お家で歌舞伎:松本幸四郎オンライン対談「歌舞伎家話(かぶきやわ)」の見方、チケットの取り方、5/29に自宅から生配信!初回ゲストは尾上松也

松本幸四郎が、新しいことにチャレンジします!

その名も、「歌舞伎家話(かぶきやわ)」、

自宅からビデオ会話ツールを使って、ゲストとの対談の様子を

インターネットで配信するそうです。

わお!!

その内容と、視聴の仕方について紹介します。



松本幸四郎、自宅から「歌舞伎家話(かぶきやわ)」オンライン配信、ブログで報告!

市川猿之助がYouTubeで歓喜の舞をアップロードしたのが5月14日。

その日の、松本幸四郎のブログには、

「猿之助さんのユーチューブチャンネル

面白いです。

さすがです。

泣けます。」

とありました。

その翌日、5月15日のブログには、

「お待たせいたしました!」

というタイトルで、

「皆さま!

  さあ始まります!

まずは

zoomトーク 。。。」

とイープラスの新サービス「Streaming+」を利用して

幸四郎がゲストとビデオ通話で対談する様子を

オンライン配信することを報告しました。

松本幸四郎といえば、

歌舞伎界でも変人(いい意味でです)として知られており、

新たな挑戦には常に前向きな役者の一人です。

この企画は、

松竹株式会社の若手社員から出たアイデアということ、

自宅で、PCやスマホ、タブレットなどのデバイスを通して

歌舞伎役者の貴重な生トークに耳を傾けつつ、

困難にもくじけない歌舞伎界の心意気を感じ取って欲しい、

という思いがあるそうですよ。

く~、、、泣けますね。

4月の無料動画配信も、多くの人が視聴しました。

リアルな舞台体験が醍醐味でもあるかぶきですが、

このご時世で、それがかなわぬ苦しいところ。

でも、歌舞伎を思う心の火は絶やさない、

そんな意気込みを発信する歌舞伎役者、音楽奏者、スタッフなどが、

様々な工夫を凝らしていました。

この企画ですが、

歌舞伎座5階に位置する歌舞伎座ギャラリー(約100席余の空間)で

定期的に開催されてきた、人気トークイベント『歌舞伎夜話(かぶきやわ)』

の特別編という位置付けでもあるそうです。

リアル空間は、なかなか行けなかったのですが、

オンラインだとありがたいです。

ちゃんと有料制なので、

手続きは必要だけど、

出演者にもスタッフにもお金が行き届く仕組みは、嬉しいです。

視聴方法は、記事の後半で説明してるのでそちらを参考にしてくださいね。



松本幸四郎、「歌舞伎家話(かぶきやわ)」は尾上松也が第1回ゲスト!

松本幸四郎がお届けするズーム対談、

第1回目のゲストは尾上松也だそうです。

スイーツ談義?

野球談義?

そんな横道トークも聞いてみたいものです。

テーマは、「凄艶(すごつや)」。

歌舞伎のような、すごく艶やかな話を届けたい、

という意味のようです。

ゲスト:2代目尾上松也のプロフィール

2代目尾上松也 本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち)

家族:父 尾上松助(2005年逝去)、母 井上盛恵、

妹 井上由香(女優:春本由香)

生年月日 1985年1月30日

身長 178cm

出身地 東京都中央区

出身学校 堀越学園高等部

*同級生は生田斗真

*1学年上の中村七之助、松本潤との交流もあり

屋号 音羽屋

定紋 抱き若松

二代目尾上松也襲名 1990年5月「伽羅先代萩」鶴千代役 (歌舞伎座:父松助襲名公演)

当り役 「寿曽我対面」曽我五郎時正役、「三人吉三」お坊吉三役 など

山崎育三郎、城田優とユニット「IMY」を結成(2019年1月)

趣味は野球とフットサル、スイーツが大好物

詳しくはこちらもご覧くださいね。

歌舞伎役者 2代目尾上松也、 キリッとした涼しい瞳が印象的なイケメン役者です。 歌舞伎では、粋のいい若衆や、お姫様の役までこなし...



松本幸四郎、「歌舞伎家話」への意気込みは?

松本幸四郎、この企画についてなみなみならぬ思いを抱いているようです。

松本幸四郎、「歌舞伎家話」についてのコメント

ウェブメディアのSpiceに、幸四郎の長文コメントが掲載されていました。

全文引用させていただきます。

いずれもさま、ご無沙汰いたしております。松本幸四郎です。

久方ぶりに皆様にお目にかかれることになりました。

zoom 対談です。

歌舞伎座にある歌舞伎ギャラリーでは、『歌舞伎家話』という定期的に歌舞伎役者さんのトークショーが開催されていますが、その zoom 版とでも言いましょうか。

『歌舞伎“家”話』と題しまして、zoom を通して僕の部屋へゲストをお呼びし、トークをする番組です。

3月にYouTube配信用に撮影するために無観客の歌舞伎座で演じて以来、またひと月の舞台としては1月の大阪松竹座の千穐楽を1月27日に終えて以来、約4ヶ月舞台に立っていません。これは、自分としては数十年ぶりのことで戸惑いと不安を感じていますが、この事態が収束に向かうためにするべきことだと自分に言い聞かせながら過ごしています。1日も早く明るい道が見えてくることを願っています。

多くの人でひとつの作品を作り上げ、多くの人にひとつところ集まり観ていただく。

このふたつの集まりが、一期一会の大きなひとつが生まれる。

これがお芝居ではありますが、集まる場所、つまり劇場がなければ役者は何もできないのでしょうか。また豊かな環境、平和な生活でなければ娯楽、芸能、歌舞伎は存在できないのでしょうか。

先日ニュースで戦後直後の前橋で曽祖父の七代目幸四郎が歌舞伎を上演した映像を見ました。荒れ果てた土地にある舞台で数千人のお客様が集まり、舞台を観られている映像でした。豊かで平和なことは望むことではありますが、不安、恐怖を感じながら生活をされる方々に同じ思いを持ちながら歌舞伎を演じる曽祖父たちがいたからこそ、歌舞伎が現在も存在し、僕らは歌舞伎が演じられていると感じました。そして、あのような時に歌舞伎が必要とされていたとも思いました。

人と常に寄り添っていられる存在であるべく歌舞伎を生かせ続けたいと強く思っています。

誰も集まらずにひとつの作品を作り上げ、誰も集めずに多くの人に観ていただく

これを形にすることが自分の今やるべきことだと行動を起こしました。

『歌舞伎“家”話』を通して、歌舞伎、演劇など娯楽を楽しむお時間にしていただければと思っています。

「凄艶」――すごつや――という言葉を自分のテーマにしました。

歌舞伎に生まれ、歌舞伎で育ち、歌舞伎を生業とする僕が、色彩豊かで、ファンタジーで、人間味溢れる歌舞伎のように“凄く艶やかなお話”ができればと思っています。

是非とも多くの方々に観ていただくことを願っています。

よろしくお願いいたします。

この長文コメントをしっかり記事にしてくださった、

Spiceさん、ありがとうございます。

このニュースが掲載されたページはこちらです。

https://spice.eplus.jp/articles/269340



歌舞伎役者、10代目松本幸四郎のプロフィール

松本幸四郎 本名:藤間 照薫(ふじま てるまさ)

松本流三世家元:松本 錦升(まつもと きんしょう)

生年月日 1973年1月8日

出身地 東京

血液型 AB型

家系 父:二代目松本白鸚、母:藤間紀子、姉:松本紀保(女優)、妹:松たか子(女優)、妻:藤間園子、子:八代目市川染五郎(本名:藤間斎)・松田美瑠(藤間薫子)

屋号 高麗屋

定紋 三ツ銀杏

身長 176cm 

趣味 野球

初舞台 三代目松本金太郎 1979年 「任客春秋笠」(歌舞伎座)

襲名  七代目市川染五郎 1981年 「仮名手本忠臣蔵」7段目 大星力弥役・他(歌舞伎座)

十代目松本幸四郎 2018年 「勧進帳」武蔵坊弁慶役・他(歌舞伎座)

当たり役 「勧進帳」 武蔵坊弁慶役

「恋飛脚大和往来」亀屋忠兵衛役 など

現代劇・映画 「アマデウス」モーツァルト役・「陰陽師」安倍晴明役 など

歌舞伎だけではなく、現代劇もドラマも映画も、幅広く役を演じている方です。

それも2枚目役が多く、色悪や悪党を演じたらかなりハマります。

家系にもありますが、父親が松本白鸚(旧幸四郎)で、あの、松たか子のお兄さん、

息子の八代目市川染五郎は今をときめくプリンスとして大人気です。

詳しくはこちらもご覧くださいね。

十代目松本幸四郎、 2018年の1月に父幸四郎が白鴎へ、息子金太郎が染五郎へと、 ご本人も交えた三代同時の襲名が大変話題になりま...



「歌舞伎家話」は、どうやったら見られるの?チケット発売は5/19から

では、イープラスの配信サービスを使った視聴方法を紹介します。

「歌舞伎家話」が視聴できる環境は?

インターネットに接続できる環境で、

以下の仕様のデバイスで視聴ができます。

【スマートフォン/タブレット】

・iOS 11.0以降(Safari最新バージョン)/ Android OS 5.0以降(Google Chrome最新バージョン)

【パソコン】

・Windows 10以上、MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、MS Edge、Firefox)

※5Mbps以上の高速インターネット回線が望ましい。

※通信データ量に制限がある場合は、残データ量に注意して視聴すること。複数のデバイスを接続しないほうが、データ両節約になります。



「歌舞伎家話」、第1回目配信のチケットの取り方は?

手順は、

①新規会員登録

②メルマガ申し込み

③チケット購入

④視聴案内の受信

⑤視聴ページへのアクセス

⑥視聴

となります。

順に説明します。

視聴方法① イープラスに新規会員登録をする

・イープラスサイトのトップページの会員登録をクリック

イープラスサイト

・規約の確認をし、「同意する」にチェック

・登録方法を選択する。

*フェイスブック、ツイッターなどから登録するか、メールアドレスでの登録をするか選択する

・メールアドレスを選択した場合(私はこちらにしました)、メールアドレスを入力してメール送信する

イープラスサイト

・登録したメールアドレスに「仮登録完了」のメールが届くので、そこで指定されたURLにいき、登録完了手続きをする

・会員情報入力の前に、携帯電話番号を入力し、送信をクリック。その番号のショートメールに届いた認証番号を打ち込む

イープラスサイト

・入力した会員情報に間違いがないか確認して登録する

視聴方法② メルマガ申し込み

・メールマガジンの設定へ進むをクリック

イープラスサイト

・受信したいメルマガにチェックを入れる

イープラスサイト

・受信するアドレスの確認をする

視聴方法③ チケット購入

・イープラスのサイトにログインし、チケット購入ページから、必要な枚数を購入する

*このチケットは5月19日(火)からということで、この先へはまだ進めません。

その注意を見ないで、何回か申し込みしてもダメでした。笑

19日に申し込んだら、その後の流れをまた説明しますね。

以下についても同様です。

まずは、登録をし、購入サイトの確認をしておくといいでしょう。

視聴方法④ 視聴案内の受信

視聴方法⑤ 視聴ページへアクセス

購入ページはこちらです。

https://eplus.jp/sf/detail/3285590001?P1=0402&P59=1&P6=001&_ga=2.34346085.593187693.1589522836-846722283.1589522836

さてさて、、、第1回ということは、きっと次もありますね。

私は、追っかけてまいりますので、

次の情報をお待ちくださいね。

読んでくださり、ありがとう存じまする。