五代目尾上菊之助、プロフィールと家系、祖父、父、息子も歌舞伎役者

五代目尾上菊之助、

女形では、ほ~っとため息が出る美しき女性、

立役では、キリッとした眼差しの色男。

歌舞伎の舞台で見せる、様々な役に魅せられます。

2019年は、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」でも話題を集めました。

五代目尾上菊之助(歌舞伎役者)のプロフィール

五代目尾上菊之助のプロフィール

尾上菊之助:本名 寺嶋 和康(てらしま かずやす)

生年月日 1977年8月1日

学歴 青山学院大学文学部中退

血液型 B型

祖父:六代目尾上菊五郎、父:七代目尾上菊五郎、母:富司純子、姉:寺島しのぶ

屋号:音羽屋

定紋:重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪

襲名:

1984年 「絵本牛若丸」牛若丸役(歌舞伎座)六代目尾上丑之助襲名・初舞台

1996年 「弁天娘女男白浪」弁天小僧菊之助役ほか(歌舞伎座)五代目尾上菊之助襲名

当たり役 「弁天娘女男白浪」弁天小僧菊之助

「鏡獅子」の小姓弥生

「京鹿子娘二人道成寺」の白拍子花子

テレビドラマ出演

2017年 「下町ロケット2」TBS 伊丹大役

2018年 大河ドラマ「せごどん」NHK 月照役

2019年 「グランメゾン東京」TBS 丹後学役 など

若い頃は、市川海老蔵(当時:新之助)、尾上松緑(当時:松之助)とともに、

平成の三之助と若い女性を中心に大フィーバーを巻き起こしました。

音羽屋の芸の通り、現在は女形中心ですが、

最近は、立役での出演も目立ってきました。

*平成の三之助についてはこちらもお読みくださいね。

平成の三之助を知ってますか? 辰之助、新之助、菊之助の3人をそう呼んでいた時代がありました。 平成の終わりに、その頃をふと思い出...

*グランメゾン東京での活躍はこちらもお読みくださいね。

尾上菊之助がドラマ「グランメゾン東京」で、 木村拓哉のライバルであるシェフ役を務めることになりました。 料理人は憧れだったと記者...



五代目尾上菊之助の家系図 歌舞伎の名門音羽屋

尾上菊之助は、梨園の名門音羽屋の御曹司。

家系図にはすごいお名前がずらりと並びます。

曽祖父は、名優と誉れ高い六代目尾上菊五郎です。

国立劇場にある、鏡獅子の像のモデルは、

この尾上菊五郎なんですよ。

*鏡獅子像については、こちらも参考にしてください。

国立劇場に行くと劇場前でお客様を迎えてくれるのが、 高さ2mにもなる「鏡獅子」。 名優と謳われた六代目尾上菊五郎をモデルに作られ...

祖父は、七代目尾上梅幸。

菊之助は、この祖父をとても尊敬していたそうです。

この方も、立役、女形として活躍されました。

そして、父が七代目尾上菊五郎です。

言うまでもなく、歌舞伎界を牽引してきたスーパースター。

特に世話物では、右に出る者がいない、

菊五郎っぷりが見事なんですよ。

*尾上菊五郎についてはこちらもお読みくださいね。

歌舞伎界の大スター、七代目尾上菊五郎について紹介します。 息子は尾上菊之助、娘は寺島しのぶ、孫の尾上丑之助、寺島眞秀くん、そして妻の富...

さらに、長男和史くんが、

2019年に尾上丑之助の名を継いで、

歌舞伎役者の一員となりました。

現在5歳の若き役者、これがまたかわいいんだ~~。

*尾上丑之助についてはこちらもお読みくださいね。

歌舞伎役者尾上菊之助の息子が尾上丑之助です。 本名は、寺島和史くん。 まだあどけないその表情は、 見る人を虜にしちゃうかわ...

音羽屋という一門は、

元は京都に発祥の地があるお家です。

初代尾上菊五郎の父が、京都東山の清水寺に近くで生まれたことから、

清水寺境内の音羽の滝にちなんで、

「音羽屋」を名乗ったことが始まりということです。

しかし、現在は生粋の江戸っ子。

この一門は門弟も多く、

尾上松緑、尾上松也、坂東彦三郎も、

その一門に含まれるんです。

血は繋がっていないけど、

芸でつながる歌舞伎のしきたりがうかがえるお家ですね。



五代目尾上菊之助の家族 義父は中村吉右衛門、母は富司純子、妻と息子は・・・

尾上菊之助の妻は、中村吉右衛門(播磨屋)の4女瓔子さん。

2人の結構に関しては、

誰よりも父親同士がびっくりした!

という逸話も残っているほど、

降って湧いたような縁組だったようですよ。

そういうことから、

義父が二代目中村吉右衛門(人間国宝)となります。

父の尾上菊五郎も人間国宝。

つまり、父2人が人間国宝・・・・!?

両肩のプレッシャーを想像するに余りありますね。

*中村吉右衛門についてはこちらもお読みくださいね。

現在の歌舞伎界を牽引する大御所のお一人、 二代目中村吉右衛門について紹介します。 5月團菊祭で、襲名を果たした七代目尾上丑之助の...

実家を見ていくと、

母親が女優の富司純子さん、姉が同じく女優の寺島しのぶさん。

しのぶさんの長男、寺島眞秀くんも、

歌舞伎の舞台を踏んでいる幼い役者の一人です。

*寺嶋しのぶさん、寺島眞秀くんについてはこちらにも書いています。

女優の寺島しのぶさんの長男眞秀君は、 6歳ながら歌舞伎の舞台に立つ役者の一人です。 「寺島しのぶと眞秀君 奮闘記・2019~母と...

そして、ご自身の家族が、

妻が寺島耀子さん、長男:和史君、

長女が千世ちゃん、次女が新ちゃんとなります。

実は、菊之助は3人の子を持つパパなのですよ。

最近のインタビューでは、

休日の過ごし方も趣味も、

家族との旅行、イベントと答えています。

忙しいながらも、家庭を大事にするパパなのですね。



尾上菊之助、素顔はインスタグラムでチェック!

尾上菊之助は、インスタグラムもやっています。

まじめな性格らしく、

まじめな役者の思いや日常生活が

画像から見ることができます。

ぜひ一度、ご覧になってはいかがでしょう。



五代目尾上菊之助のまじめな性格、襲名への迷いともっと・・をめざす姿勢

尾上菊之助は、とてもまじめな性格と

言われています。

父親の尾上菊五郎が、

かなり破天荒な性格で知られていることを考えると、

これはびっくりです。

反面父親だったのかな。

まあ、プライベートでは「奇行」も噂されていますが、

基本的に歌舞伎には超まじめです。

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」に関しても、

構想時から、

細かいところまで原作と古典歌舞伎の融合を目指すべく、

こだわりぬいた姿が

ドキュメンタリー番組である

ETV特集「ナウシカ誕生~尾上菊之助が挑んだ新作歌舞伎~」で放映されていました。

*ETV特集「ナウシカ誕生~尾上菊之助が挑んだ新作歌舞伎~」については、こちらに書いています。

1月25日(土)放映のETV特集では、 新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」誕生について放映します。 2019年12月の公演は、大きな...

若き日、菊之助という名を継ぐ時にも、

かなり悩んだということです。

当時は、祖父梅幸もご存命でして、

その祖父に見せるために、、、という思惑も、

様々な方々にはあったようですが、

ご自身がその踏ん切りがつかず、

1年待ってもらったのだそうです。

結局、梅幸は襲名を見ることなく逝去されちゃうのですが、

それは菊之助にとっては辛い記憶でもあるそうですよ。

1年待ったからといって、

自分の芸が菊之助にふさわしいものへと磨かれたのか、

というとそうではない。

だったら、

祖父に襲名の姿を見せたほうがよかったのではないか、

と葛藤を抱えての襲名だったということです。

その頃の、「もっと・・・」という姿勢は、

今でも変わらず。

より高みを目指して精進する姿にストイックさを感じます。

歌舞伎役者としてはこれからが正念場です。

音羽屋を継ぐ者として、今後はさらに芸の幅を広げ、

父菊五郎を超える役者になって欲しいとも思います。

2020年3月には、国立劇場で

通し狂言「義経千本桜」で3役を演じることに、

密かに期待している私です。

これからも、菊之助の歌舞伎を観ていきたいです。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。