PR

大阪コロナ解除で、歌舞伎役者片岡愛之助のポスター登場。松竹座で「負けへんで〜」

公演情報
スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除になった大阪府では、

新しい取り組みが次々と進んでいます。

道頓堀では、大阪松竹座に、「やったるで」「負けへんで」の

ポスターが掲示され、

片岡愛之助もコメントを述べました。

 



スポンサーリンク

大阪コロナ解除、片岡愛之助のポスターが、松竹座に登場!

2日、道頓堀にある大阪松竹座では、

「やったるで」と「負けへんで」の全ポスターの掲示が始まりました。

府の休業要請が少しずつ談話されてから、

道頓堀商店会の店主らが、

前向きな姿勢を示そうと作ったポスターです。

お披露目式では、

歌舞伎役者の片岡愛之助も登場しました。

道頓堀商店会が松竹の協力を得て、

片岡愛之助を起用し、ポスターを作成。

愛之助も、商店会店主らの思いに賛同し、この企画が実現したものです。

10月に上演予定の五右衛門に扮した愛之助が、

「負けへんで」「やったるで」のキャッチコピーとともに、

撮影されたものです。

お披露目では、

「絶景かな~、絶景かな~~、道頓堀の灯は消さへんで~。」と

ポスターに書かれたセリフを歌舞伎調に読み上げ、

喝采を浴びたということです。

7月の松竹座公演の中止も決定、

歌舞伎再開が待たれる今です。

「日々お芝居をさせてもらえることが、どれだけありがたいことかわかった。上方の役者として、大阪を盛り上げるために少しでも力になれれば」とも話したということです。

 

 

大阪、道頓堀の熱い取り組み、

危機も前向きに発信する心意気に拍手喝采です。

流石に、松竹座まで見に行くことはできませんが、

遠くからエールを送ります!

 



大阪コロナ解除、業種ごとの対応も示される。歌舞伎はどうなる?

大阪府は、大阪モデルといわれる独自の基準を示していますね。

休業要請解除に関しても、

業種ごとに段階や再開にあたっての注意点を決め、

協力を呼びかけています。

大阪府の資料によると、

イベント開催にあたっては、次のポイントを押さえることが大事です。

⑴参加人数を段階的に増やしていく

~6/18  屋内100人以下、屋外200人以下

~7/9  屋内外ともに1000人以下/全国的な人の移動が伴うものは無観客

*松竹座は1033人、無観客なら何かできるかも

~7/31 屋内外ともに5000人以下

ちなみに、屋内の場合は収容定員の半分以内の参加者数にすることとありますね。

⑵適切な幹線網施策を実施すること(ガイドライン設置も含む)

⑶不特定多数の者が利用する施設は、「大阪コロナ追跡システム」の導入の要請

対策を徹底すれば、7月中の再会も可能でしょうが、

歌舞伎の場合は、それまでの準備も大変です。

7月の公演中止を掲げている以上、

それ以降の月で何らかのイベントが行われる可能性はありますね。

それを楽しみにしたいなあ。

でも、関東在住の身じゃ、遠征は厳しいな。。。

 



大阪コロナ解除、追跡システム登録開始。飲食店やイベント再開に希望

大阪モデルの売りの一つが、

今回導入された「大阪コロナ追跡システム」です。

このことについて、NHK関西が次のように報道していました。

新型コロナウイルスの感染の第2波に備え、QRコードを活用して、感染の発生状況をメールで通知する、「大阪コロナ追跡システム」を新たに導入し、1日からは飲食店でも運用が始まりました。

これについて、吉村知事は、2日、記者団に対し、これまでに、▼飲食店を含む9601の施設と、▼212件のイベントがシステムに参加し、▼2万8998人がQRコードを登録したことを明らかにしました。

そのうえで、吉村知事は、より多くの府民にシステムへの参加を促すため、QRコードを登録したスマートフォンで、飲食店での注文やキャッシュレス決済などができるシステムを導入することを発表しました。

システムに参加する店ごとに、メニューの注文や、キャッシュレスでの支払いがスマートフォンでできる仕組みにするほか、特典となるポイントもつけるということです。

吉村知事は、「お金に触れず、注文取りなども不要になるので、ウイルスの感染防止にもつながる」と述べ、早期の導入に意欲を示しました。

どの施設かは明らかにしていませんが、

劇場はこういうものがあった方が観客も安心すると思います。

歌舞伎座でも、これができたらいいのにな、って思いました。

ちなみに、こちらは先月末の歌舞伎座の様子です。

 

木挽町広場の商店が、一部、6月1日に再開しています。

 



大阪コロナ解除、10月歌舞伎公演は片岡愛之助の「GOEMON」

現在、大阪松竹座で上演予定とされている歌舞伎があります。

かなり先のことなので、まだ情報も不十分ですが、

わかる範囲で紹介します。

大阪松竹座10月花形歌舞伎「GOEMON (ごえもん)」の主な配役、内容、日程

2011年11月に、徳島県にある大塚国際美術館で開催された

第3回「システィーナ歌舞伎」の演目が、この『GOEMON 石川五右衛門』です。

石川五右衛門が、何と明智光秀の重臣である、

四天王但馬守の娘とスペイン人お宣教師との間に生まれた赤毛のハーフという設定。

いやあ、斬新ですね~。

さらにフラメンコまで踊ってしまうらしいですよ。

そんな話題の舞台の再演、楽しそうですね!!

出演者の、片岡愛之助と今井翼が、

宙乗りも務めるらしいですよ。

【GOEMONの主な配役】

石川五右衛門 片岡愛之助

神父カルデロン/霧隠才蔵 今井翼

出雲の阿国 中村壱太郎

加藤虎之助 中村種之助

小早川隆景 中村 寿治郎

北政所  中村 歌女之丞

石田局/名古屋山三 上村 吉弥

豊臣秀吉 中村 鴈治郎

 

がんじろはんの、豊臣秀吉に、

ぴったり~~~っと拍手しちゃいました。

上方歌舞伎の役者さんが、

はんなり楽しませてくれそうですなあ~

上演期間は、10月3日(土)~27日(火)

チケット販売は、9月4日(金)からです。

ぜひぜひ、この公演は無事に上演して、

大阪に歌舞伎の火を灯してほしいものですね。

大阪コロナ解除で、歌舞伎の再開を待ち望みます。

読んでくださり、ありがとう存じまする。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました