尾上菊之助の息子は丑之助、5歳でも歌舞伎役者、名門の血を引くスーパープリンス

歌舞伎役者尾上菊之助の息子が尾上丑之助です。

本名は、寺島和史くん。

まだあどけないその表情は、

見る人を虜にしちゃうかわいさです。

2019年5月に襲名してから、

幼くても歌舞伎役者として、がんばっているんですよ。



尾上丑之助のプロフィールと家系は?

名前:7代目尾上丑之助

本名:寺嶋 和史(てらしま かずふみ)

生年月日:2013年11月28日

家系 祖父:7代目尾上菊五郎、2代目中村吉右衛門、

父:5代目尾上菊之助、従兄弟:寺嶋眞秀

愛称:じゅふたん

好きな食べ物:ブロッコリーとかぼちゃ

屋号:音羽屋

定紋:重ね扇に抱き柏

初お目見え:2016年「勢獅子(せおいしし)」

2019年「絵本牛若丸(えほんうしわかまる)」牛若丸役で7代目尾上丑之助を襲名

徹子の部屋に出演し、徹子さんまでも虜にした、かわいいおぼっちゃまです。

*父菊之助についてと、一緒に徹子の部屋に出演した様子をこちらに書いていますので、よかったらお読みくださいね。

先日、徹子の部屋に出演された、歌舞伎役者五代目尾上菊之助。 襲名を控えた息子、和史君との共演は、微笑ましく、 さすがの徹子さんも...



尾上丑之助は尾上菊之助の息子、名門音羽屋のプリンス

尾上丑之助という名前は、

歌舞伎の名門音羽屋に代々伝わる由緒ある名前です。

現在の当主である尾上菊五郎も、

父親の尾上菊之助も、

丑之助を名乗り、役者としての道を

歩んできたものです。

*父、尾上菊之助とはどんな人?こちらをお読みくださいね。

五代目尾上菊之助、 女形では、ほ~っとため息が出る美しき女性、 立役では、キリッとした眼差しの色男。 歌舞伎の舞台で見せる...

その音羽屋である寺島ファミリーは、

芸能人一家でもあるのです。

まず、父親、祖父が歌舞伎役者の尾上菊之助、尾上菊五郎。

祖母が、女優の富司純子さん、

叔母が、女優の寺島しのぶさんです。

従兄弟が、しのぶさんの長男である

寺島眞秀くん。

眞秀くんも、歌舞伎の舞台を踏んでいて、

共に幼いながらも役者なのです。

*寺島しのぶさんと眞秀くんについてはこちらもご覧くださいね。

女優の寺島しのぶさんの長男眞秀君は、 6歳ながら歌舞伎の舞台に立つ役者の一人です。 「寺島しのぶと眞秀君 奮闘記・2019~母と...

そして、祖父が2人とも人間国宝!!

丑之助の母は、中村吉右衛門(播磨屋)の4女瓔子さんです。

両親の両親ともに歌舞伎の名門、

まさにプリンスなのですよ。



尾上丑之助、人間国宝、尾上菊五郎と中村吉右衛門もデレデレにする孫パワー

2019年の歌舞伎座での襲名公演は、本人の堂々たる演技と、

祖父2人のデレデレぶりが、大きな話題になりました。

舞台に並んでも、おじいちゃん達は、

目尻が下がりっぱなし、

口元ゆるみっぱなしでした。

特に、自身に息子がいない吉右衛門にとっては、

男の子の孫ができたことは、

本当に嬉しいことだったそうです。

ではその祖父2人について簡単にご紹介。

七代目尾上菊五郎のプロフィールと芸歴

尾上菊五郎 本名:寺島 秀幸(てらしま ひでゆき)

生年月日 1942年10月2日

出身地 東京

家族 父:七代目尾上梅幸、妻:富司純子(女優)、息子:尾上菊之助、娘:寺島しのぶ(女優)、孫:寺島和史、寺島眞秀

屋号 音羽屋

定紋 重ね扇に抱き柏

芸歴 1948年「助六曲輪菊」禿役で、五代目尾上丑之助を襲名し初舞台(新橋演舞場)

1965年「寿曽我対面」曽我十郎役他で、四代目尾上菊之助を襲名(歌舞伎座)

1973年「弁天娘女男白浪」弁天小僧菊之助役、「京鹿子娘道成寺」白拍子花子役他で、七代目尾上菊五郎を襲名

2003年 重要無形文化財保持者認定(人間国宝)、祖父六代目尾上菊五郎、父七代目尾上梅幸、に続き親子3代での受賞となる

二代目中村吉右衛門のプロフィールと芸歴

中村吉右衛門:本名 波野 辰次郎(なみの たつじろう)

生年月日 1944年5月22日

出身地 東京都

血液型 B型

家系 父:初代松本白鴎、養父:初代中村吉右衛門、母:藤間正子、兄:二代目松本白鴎、妻:波野知佐

屋号 播磨屋

定紋 揚羽蝶

趣味 スケッチ(画集を出版したり、個展を開く腕前)

襲名

1948年「俎板長兵衛」の長松役ほかで中村萬之助を名のり初舞台

1966年「金閣寺」の此下東吉ほかで二代目中村吉右衛門を襲名

2011年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定

2016年 文化功労者に認定



尾上丑之助、堂々の襲名披露から子役として成長中!

初舞台は、「絵本牛若丸」。

舞台上のご挨拶には、

父と2人の祖父と並んだ丑之助でした。

菊五郎は

「音羽屋の家にとって大切な丑之助を襲名し、ここに初舞台を踏ませていただきます。幼き者にございますが、先輩方のご指導を仰ぎまして立派な役者になってもらいたい」

と挨拶。

菊之助も

「行く末は両祖父のような役者に」

と期待を込めて。

吉右衛門は

「元号もめでたく新たになりまして、令和の丑之助の誕生でございます!」

と、晴れやかに声を響かせました。

丑之助も3人に続き、大きな声で

「どうぞよろしくお願いいたします!」。

ほのぼのとした舞台挨拶でした。

*襲名舞台の様子はこちらからもお読みいただけます。

楽しみにしていた、5月大歌舞伎「團菊祭」の夜の部に行ってまいりました! その観劇レポートを今日はお伝えします。 ...

その後も、自ら舞台に立ちたいと

尾上菊五郎に志願したこともあるほど、

歌舞伎が大好きになっている様子です。

その後も、9月には、「寺子屋」で菅秀才役を演じ、

祖父の中村吉右衛門と共演しました。

11月には、「髪結新三」で丁稚長松役を演じ、

祖父の尾上菊五郎と共演しました。

2020年3月には、

父、尾上菊之助が3役を演じる「義経千本桜」で、

安徳天皇役を演じることが決まっています。

子役として、着々と経験を積んで

成長している様子が頼もしいスーパープリンスです。

子役の時期はとても短いです。

だからこそ、今の輝きも目に収めたいと思っちゃいます。

可愛い可愛いその姿を、今年も拝見したいものです!

読んでくださり、ありがとう存じまする。