松本幸四郎(十代目)、父は?息子は?嫁は?松たか子の兄、家系図もチェック!

十代目松本幸四郎、

2018年の1月に父幸四郎が白鴎へ、息子金太郎が染五郎へと、

ご本人も交えた三代同時の襲名が大変話題になりました。

また、芸能一族と言われる家系や、美しい奥様や才能あるお子さんたちも気になります。

ポテトチップスをこよなく愛し、

堅あげポテトのCMでもその姿をチェックできますよ。

https://www.instagram.com/p/Bx-2Dsfl6wd/?utm_source=ig_web_copy_link

十代目松本幸四郎のプロフィールと家系

まずは簡単なプロフィールから紹介します。

十代目松本幸四郎プロフィール

松本幸四郎 本名:藤間 照薫(ふじま てるまさ)

松本流三世家元:松本 錦升(まつもと きんしょう)

生年月日 1973年1月8日

出身地 東京

血液型 AB型

家系 父:二代目松本白鸚、母:藤間紀子、姉:松本紀保(女優)、妹:松たか子(女優)、妻:藤間園子、子:八代目市川染五郎(本名:藤間斎)・松田美瑠(藤間薫子)

屋号 高麗屋

定紋 三ツ銀杏

身長 176cm

趣味 野球

初舞台 三代目松本金太郎 1979年 「任客春秋笠」(歌舞伎座)

襲名  七代目市川染五郎 1981年 「仮名手本忠臣蔵」7段目 大星力弥役・他(歌舞伎座)

十代目松本幸四郎 2018年 「勧進帳」武蔵坊弁慶役・他(歌舞伎座)

当たり役 「勧進帳」 武蔵坊弁慶役

「恋飛脚大和往来」亀屋忠兵衛役 など

現代劇・映画 「アマデウス」モーツァルト役・「陰陽師」安倍晴明役 など

歌舞伎だけではなく、現代劇もドラマも映画も、幅広く役を演じている方です。

それも2枚目役が多く、色悪や悪党を演じたらかなりハマります。

そして、歌舞伎界きってのアイデアマン!

幸四郎の妄想やら、新アイデアやらから出た作品に仰天することもあります。

歌舞伎パックは、幸四郎発らしいですよ〜。笑

演技よし、踊りよし、大きな舞台の座頭を務める器量も

持ち合わせている、歌舞伎界のミドルリーダーって思います。

スマートでかっこよくて大好きな役者さんです!!

十代目松本幸四郎の家系、父は白鴎・息子は染五郎・姉妹は松本紀保と松たか子、叔父は中村吉右衛門!?

歌舞伎のお家は、本当にあちこち縁戚関係にある方が多いのですが、

この高麗屋もその例外ではありません。

まず、父は言わずと知れた二代目松本白鸚です。

「ラ・マンチャの男」、「黄金の日日」、「王様のレストラン」など、

舞台にテレビに大貫禄の役者さんです。

姉は女優の松本紀保さん、妹も女優の松たか子さん。

3人揃って見目麗しく、

ドラマだけではなくミュージカルなどの舞台でも、

ご活躍されています。

これだけでもすごいと思ってしまいますね〜。

歌舞伎役者の松本幸四郎と市川染五郎親子が、 揃って報知新聞に掲載されました。 幸四郎・染五郎親子の歌舞伎熱は相当高いと思われます...

縁戚を辿るともっとすごい関係の方がいらっしゃいます。

実力・人気ともにトップクラスの歌舞伎役者二代目中村吉右衛門、

名前は違いますが血のつながりで言うと伯父に当たります。

吉右衛門は、白鴎の実の弟なのですが、

初代中村吉右衛門の家に跡取りがいないと言うことで、

家養子として別の家を構えているのです。

幸四郎も、古典の作品は、

この吉右衛門に学ぶところが多いようです。

2019年に中村吉右衛門が病気で休演した際、

代役を務めたことも記憶に新しいです。

出番の1時間前に言い渡された役を務めたと、

とても評判となりました。

すごい人だなあとその時は思いました。

また、祖父である初代松本白鸚の兄弟が、

十一代目市川團十郎、二代目尾上松緑、四代目中村雀右衛門という

錚々たる方々。

松本幸四郎のお家である高麗屋とは、

本当に目がくらくらしそうな眩しい一族なのです。

10代目松本幸四郎の嫁は資産家令嬢、息子は美少年、染五郎、娘も舞踊家デビュー

十代目松本幸四郎の家族は、妻と子が2人。

奥様は、藤間園子さんとおっしゃいます。

高校の同級生だったということですが、

実家は、複数の事業を営む資産家ということで、

かなりのお嬢様らしいです。

インスタグラムや雑誌に掲載された写真を拝見すると、とても美しい方です。

聖心女子大学英文学科出身で、アメリカのコロンビア大学への留学経験もあるとなると、

才色兼備な方なんですね。

また、インスタグラムでは、

幸四郎や染五郎に関する画像を投稿しています。

ソノスタグラムと呼ばれていて、

ファンも歌舞伎関係者も必ずチェックするという

美しい画像なんですよ。

時々、劇場でお見かけしますが、

キリリとしたオーラに目を奪われます。

息子は、同時に襲名した八代目市川染五郎。

本名は斎君というのですが、若干13歳にして、

その美しさが話題になりメディアでも注目を浴びているようです。

学業と役者業との両立は大変そうですが、

今後の歌舞伎界の花形となりそうな役者さんです。

染五郎曰く、父幸四郎は変人なんだそうです。

「歌舞伎は尊敬できるけど、私生活は・・・・。」

息子からも、折り紙つきの変人てどういうこと?

八代目市川染五郎、若干15歳なのですが、 その美男子(イケメンよりも高貴なイメージ)ぶりが話題です。 2018年に、高麗屋の由緒...
歌舞伎役者の松本幸四郎と市川染五郎親子が、 揃って報知新聞に掲載されました。 幸四郎・染五郎親子の歌舞伎熱は相当高いと思われます...

お嬢さんの薫子さんも、松田美瑠(まつだみる)の芸名で

舞台デビューを果たしたとか。

本当にすごい家族だなあとしか言いようがありませんね。

松本幸四郎には隠し子がいた?

と・と・ところが、

そんな幸四郎一家に隠し子騒動もあったんです。

1997年にスクープされ、一躍話題にもなりました。

当時のインタビューを見ると、

18歳の時に交際していた6歳年上の女性との間に、

お子さんがいたことは事実だそうです。

ただ、その後破局したため、

認知はおろか、会ったこともないということでした。

若くして父になっていた(すでに染五郎時代)ことは驚きですが、

その後まるっきり関わりがないというのも複雑な思いを抱いてしまいます。

これは過去のことで、いまは人の口に上ることもないようです。

ただそういうこともあったね、、、

っていうお話のようですね。

今は、浮気の噂を一向に聞きませんが、

幸四郎、若い頃はモテたんだろうな〜〜。

十代目松本幸四郎、父・息子、三代揃っての襲名が話題、2019年は全国公演も

さて、2018年に三代揃っての襲名ということで、

昨年は1年間襲名公興が続いた高麗屋。

2019年は巡業公演として「松竹大歌舞伎」として全国19箇所を回って公演をしました。

演目は、高麗屋所縁のものをということで、

「菅原伝授手習鑑」「奴道成寺」の他に「口上」もある豪華版です。

その公演に対する意気込みを、白鴎と幸四郎は次のように語っています。

白鴎「一期一会の公演、その場その場、一瞬一瞬を大事に勤めなければと思います。」

幸四郎「襲名披露ということで、父と私で高麗屋なりのおもてなしをさせていただきたい。」

なんかこれだけで、観に行きたくなっちゃいます。

高麗屋代々として、荒事の芸を得意とし継承していることから、「菅原伝授手習鑑」。

七代目幸四郎襲名時に身につけた壺折を身にまとって演じたいという願いがこもった「奴道成寺」。

芝居と舞踊とともに得意とするお家柄の選択は、華やかで重厚な舞台への期待が高まります。

また、父と息子双方へのエールにも注目の言葉がありました。

「幸四郎の器を変えることで新たな芸が詰め込まれるのでは」と期待を送る白鴎。

「父のメールアドレスは高麗屋、名前が変わっても変わらないsドレスから先見の明があったすごい人」と敬意を表する幸四郎。

息がぴったりという気がしますね。

巡業公演は、なかなか東京へ出てこられない遠方の方も

近くにやってくるということで、観るチャンスです。

高麗屋の襲名公演は、2020年のこんぴら歌舞伎で、

最終を迎える予定でした。

しかし、思わぬことで公演は中止となってしまいました。

ご本人たちはとてもがっかりしたと思います。

ファンも、行く気満々だったでしょうからね。

それでも、白鴎もまだお元気なので、

高麗屋三代の舞台を、今後も見られるんじゃないかなって

期待しているところです。

早く劇場で見られたらいいなあと妄想しています!



松本幸四郎、令和元年度日本芸術院賞を受賞

コロナで自粛の暗~いムードの中、

松本幸四郎が、令和元年度の日本芸術院賞に選出されたという

ニュースが入ってきました。

これは、音楽・演劇・舞踊部門において3名の授賞者の一人として

選出されたということだそうです。

「近年の歌舞伎俳優としての活躍」が評価されたんだそうですよ。

これは嬉しいですね~~~。 

 日本芸術院賞は、「卓越した芸術作品と認められるものを制作した者、及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者」に対して日本芸術院から授与される賞です。授賞式は6月15日(月)に行われる予定。

記事には、6月に授賞式とあるので、

その様子もまた話題になりそうです。

意欲的な舞台創作や、シネマ歌舞伎での健闘、

そして劇場閉鎖中の舞踊プロジェクトなど、

松本幸四郎の尽きぬ情熱に脱帽します。

歌舞伎がもっともっと輝くように、

松本幸四郎の活躍を期待するばかりです。

令和の時代の歌舞伎を牽引してくださいね~~。

読んでくださり、ありがとう存じまする。