市川猿之助、プレバトで撃沈か!?俳句、盛り付けの才能査定はいかに!?見逃し要チェック

歌舞伎役者4代目市川猿之助。

澤瀉屋を牽引し、

スーパー歌舞伎Ⅱではヒットを連発させる、

歌舞伎界の超売れっ子役者です。

慶応義塾大学卒の学歴を持つ猿之助が、

「プレバト!」で俳句と盛り付けの才能査定に挑戦します。

「プレバト」に市川猿之助、参戦!俳句と盛り付けの腕に注目です。

人気芸能人には本当に才能があるのか?

専門家が査定し、ランキングもつけちゃう

MBS局放映のバラエティー番組「プレバト」。

1月30日は、歌舞伎役者市川猿之助も参戦することが

わかっています。

今回の査定は、「俳句」と「盛り付け」です。

番組サイトにはこんな情報がありました。

「俳句の才能査定ランキング」では、市川猿之助が登場し、

17音の言葉の表現力を競います。

今回のお題は「銀座での買い物」。

猿之助は幼いころから銀座にはよく通っていたといい、

「銀座のことを詠むんだから、普通に読めば1位」と余裕の表情だったそうです。

しかし、蓋を開けたら、

査定する夏井いつき先生が「点数やりすぎた」と大激怒した句が…!

「身の程知らず」と言われた“才能ナシ”芸能人はいったい誰!?

って、まさか猿之助じゃないよね??

「盛り付けの才能査定ランキング」にも俳句査定に引き続き、

市川猿之助が参戦します。

 査定するのは料理研究家の土井善晴先生。

「盛り付ける人がただ酔ってるだけやね」と辛口査定が続出!?

ということで、大丈夫か??

「プレバト」MBS局

1月30日(木)19:00~20:00

◆MC:浜田雅功

◆アシスタント:玉巻映美(MBSアナウンサー)

◆ナレーター:銀河万丈

◆ゲスト出演者:市川猿之助、小園凌央、すみれ、高田万由子、山本未來(五十音順)

◆名人・特待生:梅沢富美男、馬場裕之(ロバート)、森口瑤子(五十音順)

◆専門家ゲスト:夏井いつき(俳人)、土井善晴(料理研究家)

歌舞伎役者4代目市川猿之助のプロフィール

市川猿之助 本名:喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)

生年月日 1975年11月26日

血液型 O型

最終学歴 慶応大学文学部卒業

家系 父:市川段四郎、伯父:市川猿翁(三代目市川猿之助)、祖母:高杉早苗(女優)、従兄弟:市川中車(香川照之)

屋号 澤瀉屋

定紋 澤瀉

身長 171 cm

体重 61 kg

初お目見え 1980年「義経千本桜」安徳天皇役

襲名 二代目市川亀治郎 1983年「御目見得太閤記」禿役

四代目市川猿之助 2012年「義経千本桜」忠信実は源九郎狐役、「ヤマトタケル」ヤマトタケル役(新橋演舞場)

当たり役 「義経千本桜」忠信実は源九郎狐役

「かさね」腰元かさね役

「ヤマトタケル」ヤマトタケル役

「ワンピース」ルフィ役

叔父にあたる名優2代目市川猿翁には「華果」、

父である4代目市川段四郎にも「笑楽」という俳名があります。

猿之助自身も国文学部卒業ですから、

俳句の才能はなくもないんじゃないかな~~って思いました。

*市川猿之助についてはこちらの記事に詳しく書いています。よかったらお読みくださいね。

歌舞伎にテレビドラマに大活躍の市川猿之助を今日は紹介します。 歌舞伎界切っての知性派、細部までこだわる演技で、 観客を魅了する人...

*2月は博多座、3月は南座で上演される、スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」東京公演の様子はこちらからご覧くださいね。

令和初のスーパー歌舞伎は、スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」です。 令和元年(2019年)10月6日(日)~11月25日(月)にかけ、 ...
令和初のスーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」、 市川猿之助バージョンを観劇しました。 月並みですが、とてもとてもよかったです。 ...

「プレバト」での「俳句」「盛り付け」の才能査定はいかに?

私は、この番組は結構好きで、よく見ています。

そこに、市川猿之助が、登場となると、

ますます気になってしまいます。

2016年10月13日放映の同番組では、

堂々と才能あり第一位を勝ち取っている猿之助です。

その時の句はこちら。

*才能アリ第1位 市川猿之助 70点

「天高し 玉が飛ぶたび わく歓声」

2020年の才能査定はどうなるんでしょう?



特待生候補市川猿之助の俳句の才能は??

この日のお題は、「銀座の買い物」。

築地生まれの猿之助は、自信満々です。

そして発表です

まずは凡人、第3位。

山本未来が62点を獲得

次に才能あり、第2位。

なんと、初登場のすみれさん。

ハワイ育ちで銀座よりもアラモアナで買い物をしていたという彼女。

特待生候補の高田万由子さんと市川猿之助を残し、

才能ありは残り1席となってしまいます。

そして最下位、才能なし。

初登場、小園凌央さん。

20点というショッキングな得点。

それに対し、梅沢富美男から、

「季語が3つ!、やり直せ」と喝が入ります。

「季語が入れば入るほどいいんじゃないんですか?」

という小園に夏井先生からも、

「身の程知らず」の怒りの声が上がっちゃいました。

この時点で、

残っているのは、才能あり第1位と、凡人第4位です。

流石の猿之助の顔も、ちょっとひきつり気味でした。

そして運命の発表!

才能ありは高田万由子さん、

猿之助は、なななんと、凡人第4位の60点

「青柳や 背広仕立てて 祖父の真似」

この句に対して、

内容はいいけど、散文的すぎるんじゃない?

と夏井先生。

俳句らしい語順と、よりイメージを可視化するという点から、

添削後の作品がこちら。

「祖父を真似、仕立てる背広 柳の芽」

この意味が、

祖父を真似て、背広を仕立ててみたら、

祖父はいかにもダンディーだったが、

自分はまだ、柳の芽のような存在だな、って。

周りが、ふ〜んと唸る中で、

渋い顔の猿之助。

感想を問われて、

「俺には、自分を柳の芽に例える謙虚さはない!」。

あはははは〜

そういうところ、猿之助!おもだかやって

叫びたくなっちゃいました。



市川猿之助、盛り付けの査定は?

まずは凡人第2位、はすみれさん

続いて凡人第3位、、

市川猿之助でした。

凡人なのに思わず拍手、え、なんで?

お題は、「刺身の三種盛り」

京都の公演中(あ、あれだね)に、

役者仲間へのもてなし料理という設定だそうです。

なかなか、いい感じじゃない?

って思ったのですが、

減点理由は、季節感が合わないということ。

ウラジロというお正月飾りに、

梅という春の花を合わせたため、

せっかく春のイメージなのに、お正月に逆戻り、

ということでした。

また、マグロの付け合せに大根おろしを、

という猿之助の工夫は評価するものの、

それならば食べやすい盛り付けを、

ということでした。

こちらが、猿之助と土井先生の盛り付けの違い。

査定後、誰の作品かわかった土井先生、

「え〜〜。あの猿之助さんやろ〜??」

と、驚愕したのち

「型をしっかり守った華やかな盛り付け」

と、、、。

どっちやねん!!

と、テレビの前でツッコミ入れました。

その後、才能なしに高田万由子さん、

才能ありに梅沢富美男さん、という結果でした。

今回は、どちらも凡人だった市川猿之助。

でも、歌舞伎は、名人ですよ!

2月3月の「新版オグリ」が楽しみですね。

読んでくださり、ありがとう存じまする。