中村梅丸が、初代中村莟玉(かんぎょく)を11月に襲名!中村梅玉の部屋子から養子へ。今後は立役に挑戦もあるかも?

急に入ってきたニュースが、

中村梅丸が中村莟玉(かんぎょく)を襲名(11月予定)!!

とてもおめでたいニュースなので、

記事にしてみました。



中村梅丸が中村莟玉(かんぎょく)を襲名(11月予定)!!

8月23日の記者会見で、

11月の東京・歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」で

初代中村梅丸が、

初代中村莟玉(かんぎょく)を名乗ること、

梅玉の養子になることが、発表されました。

一般家庭に生まれて、

2005年に初舞台を踏み、

06年から中村梅玉(73)の部屋子になり、

そこから、女形として頭角を現してきた歌舞伎役者です。

キュートな容姿から、

「かわいい」と人気もアップ、

「まるちゃん」「まるる」などの愛称でも

愛されている若手女形です。

私も、舞台でその姿を見て、

「え、誰?あの娘かわいい~。」

と気になった一人です。

記者会見では、

「師匠よりお話をいただき、本当にうれしく思っています。

幸せをかみしめながら一生懸命頑張りたいです」

と述べていました。

現在は、女形中心ですが、

今後は、師匠の梅玉が得意とする

貴公子や殿さまなど、品のある立役も演じてみたいそうです。

11月は夜の部「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)菊畑」で

美少年、虎蔵、実は牛若丸の役でお披露目する予定だそうです。



中村梅丸のwiki的プロフィール

では、ここで、中村梅丸のwiki的プロフィールを

紹介します。

初代中村梅丸 wiki的プロフィール

中村梅丸 本名:森正 琢磨(もりまさ たくま)

生年月日 1996年9月12日生まれ

家系 中村梅玉の部屋子

*7歳から見習いとして通い、10歳から部屋子として師事

屋号 高砂屋

定紋  祗園銀杏

初お目見え 2005年 「御ひいき勧進帳」冨樫の小姓役 本名で出演(国立劇場)

部屋子披露 2006年 「沓手鳥孤城落月」小姓神矢新吾役、

「関八州繋馬」里の子竹吉役で中村梅丸を名のる(歌舞伎座)

2019年11月「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき) 菊畑」の虎蔵(実は源牛若丸)役で初代中村莟玉(かんぎょく)を襲名予定

「義経千本桜」鳥居前の静御前役

新歌舞伎「NARUTO−ナルト−」春野サクラ役 などを演じる

*中村梅丸については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

歌舞伎役者中村莟玉(梅丸改め)さん、見た目のかわいさに惹かれましたが、その役者としての心意気も素晴らしい、超気になったのでピックアップ! ...



中村莟玉(かんぎょく)という名前はどんな名前なのか?

梅丸が襲名する、莟玉(かんぎょく)と言う名前。

これは、梅玉がつけたそうです。

梅玉の養父である、6代目中村歌右衛門が、

若いころに行っていた公演「莟会」から1文字を取っています。

莟には「まだ開かない花の芽、前途有望だがまだ一人前になる前の若者」

という意味があるのだそうです。

この字に梅玉の玉を加えた、ということで、

伝説の女形所縁の文字と師匠の名の文字という組み合わせに、

大きな期待を感じますね。

梅玉は、「6代目に少しでも近づき、大輪の花を咲かしてほしい」

という願いを込めて命名されたようですよ。

突然入ってきた嬉しいニュースです。

今後の中村梅丸、改め中村莟玉の活躍を

応援していきたいものですね。

*師匠、中村梅玉については、こちらにも書いていますので、お読みくださいね。

歌舞伎役者、四代目中村梅玉を紹介します。 名優の誉れ高い六代目中村歌右衛門の養子で、 品のある立役として舞台では重要な役を務める...

読んでくださり、ありがとう存じまする。