幕見席で歌舞伎を見る方法〜初心者でも安心!チケットの買い方、並ぶ時間、見え方、楽しみ方のコツ〜

歌舞伎座で手軽に歌舞伎を見る方法として、幕見席のチケットを買って見るというものがあります。

初心者でも大丈夫、実際に行くと外国の方や観光客も多いです。

今日は、幕見席のチケットの買い方、楽しく見るためのコツを紹介します。



幕見席とは何?見え方はどうなの?

歌舞伎座には、当日、一幕から見られる幕見席というものがあります。

松竹のホームページには次のような説明がされています。

「好きな幕だけをお気軽にご鑑賞いただけるのが、一幕見席。 幾度もお運びになるお客様や、歌舞伎を初めてご覧になるお客様のための、歌舞伎座ならではの人気席です。 一幕見席は歌舞伎座4階に位置しております。 全てが自由席となっており、通常公演では椅子席約90名、立見約60名、合わせて約150名の定員でございます。」~一部引用~

これを少し噛み砕いて説明しましょう。

幕見席は幾度もお運びになるお客様にもよし!

歌舞伎のチケットの値段は一番高い桟敷席で20000円、安い3階B席で4000円です。

そして、安い席はすぐに売り切れてしまうことも多いです。

なので、何度も見にくるお客様にとっては、この幕見席は好都合。

何と言っても、見たい演目だけ、見たい時にくればいいのです。

「〇〇屋」と声をかける、大向こうさんもこの席に陣取っていますよ。

幕見席は初めてご覧になるお客様にもよし!

前述のように、歌舞伎のチケットは、席によっては高くつきます。

初めてのお客様の中には、「よくわからないのに、損したくない。」

「そもそも、長い時間はかったるい。」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、幕見席は文字通り一幕から買えるので、値段や時間や内容が不安な方にとって、

お試しするにはちょうどいい価格帯です。

幕見席があるのは歌舞伎座の4階です

実は、幕見席は3階B席のすぐ後ろです。

歌舞伎座の4階に位置しています。

ですから、早めに並んで見やすい場所を取ることができれば、

見え方にも不安はありません。

ただし、混む日程や人気の演目の場合は、

立ち見となることもありますのでご注意くださいね。

前売りチケットが完売の場合は、

この幕見席にお客様が殺到することもあります。

2019年8月の「東海道州膝栗毛」では、

2時間くらい並んで、座り席が取れました。

普段は、平日なら、時間通りでも大丈夫なんですけどね。



幕見席(歌舞伎座)チケットの買い方、値段、並ぶ時間など

幕見席(歌舞伎座)チケットを買う前にチェックしておくこと

幕見席の情報は、毎月のお芝居が始まってから、

松竹のウェブサイトに、掲載されます。

演目により、一幕の長さも、値段も、売り出す時間もちがうので、

事前にチェックしてから行きましょう。

発売時間前には買うことはできません。

このチケットは、入場番号がついています。

幕見席は自由席なので、より良い条件でみたいと思えば、

早い番号を取ることが必須です。

番号を取ってしまったら、

あとは決まった集合時間まで自由です。

人気のある演目は、行列もできるようです。

時間に余裕を持っていくようにしましょう。

幕見席のチケットの買い方・値段

幕見席チケット売り場は、

歌舞伎座に向かって左側にあります。

係の方が立っているのでその指示に従って並びます。

気をつけなければいけないのは、

必ずそこにいる人でなければチケットは買えないということ。

つまり、誰かが代表で並んで、

他の人の分を買うことができないのです。

もちろん、並ぶのも同じ。

先に誰かが並んでいて途中から・・・というのはご法度。

集団で行く方は、そこのところご注意くださいね。

値段は、先にも書きましたが、演目によって違います。

大体600円~2000円。

これを通しで買うこともできます。

通しというのは、演目を続けてみることです。

全部通しで4000円なので、

3階B席と同じ金額になります。

その場合、料金はその演目ごとに加算されます。

席は、一度入ってしまえば、入れ替えの時に中に残れるので、

そこでより良い席に座り直すことも可能です。



幕見席で歌舞伎を楽しく見る方法、お役立ちツールとお食事について

幕見席観劇に役立つツール3つ

集合場所には時間ちょっと前に行っておきましょう。

中で筋書きは買えるので、

待っている間にそれを読んでお芝居の内容を予習するもよし、

歴代歌舞伎役者の展示物を見るのもよしです。

番号順に案内されたら、慌てず席を取りましょう。

できれば最前列を取れると嬉しいところです。

休憩時間中に案内されるので、

だいたい15~30分の猶予があります。

始まるまでの間は、席での飲食も大丈夫です。

幕見席で楽しく歌舞伎を見るためのマイ必須道具は、

オペラグラスと筋書きです。

歌舞伎が初めてで、よくわからないという人にとっては

イヤホンガイドもあるとよいですね。

イヤホンガイドの貸し出しも4階にあるので、

そこで借りることができますよ。

開幕まで、筋書きを読んだりオペラグラスのフォーカスを合わせて待つのです。

舞台からは最も遠い位置となりますが、

その分全体が見られますし、

オペラグラスがあれば役者の表情も見て取れますよ。

ちょこっと歌舞伎、楽しみです!

幕見席でのお食事はどうすればいい?

最後に、幕見席でのお食事についてです。

幕見席での、幕間の飲食は可能となっています。

しかし、4階には、飲み物の自動販売機だけで、

お弁当売り場はありません。

一幕見だけならば、必要なくても、

通しで見る方や、

お食事時に観劇が重なってしまった方などは、

お弁当などを持ち込むのが無難です。

座席が狭いのが難点ですが、

幕間であれば座席で食べることもできますよ。

ちなみに、未就学児童は入場できませんことも

付け加えておきますね。

幕見席は、通の方や声をかける大向こうさんも

よく利用しています。

また、初めての方や外国の方もいらっしゃいます。

色々な方が、歌舞伎をちょっと見られるのが、

幕見席の魅力です。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。