中村橋之助は宝塚マニア!結婚・破局?噂の彼女が気になる。成駒屋の長男は父も弟も歌舞伎役者

中村橋之助さん、2020年の浅草歌舞伎でも凛々しい舞踊を披露した、

注目の若き歌舞伎役者です。

母は、あの三田寛子さん。面差しが似ています。

橋之助さん、宝塚のマニアックなファンとしても有名、

そして、2020年には結婚と破局の両方のニュースでにぎわせました。

2019年放送のTBS系ドラマ「ノーサイドゲーム」では

父中村芝翫との共演も果たし、注目、人気ともに高まっています。

そんな中村橋之助さんの、宝塚愛、歌舞伎愛、そして結婚の噂について紹介します。



中村橋之助のwikiプロフィール、 年齢、学歴、身長は?

まずは、中村橋之助さんがどういう方なのかを

紹介しますね。

4代目中村橋之助:本名 中村 国生(なかむら くにお)

生年月日 1995年12月26日

身長 174cm

血液型 O型

学歴 青山学院大学文学部卒

趣味 宝塚(かなりのヅカマニアです)

出身地 東京

家族 父:8代目中村芝翫、母:三田寛子、弟:3代目中村福之助、4代目中村歌之助

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

芸歴

2000年 『京鹿子娘道成寺』の所化、『菊晴勢若駒(きくびよりきおいのわかこま)』の春駒の童で初代中村国生を名乗り初舞台(歌舞伎座)

2016年 「熊谷陣屋」の堤軍次役他で4代目中村橋之助を襲名(歌舞伎座)

2017年 名題昇任

お母さまが、三田寛子さん。

目元や笑った口元が、そっくりです。

どことなく乙女な表情が印象的な役者さんです。

性格は、気になることがあると、そこに一直線に走ってしまうタイプなんですって。

友人からは、THE長男と言われたこともあるんですって。

2人も弟がいたら、自然に長男らしい言動になっちゃいますよね。

私も長女なのでわかります。

別に長女ぶってるつもりはなくても、環境がそうさせるというか

育て方がそうだったというか、、、

だから、橋之助さんも長男チックなんだろうなというのは納得です!



中村橋之助は、宝塚マニア!インスタのポーズに話題集中

中村橋之助さんは、歌舞伎界でも有名な宝塚マニアなのだそうです。

2年ほど前に初めて宝塚を観て

それ以来どハマりしたんですって。

好きなスターは、月組の珠城りょうさん、雪組の真彩希帆さんですって。

でも、このお二人、相次いで退団発表もされたので、

すごくショックだったでしょうね。

車の中でも、いつも宝塚の音源を聴いているほど、

橋之助さんにとって、宝塚は、レノアハピネスみたいなんだとか。

知ってます?

あの、お洗濯に使う柔軟剤ですよ。

ふわっといい香りでやわらかく包まれるような感じが

宝塚のイメージなんだそうですが、、、。

皆さんには、それでイメージできますか?

それでかな?

4月に開いたインスタグラム、まるで宝塚ポーズなのが

話題を呼んでいるらしいですよ。

花組の・・・、間違えました、で始まるご挨拶。

ちょっと笑いました。

これ見ると、目元は三田寛子!って思っちゃう私です。

この投稿をInstagramで見る

花組の…… 間違えました 歌舞伎俳優の中村橋之助です インスタ始めました〜 #中村橋之助

中村橋之助(@hashinosuke_4)がシェアした投稿 –

中村橋之助、結婚前提のお相手実佳子さんと破局?

今年、中村橋之助さんに結婚と破局両方のニュースがありました。

実は、結婚前提(?)でお付き合いしていた女性が

いらしたようなんです。

でも、母親の三田寛子さんが反対したとのこと。

気になるお相手は、元祇園の売れっ子芸妓の実佳子さん、

すでに引退していたこともあり、結婚間近か、、、という報道もあったのです。

とても綺麗な方ですね。

浅草歌舞伎の初日でも、

共演の坂東巳之助に「結婚するんですか?」といじられたり、

駆けつけたファンなどから「おめでとう」と祝福されたり

といった場面があったそうです。

そのかげでスピード破局のニュースもあったとか・・・。

実佳子さんの親族には、歌舞伎関係者や女優さんもいらっしゃるそうで、

特にお姉さまは、橋之助さんもハマっている元宝塚の

澤佳津枝さんということで、

これはなんていい縁組なの?って思いましたよ~。

そういうご家族だから、梨園の空気にも理解あると思われ祝福ムードもあったらしいです。

しかし、祇園では、結婚騒動の頃には、

すでに2人は別れたという見方がありました。

その要因となったのが、母の三田寛子さんということらしいです。

2016年に夫の中村芝翫の不倫騒ぎが持ち上がり、

そのお相手が祇園の稽古さんだったとのこと。

もちろん実佳子さんとは別人ですが、

いい印象がないんでしょうね。

それに、まだまだ役者としては学ばなければならないこともたくさんあり、

今はその時期ではない、ということかもしれません。

橋之助本人は、結婚に対して、

「まだまだ・・」と舞台優先のコメントをしたそうです。

親子揃って、祇園の芸妓さんがお相手、

どこでどうやって出会うのか、気になっちゃいました。

橋之助、まだ24歳だし。

いい役者になるためには遊びも大事なのかもしれませんが、

今の歌舞伎界は、若手がぐんぐん力を伸ばしていますから、

力量をつけないで遊んでちゃダメだよって思うんですけどね~。

外野が言うことじゃないけど、

歌舞伎の修行もがんばって、

いいタイミングで良いご縁をつかんでほしいですね。



中村橋之助の家系はすごい!母が三田寛子、父とノーサイドゲームで共演も

中村橋之助さんの家の屋号は成駒屋です。

歌舞伎梨園の中でも結構すごいお家なんですよ。

まず、父親が8代目中村芝翫です。

若い頃は、中村橋之助の名で、テレビドラマなどでもおなじみでした。

お母さまが、女優の三田寛子さんです。

そしてご兄弟は弟が二人います。

どちらも歌舞伎役者で、上の弟が中村福之助、下の弟が中村歌之助を

名乗っています。

祖父が7代目中村芝翫、この方は、女形として頂点を極めた方でもあります。

品がありちょっと茶目っ気もある女性を演じさせたら、

ピカイチの方でした。

父の中村芝翫は、この祖父の名を継いで8代目を名乗っているのです。

叔父が9代目中村福助、この方は中村歌右衛門襲名が決まって、

病気で倒れ、長期療養を余儀なくされました。

とても綺麗で、芯の通った女形でした。

現在、舞台復帰をされ、リハビリをしながら演じていらっしゃいます。

その息子の中村児太郎さんは、やはり女形、

坂東玉三郎について、「阿古屋」を演じたことで話題にもなりました。

橋之助さんには従兄弟に当たります。

父の姉である叔母が波野好江さん(18代目中村勘三郎の妻)。

その息子たちが、中村勘九郎・中村七之助(共に中村屋)です。

橋之助さんも、勘三郎さんに教わったことが印象に残っているとか、

今は、いとこの2人からいろいろ教わりながら芸域を広げているようですね。

もう少し遡ると、曽祖父が5代目中村福助、その弟が伝説の女方である6代目中村歌右衛門です。

まさに歌舞伎一族なんですよ。

3月に上演予定だった明治座の花形歌舞伎、

中止になっちゃいましたが、

ここでは七之助をおき兄と呼ぶ、親しさが見られました。

母が、女優の三田寛子さんであることは前述しました。

父の中村芝翫も、テレビドラマに出演しています。

2019年のTBS局のドラマ「ノーサイドゲーム」では、

風間有也を演じていました。

橋之助が出演したのは、その風間の学生時代。

上川隆也演じる常務取締役営業本部長・滝川桂一郎との回想シーンでした。

出演に際して、橋之助は、

 「父が演じている風間がどういう男なのか100%はわかっていなかったのですが、衣裳を着て監督とお話をして、ボンボンなんだなぁということがわかりました。」

と茶目っ気たっぷりのコメントを残していました!

八代目中村芝翫、妻はあの三田寛子さんです。 若い頃は、中村橋之助といい、大河ドラマ「毛利元就」で 主役を務めたこともあります。 ...
芸能界から梨園の妻へ転身した方は多いですが、 その中でも勤めをしっかり果たし、 良妻の評判が高いのが三田寛子さん(以下敬称略)で...
歌舞伎役者中村福之助は、 歌舞伎役者中村芝翫と、女優三田寛子の次男です。 2019年、スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」の出演を通し...
TBS系列日曜劇場に、八代目中村芝翫が登場します。 池井戸潤さん原作の「ノーサイド・ゲーム」です。 池井戸作品というと、歌舞伎役...



中村橋之助 歌舞伎役者としてめざすこと

2016年に中村橋之助を襲名、

これから本格的に歌舞伎役者としての活躍が期待されます。

その橋之助、歌舞伎役者をやろうと決心したのは、

祖父7代目中村芝翫と叔父18代目中村勘三郎の影響が

大きいそうです。

祖父芝翫は、亡くなる間際に、役者の生き方を涙ながらに語り、

勘三郎は、歌舞伎界、中村座の戦力になってほしいと語ったそう。

その言葉が強く心に残り、

もっと歌舞伎について勉強しなきゃって思ったんだそうです。

祖父芝翫が亡くなったのは2011年、

勘三郎は2012年に帰らぬ人となりました。

橋之助、16歳~17歳の多感な時期ですね。

今の目標は、父や勘九郎の兄のような役者になって、

歌舞伎界の戦力になること。

成駒屋の一員として恥ずかしくない役者になることだそうです。

まだこれからと言う可能性に満ちた存在、

あの役といえば「橋之助」と言われるような

あたり芸をそろそろ見てみたいと期待しています。



コロナウイルスにより、歌舞伎も3月から7月まで公演ができない状態が続いていました。

8月の舞台再開、中村橋之助さんも、第一部の「連獅子」で、

元気にその姿を見せてくださいました。

やはり、舞台に立つ喜びは格別のようだったのですね。

まだ様々な制約もありますが、

名門成駒屋の長男として、大活躍してくれることを願っています。

読んでくださり、ありがとう存じまする。