PR

尾上丑之助は吉右衛門・菊五郎どちらに似てる?かわいい画像も紹介

歌舞伎役者
スポンサーリンク

尾上丑之助(おのえうしのすけ)さんは、小学生だけど歌舞伎役者です。

父親が尾上菊之助さん、祖父が尾上菊五郎さんと中村吉右衛門さん。

血筋だけでも歌舞伎梨園の御曹子であり、最近メキメキと活躍されている子役さんでもあります。

その丑之助さん、中村吉右衛門さん、尾上菊五郎さん、どちらに似ているのか画像で検証してみました。

スポンサーリンク

尾上丑之助は中村吉右衛門と似てる?

尾上丑之助さんのお母さまが、故中村吉右衛門さんのお嬢さんの瓔子さんです。

つまり、吉右衛門さんのお孫さんなんです。

生前、吉右衛門さんが丑之助さんの襲名舞台にご出演されたおり、

ずっとでれでれしていた表情がニュースでも話題になったほど、

吉右衛門さんは丑之助さんを可愛がっていらっしゃいました。

吉右衛門さんは息子さんがいらっしゃいません。

だから、自分の芸を継いでくれる孫ができたことがとても嬉しかったのでしょうね。

80歳で、丑之助さんと「勧進帳」で共演することを

夢として語っていらっしゃいました。

それを思うと、昨年のご逝去が無念でなりません。

では、溺愛孫の丑之助さんと吉右衛門さんが似てるかどうか

画像で確認してみましょう。

これが丑之助さんです。

こちらが吉右衛門さんです。

公式サイトより借用

当然ですが、年齢が違いすぎるので似てるかどうかははっきりしませんね。

ではこちらはどうでしょう?

右側が幼い頃の吉右衛門さんです。

日本経済新聞2018年7月3日号より

 

どうです?

丑之助さんと面影がかぶりませんか?

私は、丑之助さんは吉右衛門さんと口元が似ているように思いました!!

こちらの画像は16歳の頃の吉右衛門さんだそうです。

1961年の「アサヒグラフ」に掲載された画像をお借りしています。

生真面目な表情も、丑之助さんと吉右衛門さんは似てるように思います。

まあ、似ていてほしい!というファンとしての思いも

そう見せているのかもしれないですけどね!

では続いて、尾上菊五郎さんと丑之助さんが似てるかも検証してみましょう!

尾上丑之助は尾上菊五郎と似てる?

尾上丑之助さんのお父様である尾上菊之助さんのお父様が尾上菊五郎さん。

つまり、父方のおじいさまですね。

歌舞伎では、直系の息子へと名前や芸を継がせていきますから、

尾上菊五郎さんにとっては自分の名をそのまま受け継いでくれるだろう

直系の孫となります。

丑之助(うしのすけ)という名は、

菊五郎さん、菊之助さんも名乗っていた名前です。

ということは、いずれは丑之助さんも

菊之助、菊五郎、という名を名乗る時が来るのではないかと

想像できますね。

ではお顔はどうでしょう?

似ているか見ていきましょう。

再度掲載、こちらが丑之助さんです。

こちらは尾上菊五郎さんです。

公式サイトより借用

これだけだとやっぱり年齢が違いすぎてわかりませんね。

ではこちらの画像はどうでしょうか?

これは尾上菊五郎さん一家を撮った画像です。

右から二人目、丑之助さんにそっくり!?

これはなんと、尾上菊之助さんなんですね。

まあなんと、菊之助さんの小さい頃にそっくりではないですか。

ということは、菊五郎さんとも似ているかも・・・と思いますよね。

さらに、こんな画像も発見しましたよ。

こちらは、菊五郎さんが丑之助さん時代の画像ということです。

 

もう、クリソツ!!

さすが、血を引いているだけのことはあります。

尾上丑之助さんは尾上菊五郎さんに似てる!!

と言ってしまっていいでしょう。

いやはや、調べてみるとおもしろいものですね。

尾上丑之助さんは、中村吉右衛門さんにも尾上菊五郎さんにも

似てるということがわかりました。

*尾上丑之助さんについてもっと知りたい方はこちらもお読みくださいね。

尾上菊之助の息子、丑之助の学校は?本名は?子どもでも歌舞伎役者
歌舞伎役者尾上菊之助の息子が尾上丑之助くんです。 本名は、寺島和史くん。 まだあどけないその表情は、 見る人を虜にしちゃうかわいさです。 2019年5月に襲名してから、 幼くても歌舞伎役者として、がんばっているんですよ。 (adsbygoo...

尾上丑之助、小四郎役、三吉役、胡蝶役で大活躍!

尾上丑之助さんは、2019年に襲名して以来、

注目の子役として活躍をしてきました。

特に、2021年からの役回りはお芝居においても重要な役が多く、

歌舞伎界の期待も伺えるほどなんですよ。

例を挙げると、

2021年5月歌舞伎座での「鏡獅子」で胡蝶役を演じたものがあります。

この時は、お父様の尾上菊之助さんが主役の獅子の精を演じられ、

丑之助さんは、胡蝶の精という可愛らしい蝶の妖精として

舞を披露していました。

2022年2月には、歌舞伎座で「鼠小僧次郎吉」のお芝居で、

しじみ売りの三吉という役を演じていました。

このお役は、濡れ衣を着せられた姉について手がかりを教えてもらうために

雪の中を占い師を訪ねてくるという役どころ。

これがとっても健気でね。

寒そうな様子が見ている私にもひしひしと伝わってくる

細かい演技が胸を打ちました。

https://twitter.com/shochiku_stage/status/1484029278475800577

 

そしてその翌月、3月は国立劇場「盛綱陣屋」の小四郎役です。

この役は子役の中でも難役として知られています。

この役を演じられる年齢も限られていることから、

子役にとっては重責もある核の高いお役なんですよ。

父の思いを全うさせるために、

自ら腹を切るというショッキングなお役です。

そこに至るまでのやり取りや、母を恋しく思うセリフは

幼い子であり、その最後が本当に悲劇的で心を打つのです。

苦しい息の下から、はっきりと絞り出すセリフづかいが

見事だなあと涙にくれながら思いましたよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾上菊之助(@onoekikunosuke)がシェアした投稿

そういう点からも、この丑之助さんは

実力派の歌舞伎役者に育っていくのではないでしょうか。

まだ幼いのに、大きな期待が注がれるのは大変かと思います。

温かい目で見守っていきたいと思っています。

尾上丑之助のかわいい画像を紹介

尾上丑之助さん、かわいい画像が尾上菊之助さんのインスタグラムで

拝見することができます。

その何枚かを紹介しますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾上菊之助(@onoekikunosuke)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾上菊之助(@onoekikunosuke)がシェアした投稿

尾上丑之助さんのこれからの活躍と成長を

楽しみに応援していきたいと思います。

読んでくださりありがとう存じまする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました