八代目大谷友右衛門(明石家)、兄は中村雀右衛門、息子は大谷廣太郎、大谷廣松。気になる家系と映画との関係

今日は、八代目大谷友右衛門を紹介します。

歌舞伎の舞台では、お殿様や貴族など、

品格のある役を演じることが多い、ベテラン役者です。

実は、この方先日紹介した五代目中村雀右衛門とは兄弟なのです。

なのに、なぜか名前、屋号が違います。

その理由は???

その前に、プロフィールを見ていきましょう。



八代目大谷友右衛門、そのプロフィールと父・弟・息子と家系の秘密

八代目大谷友右衛門 プロフィール

大谷友右衛門 本名:青木知幸(あおき ともゆき)

生年月日 1949年2月23日

父 四代目中村雀右衛門

母 青木晃子(七代目松本幸四郎の娘)

弟 五代目中村雀右衛門

息子 大谷博太郎・大谷廣松

屋号 明石家

定紋 丸十

初舞台 1959年 「勧進帳」太刀持ち役 二代目大谷廣太郎襲名

襲名 1964年 「ひと夜」 八代目大谷友右衛門襲名

家系を見ると、家族揃って歌舞伎役者ということがわかります。

しかし、なぜか父と弟の名前が違いますね・・・。

その秘密を次に書いていきます。



八代目大谷友右衛門の家系の秘密 なぜ兄弟で名前が違うの?

家系にあるように、父と弟の名前は中村雀右衛門です。

しかし祖父の名は六代目大谷友右衛門なんです。

あれ?七代目がいませんね・・・。

実は、七代目大谷友右衛門とは、父である四代目中村雀右衛門のことなのです。

ややこしいですね~~~。

本来は、大谷友右衛門の明石家が元の家なのですよ。

お父様も初めは七代目大谷友右衛門を名乗っていました。

しかし、戦争によりその運命は一転します。

1942年に徴兵を受け出征、1946年に無事に戻り、

役者として活動を再開していた時のことです。

戦死してしまった親友の母親に頼まれて、

親友が継ぐはずだったその家の名、

四代目中村雀右衛門を次ぐことになってしまったのです。

それが1955年のことでした。

実家、大谷家の名前は長男の八代目大谷友右衛門(当時二代目大谷博太郎)が

継ぐことになりました。

父はその後中村雀右衛門の名を不動のものにし、

その名が弟に引き継がれた(死去後襲名)ことから、

父・弟と違う名前の家を守ることになったのです。

ちなみに、2人の息子は現在歌舞伎役者として活躍中です。

長男が大谷博太郎、次男が大谷廣松。

若い2人の舞台にも今後は注目していきたいところです。

*中村雀右衛門については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

今日は、当代の女形の第一人者である中村雀右衛門さんをピックアップします。 この方のプロフィールが結構すごいんです。 一族ほとんど...

*大谷博太郎と大谷廣松については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

今日は、三代目大谷廣太郎、二代目大谷廣松について紹介します。 この2名も兄弟、ともに若手としての活躍が期待されている歌舞伎役者です。 ...



大谷友右衛門と映画の関係は?

もう一つ、大谷友右衛門とググると、

「映画」というキーワードが出てきます。

これは、父の七代目大谷友右衛門(四代目中村雀右衛門)のことです。

この方は、実は映画スターでもありました。

若い頃の写真を拝見すると細面の2枚目です。

1950年から1954年まで、「佐々木小次郎」を始め、

多くの映画に出演されたそうです。

だから、関連キーワードとして出てきてしまうのですね。

でも、こちらは当代の大谷友右衛門ではありません。

八代目は歌舞伎一筋です。

2枚目のお殿様、位の高い公家さまなど、

渋い魅力で舞台を引き締めてくださるベテラン役者なのです。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。