南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」主な配役、あらすじ、見どころ。七之助が見せる3役に注目!

9月2日(月)京都南座で、「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」が

初日を迎えました。

京都南座は、先月の超歌舞伎に続いて、

またもや関西では26年ぶりとなる話題の舞台です。

南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」

について紹介します。



南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」のあらすじ、主な配役、上演時間

では、初めにあらすじを紹介します。

南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」のあらすじ

序 幕

浅草観音額堂の場

按摩宅悦内の場

浅草観音裏地蔵前の場

同    田圃の場

*塩冶浪人の伊右衛門は、

妻のお岩を連れ戻された恨みから

舅の四谷左門を殺害します。

一方、中間の直助はお岩の妹お袖に横恋慕し

許嫁の佐藤与茂七を殺します。

二人は姉妹を騙して、敵討ちを約束します。

二幕目

雑司ヶ谷四ッ谷町伊右衛門浪宅の場

伊藤喜兵衛内の場

元の伊右衛門浪宅の場

*やがて伊右衛門の子を産んだお岩は

産後の病に苦しみます。

隣家の伊藤喜兵衛宅から、届けられたという薬を飲むと

たちまち顔が腫れ上がってしまいました。

実は、その薬はお岩の顔を毒薬で醜くして

伊右衛門と離縁させ、

孫娘のお梅と添わせるという、喜兵衛の企みでした。

真実を知ったお岩は、

伊藤家に向かう身支度をするうちに、

絶命してしまいます。

そこで伊右衛門は、情死に見せかけるため、

お岩の死骸と、小者の小平の亡骸を

同じ戸板に打ち付けます。

やがて、お梅が嫁いできますが、

お岩の怨念に惑わされ、

伊右衛門は喜兵衛とお梅を殺してしまうのでした。

三幕目

砂村隠亡掘の場

大詰

蛇山庵室の場

*お岩と小平の亡霊に悩まされる伊右衛門は、

戸板が流れついた隠亡堀で

生きていた与茂七と直助と鉢合わせます。

その後も伊右衛門はお岩の怨霊に悩まされ続け、

改めて執念深い怨みを思い知らされるのでした。

南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」主な配役

民谷伊右衛門  片岡 愛之助

お岩/佐藤与茂七/小仏小平

中村 七之助

直助権兵衛   市川中車

お岩妹お袖   中村 壱太郎

乳母おまき   中村 歌女之丞

舞台番/伊藤喜兵衛 片岡 亀蔵

後家お弓    市村 萬次郎

南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」の上演時間

通し狂言 東海道四谷怪談の上演時間

【昼の部】

序幕 11:00-11:55
幕間 30分
二幕目 12:25-13:55
幕間 20分
三幕目・大詰 14:15-15:00

【夜の部】

序幕 16:30-17:25
幕間 30分
二幕目 17:55-19:25
幕間 20分
三幕目・大詰 19:45-20:30



南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」の見どころ、七之助が見せる3役早変わりも注目

関西での上演が26年ぶりとなる本作。

十八代目中村勘三郎がコクーン歌舞伎で上演し、

超話題ともなった本作。

その意思を継いだ中村七之助、上方歌舞伎の片岡愛之助、

芸達者な市川中車の三人の演技に注目です。

見どころ1:歌舞伎の面白さが存分に楽しめる演出の数々

忠臣蔵の世界を背景に、

時代に翻弄される市井の人々の暮らし、

陰惨な殺人と死霊の恨みを描いた怪談物の傑作。

その舞台では、

毒を飲まされたお岩が、櫛で髪をすくたびに、

毛が抜け落ちる有名な「髪梳き」の場面。

戸板に縛られた男女ふたりの遺体を

ひとりの演者(中村七之助)が

早替えで見せる「戸板返し」。

さらに恐怖をあおる演出「提灯抜け」など、

歌舞伎ならではの仕掛けがたっぷりなのです。

見どころ2:中村七之助の3役がすごい!

今回中村七之助は、

主人公お岩の他に、

妹お袖の許嫁佐藤与茂七、

小者の小仏小平という3役を

初役で演じ分けています。

祖父も父も、演じて喝采を浴びたこれらの役、

七之助独特の美しさが相まって、

より儚げにより恐ろしく映ることでしょうね。

戸板返しの早替えには、早くも高い評価の声が上がっていますよ。

見どころ3:主役3人の意気込み

七之助だけでなく三人とも初役でした。

公演まえのメディアより、三人の意気込みを簡単に紹介します。

中村七之助(中村屋)

「祖父も父も大好きだったお役。

お岩にかける熱意や思いは、体に、細胞にしみ込んでいます」

と語る七之助。

監修の坂東玉三郎から、みっちり稽古を受け、

この舞台に臨みます。

*中村七之助については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

二代目中村七之助が、3月に行った全国各地での舞踊公演の様子が、 NHK Eテレの「にっぽんの芸能」で放映されました。 その番組の...

片岡愛之助(松嶋屋)

「(民谷伊右衛門は)色悪代表のようなもの。非常に難しい。

生々しい人間の思いというのが描かれた、南北の独特のキャラクター、

楽しみながら演じたい。」

と語る愛之助。

南北独特のセリフをどう聞かせてくれるのかも期待です。

*片岡愛之助については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

歌舞伎界きってのモテ男といえば、通称らぶりんの二代目片岡愛之助。 現在は、妻である女優の藤原紀香と熱々のご様子で、 かつてのプレ...

市川中車(澤瀉屋)

「『四谷怪談』をまだ見たことのない方には、

怖い印象だと思いますが、

怖さの奥にある歌舞伎特有の息遣い、

そのすごさを見ていただけたら」と語ります。

映像とは違う生の迫力をどう見せてくれるでしょうか。

*市川中車については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

46歳で歌舞伎界にデビューした役者がいます。 九代目市川中車、二代目市川猿翁の長男で、 本名は香川照之。 最近は、カマキリ...



南座九月花形歌舞伎「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)」初日は大入り満員!

9月2日の初日は、午前中は学校の貸切公演だったそうです。

大入り満員で盛況だった様子です。

この日を迎えるにあたり、

東京・陽運寺では、

中村七之助と中村壱太郎が、

京都・南座新開場記念・九月花形大歌舞伎「東海道四谷怪談」

の安全祈願を行ったそうです。

千穐楽まで無事に皆さまお務められますように。

そして、盛況のうちに終えられることをお祈りします。

読んでくださり、ありがとう存じまする。