尾上松也(歌舞伎役者)の家系図、右近・菊之助と血縁関係?父・母・妹も芸能人の一家

尾上松也、イケメンで人気の歌舞伎役者です。

尾上て名前がつく、尾上右近、尾上菊之助などと

どういう関係があるのでしょうか?

また、尾上松也の家族についてもまとめてみました。



歌舞伎役者尾上松也の音羽屋ってどういう家?

音羽屋とは、歌舞伎の家の中でもかなり格式の高い家です。

現在の当主は7代目尾上菊五郎です。

江戸の世話物芝居を演じさせたら、

右に出る者がいないというほど、

江戸っ子気質を感じさせる役者さんですが、

音羽屋の元祖は京都なんですよ。

初代尾上菊五郎の父の名が、

音羽屋半平(おとわや はんぺい)であったこと関係しています。

この半平は、京都の「都万太夫座(みやこまんだゆうざ)」という芝居小屋の

お客様の案内や食事の世話などを仕事(出方と言うそうです)にしていました。

生まれたのが、京都の清水寺の近くだったとか、

清水寺に「音羽の滝」と呼ばれる滝があったそうで、

その「音羽」を自分の名前にしたんだそうですよ。

今の世話物を得意とする音羽屋の芸は、

3代目菊五郎の頃から定まったといわれています。

現在、音羽屋を名乗っている役者には、

7代目尾上菊五郎の家では、息子の5代目尾上菊之助、

そのまた息子の7代目尾上丑之助。

尾上はついていませんが、当代の寺島眞秀くんも入るかな。

その他、尾上右近、尾上松緑、尾上松也など。

加えて、坂東彦三郎の家も音羽屋です。

お弟子さん筋も数えると、かなりの大所帯です。

あ、でもこの方々は血縁関係者ではないんですよ。

音羽屋という屋号を持つ役者の一門ということです。

私が舞台を見ていると、

よく「音羽屋」「音羽屋」って声がかかるんですよ~。

これだけ層が厚いんだから、

当然なんでしょうけど、

どの音羽屋か悩んじゃうこともあるんです~。

でも、所帯が大きい分、

すごく大規模な芝居ができるのは音羽屋のすごいところだと思っています。

実力者も多いので、

音羽屋だけで1日楽しめちゃいます。



尾上松也(歌舞伎役者)のプロフィール

2代目尾上松也のプロフィール

尾上松也 本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち)

家族:父 尾上松助(2005年逝去)、母 井上盛恵、

妹 井上由香(女優:春本由香)

生年月日 1985年1月30日

身長 178cm

出身地 東京都中央区

出身学校 堀越学園高等部

*同級生は生田斗真

*1学年上の中村七之助、松本潤との交流もあり

屋号 音羽屋

定紋 抱き若松

二代目尾上松也襲名 1990年5月「伽羅先代萩」鶴千代役 (歌舞伎座:父松助襲名公演)

当り役 「寿曽我対面」曽我五郎時正役、「三人吉三」お坊吉三役 など

山崎育三郎、城田優とユニット「IMY」を結成(2019年1月)

趣味は野球とフットサル、スイーツが大好物

スイーツ王子としても有名ですね。

松也オススメのスイーツ、食べたいな。

そういえば、以前テレビ番組で、

松本潤さんと一緒にクレープ作ってましたね!

6月8日(土)日本テレビ系列番組「嵐にしやがれ」に、 歌舞伎役者尾上松也が出演しました。 カッコイイ男の遊びとしてクレープ作りに...



尾上松也の家系図、尾上右近、尾上菊之助と血縁関係はあるの?

では、尾上松也は音羽屋を名乗る尾上菊之助や尾上右近と

血縁関係があるのでしょうか?

結論からいうとありません。

ちょっと下の画像をご覧ください。

こちらが、尾上松也の家系図となります。

歌舞伎役者のお家は、なかなか込み入っていまして、

歌舞伎の名前も代々引き継いで得るものなのです。

尾上松也という名は、叔父である大谷桂三(十字屋)が初代で名乗っていた名です。

そもそも、尾上松也の祖父は新派の俳優で

歌舞伎とは何の縁もないお家でした。

しかし、叔父の大谷桂三と、父の6代目松助は、

2代目尾上松緑の弟子になり歌舞伎の世界へ入ります。

尾上松緑も尾上菊之助、尾上右近とは血縁筋ではないので、

同じ音羽屋、尾上でも血縁関係はないのです。

脱線しますが、

尾上右近と尾上菊之助は曽祖父がともに6代目尾上菊五郎ですが、

尾上菊之助の祖父にあたる尾上梅幸が養子のため、

血の繋がらない遠い縁戚関係、、、といったところになります。

ややこしくて、私もよく混乱します。

同じお家でも

血縁のつながりと、名前のつながりがあるんですね。

松也もいつか、松助を名乗るのかなあなんて、

将来の姿を思っています。



尾上松也の父・母・妹も芸能人ってほんと?

尾上松也の父は、歌舞伎役者6代目尾上松助です。

先にも書きましたが、

2代目尾上松緑に弟子入りして歌舞伎の道に入りました。

子役時代は、テレビドラマ「赤胴鈴之助」で主役を務めたそうです。

歌舞伎界では、菊五郎劇団の一員として、

2代目尾上松緑や7代目尾上菊五郎を支え、

敵役、老け役、女役と広い役を務めたんだとか。

しかし、2005年に原発不明癌により他界してしまいます。

59歳の若さでした。

歌舞伎役者にとって後ろ盾となる父親が亡くなったってことは、

すごくすごく不幸なことでもあるんですよ。

私は、松也って、イケメンだし、

歌舞伎だけじゃなくてドラマでも抜擢され、

順調そう、、、って思っていたけど、

そうじゃないってこと、知った時はびっくりしました。

尾上松也二十歳の時、

役者としてまだまだ修行を積もうという時でもあり、

ここから彼の苦労人生が始まるんですよね~~。

それについてはまた別記事をご覧ください。

一方、母は、元新派の女優河本盛恵で、

結婚して一時引退したのですが、

現在は復帰しているとのことです。

2018年12月に尾上松也テレビ番組「ぴったんこカンカン」のゲストとして出演した際、

母の河合盛恵さんも一緒に登場し、完全に松也を食ってしまった・・・

と話題になっています。

梨園に嫁いで引退した母、「できちゃった婚だったんですよね」と

ぶっちゃけ、

「コイツのせいで私は辞めたんだから、絶対にスターになれよ、ぶっ殺すぞ、本当にって、ずっとそうやって育ててきた」

と番組では語ったとか・・・。

さらには、安住アナに好きな女性のタイプを聞き、

「ちょっと気が強くて」「仕事をしっかりしていて」「新しい世界を見せてくれる人」という答えに

「私なんか惹かれまくってるでしょう」と売り込んだということ。

私は、それも演技~?と疑いつつも、

誰も止められない勢いにちょっと恐れをも感じてしまいました。

まあ、あっけらかんとした明るい方なのかもしれませんね。笑

妹は、春本由香、新派の女優として活躍しています。

私は、兄妹揃って出演したテレビ番組で、初めて彼女の顔を見ました。

松也に似ていてくっきりとした目鼻立ちで、

かなり積極的に話す方でしたよ。

最近の新派の舞台にお名前を拝見しているので、

目下売り出し中の若手女優というイメージですかね。

尾上松也のお家も、

他の歌舞伎役者の家と違わず、

一家そろって芸能人というお家なんですね~。

尾上松也の家系についてをまとめました。

いかがですか?

松也にちょっと興味湧いたなあと思ったら、

ぜひ舞台に松也を観に行ってくださいね。

その前にテレビ番組も要チェック!

4月からTBS局で放映されるドラマ「半沢直樹」。 3月20日に他のキャストが発表になりました。 その顔ぶれに、歌舞伎界からも~~...

読んでくださり、ありがとう存じまする。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする