二代目尾上松也(歌舞伎役者)の家系、プロフィール、歌舞伎界一のスイーツ好き。一時は死を考えた過去を乗り越え、歌舞伎・ドラマ・バラエティでも大活躍!

2代目尾上松也、

最近は歌舞伎・ドラマに加えて、バラエティでも引っ張りだこ。

涼やかな見た目で、明るい御曹司・・・と思いきや、

若い頃には相当苦労した過去もあるのです。

現在は、浅草の新春歌舞伎で座頭を務め、

若手役者のまとめ役として慕われるアニキ。

その活躍から目が離せない、尾上松也を紹介します。



二代目尾上松也のプロフィールと家系。父・母・妹はどんな人?・

まずは、尾上松也のwiki的プロフィールを紹介します。

二代目尾上松也のwiki的プロフィール

尾上松也 本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち)

家族:父 尾上松助(2005年逝去)、母 井上盛恵、

妹 井上由香(女優:春本由香)

生年月日 1985年1月30日

身長 178cm

出身地 東京都中央区

出身学校 堀越学園高等部

*同級生は生田斗真

*1学年上の中村七之助、松本潤との交流もあり

屋号 音羽屋

定紋 抱き若松

二代目尾上松也襲名 1990年5月「伽羅先代萩」鶴千代役 (歌舞伎座:父松助襲名公演)

当り役 「寿曽我対面」曽我五郎時正役、「三人吉三」お坊吉三役 など

山崎育三郎、城田優とユニット「IMY」を結成(2019年1月)

趣味は野球とフットサル、スイーツが大好物



二代目尾上松也の家系図、尾上菊五郎、尾上右近との関係は?

尾上松也の家は、音羽屋です。

音羽屋というと、尾上菊五郎、尾上松緑、尾上右近などの

名前が思い浮かびます。

これらは全て親戚なのか・・・?

というとそういうわけではないようです。

音羽屋の本家は、尾上菊五郎当主のお家です。

その息子が尾上菊之助ですから、

こちらが本筋の音羽屋ということになります。

歌舞伎界の家関係はちょっとややこしく、

音羽屋もその例にはなるのです。

ちょっとこちらの写真をご覧ください。

これは、「歌舞伎手帳2019年度版」に掲載されているものです。

(公益社団法人 日本俳優協会他 発行)

こちらを見ると父の尾上松助は、

二代目尾上松緑(現松緑の祖父)の弟子という

関係になっています。

その二代目松緑も、

元の家は高麗屋(父は七代目松本幸四郎)ですが、

六代目尾上菊五郎の弟子として音羽屋へ入ったことに

なっています。

これを整理すると、

・音羽屋の尾上松緑一門の弟子筋

・音羽屋と直接の血縁ではない

ということがわかります。

つまり、尾上松緑家方の音羽屋出身で

父が尾上松助が所属していた菊五郎劇団で、

役者としての経験を積んできている役者です。

まとめると、血縁ではなく「芸」のつながりである

ということです。



二代目尾上松也の母と妹は、どちらも新派女優

さて、松也の家族、

母と妹はともに新派の女優さんです。

2018年12月に尾上松也が、

テレビ番組「ぴったんこカンカン」のゲストとして出演した際、

母の河合盛恵さんも一緒に登場し、完全に松也を食ってしまった・・・

と話題になっています。

梨園に嫁いで引退した母、「できちゃった婚だったんですよね」と

ぶっちゃけ、

「コイツのせいで私は辞めたんだから、絶対にスターになれよ、ぶっ殺すぞ、本当にって、ずっとそうやって育ててきた」

と番組では語ったとか・・・。

さらには、安住アナに好きな女性のタイプを聞き、

「ちょっと気が強くて」「仕事をしっかりしていて」「新しい世界を見せてくれる人」という答えに

「私なんか惹かれまくってるでしょう」と売り込んだということなので、

もう誰も止められない勢いを感じさせられます。

一方、妹は春本由香の名で、女優として新派の舞台に立っています。

松也は、この妹を溺愛しているそうですよ。



二代目尾上松也、若い時から借金を抱え、苦労の過去。一時は死を考えたことも・・・

尾上松也の父松助は、歌舞伎や演劇では演技派の脇役として、

舞台に欠かせない存在の役者でした。

その血を受け継いだ松也も、

5歳で初舞台を踏んでからは、

数々の子役としての出演を果たしてきました。

十代後半からは、父が所属する七代目尾上菊五郎が主宰する菊五郎劇団で活動し、

「弁天娘女男白浪」の宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七など、

主に女形として舞台を務めることが多かったそうです。

しかし、20歳の時、その父松助が亡くなります。

残されたのは、3人の弟子たち、

まだ20歳の若者が3人の弟子を率いて、

家の芸を継承していく重荷を背負うことになってしまいます。

当時、妹がまだ中学生だったこともあり、

その学費や生活費などで借金が増えていったそうです。

なんとか状況を変えようと、

25歳の時に自主公演「挑む」を主催するのですが、

こちらも、集客に失敗しさらに莫大な借金を背負うことに

なります。

この重責に耐えかねて、命を絶とうと思ったこともあったそうです。

数々の舞台に立ち、

現代演劇やテレビドラマにも活躍の場を広げている、

今の松也からは想像もつきませんが、

残ってくれた3人の弟子や周囲の人の支え燃えながら、

苦労の中で精進し、今の地位を築いてきたのです。

その苦境から出るきっかけになったのが、

蜷川幸雄さんの舞台「僕の四谷怪談」だっということです。

歌舞伎に限らず、幅広い分野で、演技を磨いたことは、

大変な過去ではあったかもしれませんが、

今の活躍にもつながっていることを感じます。

いつか、「松也一代記」なるドラマもできるかもしれませんね!

そうなるように、さらに活躍をして欲しいです。



二代目尾上松也 結婚と彼女の噂。週刊誌でも注目を浴びていた女性関係

ハンサムでスマート、現在34歳になる尾上松也さん。

結婚はまだされていないようです。

彼女は??

というと、かなりワイドショーや週刊誌を賑わせた遍歴の持ち主。

ちょっと、そのところを振り返ってみます。

まずは、元AKB48の前田敦子。

トップアイドルと歌舞伎界のプリンスとの熱愛報道は、当時かなり話題となりました。

2013年に尾上松也が出演した大阪の舞台を前田敦子が観に行き、

楽屋を訪ねたことがきっかけだったとか。

その後交際に発展してからは、前述のお母様にも紹介し、

えらく気に入ってもらっていたようです。

彼女とは、結婚か?と言われていたにもかかわらず破局してしまったそうです。

破局の原因は、女性問題だったと言われています。

週刊誌に浮気報道が出てしまったのです。

そのお相手は、ラジオプロデューサーの松任谷玉子という40代の女性です。

美人で仕事ができて、バツイチで年上の女性とのこと。

なんと、あのユーミン(松任谷由実)の親戚というのだから驚きました。

まあ、その後の発展はないようなので、

一時的なものだったのか、そう大したことではなかったのか、、、。

その後もしばらくは2人が一緒にいる様子は見られたそうですけど、うまくいかなかったようですね。

2018年7月に前田敦子さんは、俳優の勝地涼と結婚、9月には第一子の妊娠の報告も発表されました。

前田敦子との破局が噂されてから後の2016年に

熱愛報道が出たお相手は、女優の瀧本美織。

舞台での共演をきっかけに、交際がスタートしたと言われています。

報道では、中目黒でデートし、2人でタクシーに乗って帰路についたところを

激写されていました。

当時は噂になったようですが、それ以降の報道は見られず、

コメントも残っていません。

そして昨年8月末、新たなスクープが出ます。

深夜、菜々緒似の美女はと松也のお泊りデートが報じられます。

松也の運転する車で、都心にある松也の自宅マンションへ入って行きそのまま宿泊したそうです。

その週刊誌では、以前にも港区内のスーパーで、2人が仲睦まじく買い物をしていた様子を目撃していて、

「付き合っている女性ですか?」と直撃すると、松也は「違います」と熱愛関係を否定したということ。

さらに、自宅に泊めたことについても、「地方から来ていた友達なので」と説明し、

交際を否定したといいます。

年代からすると結婚もあり得るのですが、

交際ではないと言っているので、しばらくは様子見になりそうです。

あれだけの美形ですから、彼女の噂が多いのも致し方ないというべきか・・・

今後も目が離せませんよね。



二代目尾上松也 2020年は浅草新春歌舞伎から!!

毎年恒例となっている、新春浅草歌舞伎。

若い役者中心に歌舞伎の舞台を楽しめる公演です。

尾上松也は、今年も座長を務め、

古典の大役にも挑戦します。

こちらも期待が大きいです!

毎年恒例の新春浅草歌舞伎、 ここのところ若手の活躍が目覚ましいですね。 勢いある若手を集めた歌舞伎興行、 2020年も開演...



二代目尾上松也 山崎育三郎、城田優との演劇ユニット「IMY」は今年も注目!

昨年1月、新しい話題が発表になりました。

それは、山崎育三郎、尾上松也、城田優の三人が

自分たちの感性で新しい作品を生み出し

日本のエンターテインメント界を更に盛り上げたいとの思いから、

「IMY」というユニットを結成したのです。

三人を中心に色々な方に協力を頂きながら、常識に囚われず、

今までにない新しい日本のミュージカルや演劇を作り出し、

常にチャレンジ精神を持ち、

演劇界の底上げに、少しでも尽力出来たらということでした。

ちなみに、「IMY」というトリオ名の由来は、

それぞれの名前のアルファベットの頭文字

『育三郎のI』『松也のM』『優のY』を、組み合わせたもの出そうです。

昨年の4月20日、Bunkamuraオーチャードホールでの

昼夜公演は全て満員という盛況だったそうです。

それに続く第2弾は、2月28日(金)に

東京国際フォーラムで行われるそうですよ。

歌舞伎以外にこちらも注目ですね。



二代目尾上松也 ドラマ「課長バカ一代」で主演も!変顔に注目・・?

新春からスタートするドラマ「課長バカ一代」。

原作は野中英次さんのギャグ漫画なんだそうです。

このドラマでは、主人公の、八神和彦を演じるのです。

内容は、

家電メーカー「松芝電機」の社員で、

「課長補佐代理心得」というよく分からない肩書きを持つ

主人公八神和彦とその部下たちが、

大して内容の無いバカな話を真面目に語り合うコメディドラマ。

上司から任命される課題に、バカをさく裂させながら

“真面目”に仕事と向き合う八神が、

数々の困難を持ち前のバカで奇跡的に解決していきます!

というものだそうです。

BS 12局で1月12日より、毎週日曜日の夜7時より放映されます。

公私ともに、ますます充実を迎える二代目尾上松也、

本家の歌舞伎でも、キラリと光る演技に期待したいものです!!

若手の兄貴分としても、歌舞伎界を引っ張っていってくださいね~。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。