市川海老蔵舞台休演、7月15日、苦渋の決断。ブログでは働き方改革への提言も。(7/18の情報追記しました)

市川海老蔵、夜の部休演。

公演も中止、という驚きのニュース。

一体何があったのでしょう?



市川海老蔵、舞台休演。その理由は?

7月15日の16時頃、驚きのニュースが入りました。

“市川海老蔵、体調不良のため、歌舞伎座夜の部休演”

え?

昨日、声が出ないという話題は、

耳に入っていましたが、

そんなに大変とは思っていませんでした。

とても気になったので、

ニュースやブログなどを調べてみました。

わかったのは次の3つです。

その1:疲労と風邪からの急性咽頭炎

やはりお疲れだったのでしょう。

昼の部は二役、

夜の部は十三役出ずっぱり。

休みなく公演、

勸玄君の外郎売話題もあり、

精神的な圧も大きかったのでは?

心身共に、かなりの体力勝負です。

疲労で、身体が動かずマッサージへ、、という

ブログ記事もありました。

医師の治療を受け、

点滴を受けている様子もうかがえました。

医師によると、

急性の咽頭炎。

風邪に加え、アデノウイルスや他の菌が、

声帯に付着し、発声困難になったとのこと。

原因は、わかっているだけいいのですが、

ご本人、無理を重ねていらしたようです。

市川海老蔵オフィシャルブログより

その2:子どもたちは心配な様子

2人の子どもたちは、

体調の悪いパパをみて、

とても心配をしている様子です。

勸玄君は、

最後まで外郎売を務めたいと言ったとか。

海老蔵の体調を気にかけ、

舞台でも人一倍がんばったらしいです。

麗禾ちゃんは、楽屋に来て、

そばについていたらしいです。

心配だよね、

パパ、早く元気になってください。

その3:7月19日に復帰予定!(7/18情報を受け修正)

15日夜の発表では、16日は以下の通り。

*「素襖落」

太郎冠者役→市川右團次

*「外郎売」

演出を一部変更して実施

とのことです。

夜の部は、中止だそうです。

16日の発表では、17日以降については以下の通り。

*「素襖落」

太郎冠者役→市川右團次

*「外郎売」

演出を一部変更して実施

16日は、勸玄君1人で立派に演じきったそうです。

夜の部は、元々休演日のため変更なし。

そして、18日からは、昼夜ともに海老蔵復帰するとのことです。

海老蔵のブログにも、

18日に復帰が決まったと書いてありました。

が、体調は回復した様子ではないので、

無理しなければいいのになあ・・と

心配なところです。

チケットの扱いについても16日に発表されました。

記事の後半に追記しました。

*17日の情報では、気管支にも炎症が広がっており、

18日の復帰は無理と判断したとのことでした。

治療をがんばっているようですが、

人間の身体のリズムはそう簡単には変えられません。

私としては、舞台は観たいけど、

体調を整えることを優先にしてほしいなあ〜。

*18日の情報では、19日から昼夜復帰とありました。

本人のブログでは、

「日頃から舞台は無理の連続ですから、

 少しぐらいの無理は大目にみてください。」とありました。
明日の歌舞伎座、すごいだろうなあ・・・
ちなみに、勸玄くんは、今日も無事に務め終えて、
周囲からも褒められているそうです。
すごいよね、偉いよね。

*復帰後の夜の部を観劇しました。感想を書きましたので、よかったらお読みくださいね。

市川海老蔵が、復帰した7月19日。 夜の部「星合世十三團(ほしあわせ13だん)成田千本桜」を観劇しました。 その感想をお伝えしま...

*7月歌舞伎の演目については、こちらにも詳しく書きましたので、よかったらお読みくださいね。
https://kabukist.com/7gatuebizo-729



市川海老蔵、休演の心境をブログにつづる。「すみません、声出なくなりました」

海老蔵のブログ、

1日に何回も写真とコメントが

投稿されるのが通常のことです。

ここ何日かの記事には、

体調を崩しているようすが、

書かれていました。

そして、今日の記事はこちら。

すみません。

声が出なくなりました。

休演です。

申し訳ない、

本当にすみません。

声を大にして

謝りたいです。

その声が出なくなりました。

お医者さんによると

疲労もさることながら、

アデノウィルスや菌が声帯に付着してしまい

発声困難になりました。

ここ数日

私の出来る ありとあらゆる手段を講じて

回復を試みましたが、、

ダメでした。

無念、

制作側と医師と相談し

本日の夜の部は

急性咽頭炎のため

休演とさせていただきます。

歌舞伎俳優として

苦渋の決断でございます。

今日の公演に来ていただく予定だったみなさま

本当に申し訳ありません。

明日以降

まだどうなるかわかりません。

ひとまず

本日お休みをいただき

懸命に回復に努めたいと思います。

あらためて

本日観劇のご予定だったお客様

本当に申し訳ございません。

辛い気持ちが偲ばれます。

どうぞお大事に。。。



市川海老蔵、歌舞伎界の働き方改革も提言していた

 

今月の歌舞伎座は、

途中休演日が設けられています。

それは、

市川海老蔵が提案したそうです。

7月11日、

海老蔵は、自身のブログにて、

「働き方改革」という記事を

とうこうしています。

その一部を抜粋します。

根が役者なので

大半の方は懸命に一生懸命日々努めます。

風邪ひいていようと

声が出なくても

具合悪くても

場合によっては

歯医者さんや病院も行けない月が数カ月続くこともある、

これは良くない

そんな環境に自分なら耐えられても

次の世代

次の次の世代に

引きずる事は

果たしてどうなのか?

父もずっとでした、、

私は

変えないといけない、

そう思います。 

歌舞伎を毎月、観られるのは、

ファンにとってはありがたいことです。

しかし、それで役者の健康が阻害されるようなら、

それは、問題だと思います。

誰かが声を上げる必要もあったのでしょう。

生涯現役で、いつまでも舞台に立つこと。

いい芝居を観客にみせること。

それは、ファンも望むことです。

歌舞伎役者も、

働き方を変えていく必要が、

あるのだろうと思います。

市川右團次は、

市川海老蔵の体調を気遣うブログを

投稿していました。

そこには、

どうか強靭な体力で回復されます事

心からお祈りするばかりです…

とありました。

夜の部は、

代役が効かない演目でもあり、

そこも気がかりですが、

まずは体調を整えることに、

全力を注いでほしいです。

どうぞ、お大事になさってください。

*市川海老蔵については、こちらにも詳しく書いています。よかったらお読みくださいね。

十一代目市川海老蔵、 日本人であれば、 その名を知らぬ方はいないんじゃないだろうか? と思える大スターです。 今日は...

チケットの払い戻しについて発表あり

16日の午後、松竹株式会社より、

17日以降の公演の扱いと、

15,16日の公演中止に関わるチケット払い戻しについての

お知らせがありました。

チケットについては、

「松竹歌舞伎界」「チケットweb松竹」「チケットフォン松竹」

「劇場窓口販売」「チケット取扱会社」「講演会筋」等々、

チケット入手方法によって、

扱いが違うようです。

私は、Webでの購入なので、

明日以降、封書が届くのを待つことになります。

同様のメールも入っていました。

こんな文面です。

歌舞伎座『七月大歌舞伎』7月16日(火)公演についてのお知らせ

平素より松竹主催・製作の公演に多大なるご理解とご支援を賜り誠に有難うございます。

歌舞伎座「七月大歌舞伎」にて、夜の部『星合世十三團』(ほしあわせじゅうさんだん)に
出演を予定しておりました市川海老蔵が体調不良のため、
本日の舞台を休演し、本日7月16日(火)夜の部の公演は中止とさせていただきます。

公演を楽しみにお待ちくださいましたお客様には、
大変なご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

ご購入頂いておりましたチケットにつきましては、払い戻しをさせていただきます。
詳細は、登録のご住所宛に封書にて連絡致しますので、お待ち下さいますよう
お願い申し上げます。

払い戻しに必要となりますので、お手元のチケットはなくさずにお持ちください。
チケットをまだお受け取りになられていない方は、お引取りにならなくて結構です。

何卒ご諒承を賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。

松竹株式会社

公演中止というのは、

興行主からすると大変なことになるのでしょうね。

ここからの手続きが、粛々と進むといいんだけどなあ。

そして、海老蔵には将来がかかっているのだから、

ここで無理せず、しっかり身体を治して欲しいです。

それとともに、歌舞伎役者の働き方は、

もう少し改善した方が良いんじゃないかと

私も思うところです。

読んでくださり、ありがとう存じまする。

※水星逆行も関係しているのかな?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント