜い回答が続いちゃいました。

ミニトマトをプチトマト。

神社声援を神社応援。

万華鏡クイズでは、

「わかってるんだけど、名前が出てこない・・」。

休憩タイムはお絵かきで一息。

お題のパンダ、なかなか上手に描けていました。

このクイズ番組、

シニアな解答者ということもあって、

番組のテンポは非常にゆったり。

笑いのツボも、シニアあるあるです。

彌十郎さんも、

メガホンに顔をぶつけちゃったり、

ものはわかるけど名前がでない〜とか、

正解して嬉しすぎて、次の進行を忘れちゃったりとか・・。

それから、

大好きなスイスに行って写真を撮るときの苦労も披露してくれたのですが、

山の上は、月が明るすぎて、天の川が見られないそうなんです。

きっと、天が近いという話をしたかったんでしょうね。

「流れ星が来ると、フンって避けるんです。」

その仕草が、またかわいい感じでした。

といいつつ、

1日目は最高得点をとりました。

初めてのクイズ番組出演での高得点に、

とても嬉しそうでした。

そういえば、息子の新悟さんも、最近クイズ番組でてましたね。

その様子はこちらにも書いていますよ。

9月11日(水)にテレビ朝日系列で放映の、 「くりいむクイズミラクル9」に、 市川猿之助率いる、歌舞伎軍団が挑戦しますよ! ...

22日の彌十郎さんは?

2日目も絶好調の彌十郎さん。

17歳の初舞台の写真を見ながら、思い出話。

「世界で一番身長が高い歌舞伎役者」

次々と正解を飛ばします。

記憶力と発想力がキレッキレでした。

そしてなんと最高得点をあげチャンピオンに!!

優勝すると、金曜日の決勝戦にも

出演するそうですから、

また見ないとね。

彌十郎さん、快進撃の2日間でした。

決勝には進んだものの、優勝は残念ながら逃してしまいました。

でも、坂東彌十郎クイズ初参戦、とても楽しませていただきました。

ブログにも書いてありましたよ!

https://ameblo.jp/yaju1956/entry-12539445694.html

読んでくださり、ありがとうございました。

番組サイトはこちらからどうぞ。

http://www.bsfuji.tv/noubellshow/