横田栄司はビッグベンのCMで話題の俳優、妻はどんな人?大河にも出演?

横田栄司さん、TOTOのCMのビッグベン役で、

人気子役寺田心君との親子ぶりが話題になりましたね。

文学座の俳優さんで多くの舞台作品に出演されている方なんです。

テレビでは『真田丸』『麒麟が来る』などの大河ドラマにも出演し、

2022年の「鎌倉殿の13人」にも出演が決まっています。

渋い2枚目オヤジ?奥さんやお子さんはどんな方なんでしょうね。

横田栄司さんのプロフィールについて調べてみました。




横田栄司、CMにビッグベン役で出演し人気者に

横田栄司さん、舞台演劇ファンにとっては外せない有名な俳優ですが、

テレビ中心の方の中で知名度が確実に上がったのは

TOTOのCMに出演してからです。

真っ黒なばい菌のようなコスプレ姿で、

同じくばい菌のようなかっこうをした人気子役寺田心君との親子役で共演したあのCMです。

「このトイレは清潔が保たれる仕様だからばい菌泣かせだ」

と嘆くコミカルなCMで何シリーズか公開されていましたね。

ご覧になった方もいらっしゃると思います。

シリーズ初回の作品では字幕で「父:ビッグベン」「子:リトルベン」と

名前も公開され、お互いにビッグベン、リトルベンと呼び合っているため、

横田さんが演じているばい菌の名前がビッグベンという名前だとよくわかりました。

便器のCMで名前がビッグベン、

日本語と漢字に直すと大◯を連想させる

というわりとベタなダジャレなのであまり笑えません。笑

でもこのくらいわかりやすいのがCMではインパクトを残すのでしょうね。

そしてトイレのCMで名前はイマイチではあるものの、

ばい菌のコスプレも真っ黒なボディースーツのような作りで、

寺田心君演じるリトルベンはただただかわいらしく、

横田さん演じるビッグベンはただただダンディーに、

スタイリッシュな描き方がトイレの宣伝であっても

ドラマ感を感じさせるパフォーマンスに仕上がっていましたね。

トイレですが清潔感がしっかりあるんですよね。

このCMが好評だったのもあってでしょう、

その後、ばい菌とはそれほど関係ない演出の、

同じくTOTOのバスルームのCMでも、

お二人がビッグベンとリトルベンとして出演していました。

現在は新しいCMが出ていて、そちらには横田さんではなく、

寺田心君演じるリトルベンと一緒に、

もっと小さい弟のミクロベンを子役の晴瑠くんが出演されていて、

これはこれでかわいいですね。

また横田さんのビッグベンも時を空けて出てきてくれたらうれしいです。



横田栄司は舞台俳優、シェイクスピア作品で活躍

横田栄司さん、テレビではそこまで馴染みがないですが、

日本でも歴史のある老舗の劇団、文学座の座員として、

これまでたくさんの舞台で活躍されています。

プロフィールを紹介しますね。

横田 栄司(よこたえいじ)

生年月日
1971年10月11日(49歳)

身長 181cm

体重 80kg

出生地
日本の旗 日本東京都

職業
舞台俳優

ジャンル
舞台

事務所
文学座

文学座は1937年に旗揚げされた劇団で、

付属の研究所という三年制の専門学校のようなところもあり、

大きな倍率を超えて入所した人の中から

さらに選ばれた人しか座員になれない仕組みです。

どこか宝塚を思わせるような劇団ですね。

現在のテレビや映画でも有名な座員としては、

江守徹さん、岸田今日子さん、藤田弓子さん、田中裕子さん、寺島しのぶさん、内野聖陽さん(退団済)がおられます。

この文学座をホームに、横田さんは数々の外部の劇団の舞台に出演しています。

中でも蜷川幸雄さんが生前に手掛け、

蜷川さん亡き後は吉田鋼太郎さんが演出を受け継いでいる、

彩の国シェイクスピアというシリーズ作品への出演が有名です。

このシリーズは1998年にスタートし、シェイクスピアの全37作を上演するというもので、

彩の国さいたま芸術劇場で初演をしてから毎回東京やその他の地方で公演が行われていました。

昨年にはコロナによる上演中止にも見舞われたりしましたが、この2021年5月~6月についに

37作目の『終わりよければすべてよし』で無事完結しました。

中には途中で公演が中止となった地方もあり、

チケットを取っていながら見ることができなかった方もおられたようで、

実際は「終わりよければ」でもなかったりするようなんですがね。

この『終わりよければすべてよし』は藤原竜也さん演じる侯爵バートラムと、

石原さとみさん演じるバートラムと結婚したい孤児のヘレンを中心に

繰り広げられる物語で、

横田さんはバートラムの家臣のバーロレスを演じました。

6月30日の横田さんのツイッターで、全公演を終えた報告が上がっています。

6月30日
#終わりよければすべてよし
全日程を終えました。ご来場いただいた全ての皆様ありがとうございました。また、公演中止や感染拡大防止のためにご来場いただけなかった皆様には、新しい作品で必ず舞台に戻ってくることをお約束します。そして最後にビウダさん!心に残る作品をありがとうございました。

このコロナで、舞台演劇はテレビや映画以上にあおりを受けているようですね。

早く事態が終息して、元のように公演ができ、

舞台役者の方々が活躍できる日が来ればいいなと切に願うばかりです。



横田栄司に妻はいる?離婚歴もあるの?

横田栄司さん、ダンディーなアラフィフ俳優で、

どう見てもモテると思うのですが、

結婚はされているのでしょうか。

調べてみたのですが、どうやら現在は独身と思われます。

しかし、未婚ではなく、一度は結婚されて離婚されているようですね。

独身と思われるとか、一度は、とか、表現があいまいなのは、

その一度していたと思われる結婚と離婚の際も、

公に発表があったわけではなく、この結婚と離婚の事が世間に知れたのも、

ご本人が出演された2016年放送のトーク番組で語られたエピソードによってだったからです。

ですので、その後結婚されていても、

またはこのトークで語られた結婚の前に結婚していることがあっても

おかしくないかなと思い、こんな表現なのです。

では2016年に放送されたトーク番組について紹介します。

そのトークによると、横田さんは、2006年に吉田鋼太郎さん、小栗旬さんらと一緒に舞台のロンドン公演に行った際に、

その公演を見に来ていたイギリス人女性と恋をしたというものなんです。

しかし、話を聞いていくうちに、2006年当時、横田さんは結婚していた事がわかります。

そして10日間のロンドン公演の間にすっかり仲良くなったイギリス人女性と横田さんは

帰国後も連絡を取り続けるのですが、それが奥さんにばれてしまい、

それも原因の一つとなってその後離婚したというお話でした。

ちなみにイギリス人女性ともその後は会えていないようです。

けっこうなダメ男トークですが、話をされていた2016年の時点で10年前の話ですもんね。

本人としては時効といった感じだったんでしょうか。

その後の結婚情報、熱愛情報は特に出ていませんので、独身である可能性が高いですね。



横田栄司、大河ドラマ鎌倉殿の13人に出演決定!どんな役?

横田栄司さん、2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演が決定しています!

こちらの作品は、三谷幸喜さん脚本、小栗旬さん主演で、大河ドラマとしては第61作目になります。

平安末期から鎌倉時代にかけてを舞台に、源頼朝の死後、源頼家を囲む御家人たちによって発足された「十三人の合議制」。

その13人の権力争いを中心に描かれているようです。

13人の御家人は、そこまで有名な人たちではなく、脚本家の三谷さんも、

「今の時点で13人の名前を知っている人は少ないと思うけど、一年間作品を見た後ではみんなが知っている13人になる。」

と語っていました。

この作品の中で横田さんが演じるのは、鎌倉幕府軍事長官の和田義盛という人です。

よほどの歴史に詳しい人ならわかるのかもしれませんが、教科書にも載っていないし、

あまり聞き覚えのない名前ですね。

はい、お察しの通り「13人」のひとりだそうです。

横田さんが演じる和田義盛がどんな人物なのかもあわせて、

2022年の放送が本当に楽しみです!

横田栄司さん、はやくコロナが落ち着いて、

また舞台で活躍される日が近いことを祈りつつ、

今後のご活躍を楽しみにしています。

読んでくださりありがとう存じまする。