海老蔵密着ドキュメンタリー「市川海老蔵に、ござりまする2020」感想、ぼたんと勸玄の奮闘に感涙!

市川海老蔵に密着したドキュメンタリー番組、

「市川海老蔵に、ござりまする2020」が、

1月6日(月)22時より日テレ局で放映されます。

シリーズ第7弾は、成長著しい子どもたちと、

それを見守る海老蔵パパのファミリードキュメンタリーに

仕上がっているそうですよ!



「市川海老蔵に、ござりまする2020」はどういう番組?

日本テレビ局が、歌舞伎役者市川海老蔵に、

密着取材を行なったドキュメンタリー番組。

今回は第7弾だそうです。

内容は、海老蔵の子ども達の成長とそれを見守るパパ海老蔵の

ファミリードキュメンタリーになっているようです。

まずは、長女麗禾ちゃんの市川ぼたん襲名までの軌跡。

内気だった女の子が、舞踊家としての第一歩を踏み出すまで、

その成長を描いています。

そして、来年新之助を襲名する勸玄くんの奮闘記。

今年7月、親子共演で話題となった歌舞伎座公演。

なんと、父海老蔵は体調不良により、

数日間の休演という大アクシデントに見舞われます。

その時の勸玄くんの奮闘が描かれるようですよ。

5月に控えている、“襲名”という大きな節目を目前に、

海老蔵一家の一人ひとりが奮闘・成長していく様を余すところなく

伝えてくれるようです。



歌舞伎役者市川海老蔵について

もうご存知と思いますが、、、

市川海老蔵についてもちょっとご紹介しますね。

市川海老蔵のプロフィール

十一代目市川海老蔵のプロフィール

十一代目市川海老蔵:本名 堀越 寶世(ほりこし たかとし)

*2015年に 孝俊から改名

生年月日 1977年12月6日(射手座)

身長 身長176cm / 体重80kg

血液型 AB型

最終学歴 堀越高等学校

家系:祖父:十一代目市川團十郎、父:十二代目市川團十郎

叔母:市川紅梅、妹:三代目市川ぼたん(ともに日本舞踊市川流)

屋号:成田屋

定紋:三升、替紋は杏葉牡丹

襲名:

1983年 「源氏物語」春宮役(歌舞伎座)初お目見え

1985年 「外郎売」貴天坊役(歌舞伎座)七代目市川新之助襲名

2004年 「助六由縁江戸桜」花川戸助六役、「暫」鎌倉権五郎役(歌舞伎座)十一代目市川海老蔵を襲名

2020年 十三代目市川團十郎白猿を襲名することが発表

当たり役 「鳴神」鳴神上人

「源氏物語」 光源氏

「助六由縁江戸桜」花川戸助六実は曽我五郎時致

2000年ごろから、尾上松之助(現松緑)、尾上菊之助らと、

平成の三之助ブームを巻き起こし、人気スターとなる。

若い頃は豪放磊落な態度で、

ワイドショーを賑わすことも度々ありました。

「隠し子」「暴行事件」で検索すると、

当時の記事もかなり出てきます(ここでは書きません)。

2010年に、フリーキャスターの小林麻央さんと結婚。

2011年に、長女麗禾(れいか)ちゃんが誕生。

2012年に、父十二代目市川團十郎が肺炎のため死去(涙涙)。

2013年に、長男勸玄(かんげん)くんが誕生。

2017年に、妻の麻央さんが乳癌のため死去(涙涙)。

この時は、「人生で一番泣いた日です」というブログの記事が世をわかせました。

麻央さんの闘病と、海老蔵や子どもたちとのふれあいは、

当時本当にたくさんの人に励ましを与えたと記憶しています。

2019年に、自身が「十三代目市川團十郎 白猿」、勸玄君が「八代目市川新之助」

と共に襲名することが発表されました。

*市川海老蔵をもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

十一代目市川海老蔵、 日本人であれば、 その名を知らぬ方はいないんじゃないだろうか? と思える大スターです。 今日は...

市川海老蔵出演の1月の歌舞伎情報について

市川海老蔵の新春歌舞伎公演が、

新橋演舞場で1月3日(金)~25日(土)まで

上演されています。

発売から間もなく、チケットが完売という人気の舞台です。

ぼたんちゃん、勸玄くんとの共演や、

秋元康さん作のNINJAKABUKIにも注目が集まっています。

私も来週観てきますよ!

舞台の情報はこちらからどうぞ。

市川海老蔵の新春歌舞伎公演が、 新橋演舞場で1月3日(金)~25日(土)まで 上演されます。 長男の堀越勸玄、長女の市川ぼ...



「市川海老蔵で、ござりまする!2020」家を背負う家族の絆に感涙!

「市川海老蔵で、ござりまする!」は、

2019年の市川海老蔵ファミリーの挑戦と、

互いに思いやる絆が描かれていました。

「市川團十郎」という、とても重い重い名前、

その伝統を受け継ぎながらも、

今の時代に合わせて革新的なことにも挑戦する海老蔵、

その背中を見て育った子どもたちにも、

その血が流れていることを感じました。

印象に残ったことを3つ紹介します。



勸玄くん、一人でもやりきった「外郎売」

2019年5月の「外郎売」のスチール撮影、

勸玄くんのポーズに、

なんどもなんども、海老蔵からダメ出しが出ます。

がんばったのですが、涙がポロリ。

小さい子どもに対しても、妥協を許さない師としての海老蔵。

それは、自身も歩んできた道だったんですね。

海老蔵は、若い頃この名前の重さから逃げ出したことが

あるそうです。

そう、若い頃、放蕩者として知られていました。

ワイドショーを賑わせたこともなんどもありました。

それを、父團十郎さんはじっと待っていたそうです、

海老蔵が、自分で選んで舞台に戻ってくることを。

だからこそ、

その名の重さを勸玄くんにも、

身を以て感じさせようとしていたようでした。

7月の舞台では、海老蔵休演というアクシデントもありました。

海老蔵は、フル回転、

なんと、1日6時間も舞台に立ち続けたんです。

急性咽頭炎で、ダウンしてしまいます。

市川海老蔵、夜の部休演。 公演も中止、という驚きのニュース。 一体何があったのでしょう? (...

しかし、その間も、

勸玄くんは「外郎売」の舞台に立ち続けました。

周りの大人たちも褒められてましたが、

本人は、けろっとしていました。

父の楽屋を使ってご満悦だったし、

「今日は、楽だったね~」と、余裕の表情。

おまけに共演者のセリフ間違いも指摘しちゃって。

写真撮影で泣いていた姿はなかったですね。

歌舞伎を楽しんでいる6歳の天才役者。

なのに、千穐楽は納得がいかなかったとかで、

またも涙。

悔し涙の意味を海老蔵は知っていました。

経験することで、より高みへと進むことができる、

そのための涙は役者にとって必要なもの。

6歳にして役者、しかも成田屋後継、

その魂を見せつけられたように思いました。

私もその舞台を拝見しましたよ。

感想も書きました、こちらです!

7月大歌舞伎(歌舞伎座)昼の部、席が取れず、 初日は幕見の行列にくじけ、 今日そのリベンジを果たし、 観ることができました...

今年は新之助襲名ですからね。

きっともっと、張り切っちゃうことと思います。



長女麗禾ちゃん、舞踊家ぼたんとして羽ばたく

長女麗禾ちゃんは、

幼い頃からパパのような歌舞伎役者に憧れていたそうです。

しかし、歌舞伎の舞台に立てるのは、

男性だけです。

いくらお家が歌舞伎の家でもです。

海老蔵としては、

勸玄くんが歌舞伎に夢中になれるのと同じくらい、

麗禾ちゃんにも夢中になれるものに

打ち込んでもらいたいと思っているそうです。

その手伝いができるならということもあり、

舞踊家市川ぼたんの襲名舞台が実現します。

舞台上で、しっかりと口上を述べる麗禾ちゃん、

客席から大きな拍手が起こりました。

彼女は、8歳にして舞踊家の道を歩き始めたのです。

舞う姿を部隊袖からじっと見つめる海老蔵、

その目は慈愛に満ちてました。

市川家は、舞踊の家元としても名前を持っています。

海老蔵の叔母が持っていた名を妹が受け継ぎ、

妹の名を麗禾ちゃんが受け継ぐ。

代々名を継いできた家の一員に、

麗禾ちゃんもまた加わったということです。

この道も厳しいと思うけど、

ここから精進して行く将来はすごい大輪の牡丹の花が

咲くことになりますね。

どうしても次期新之助となる、

勸玄くんに注目が集まっちゃうのですが、

彼女の思いも大切に育ててあげたいなって思いました。

がんばれぼたんちゃん!!

市川海老蔵の長女麗禾ちゃんが、四代目市川ぼたん襲名を襲名しました。 7月は長男の勸玄くんが、「外郎売」を立派に務めて、 話題にな...

海老蔵ファミリー、ハワイでのバカンス

ハワイでのつかの間の楽しいバカンス、

寛ぎ、リラックスするファミリーの姿がありました。

でも、子どもたちは、パパを気遣っているんです。

「パパにはゆっくり休んでほしい。

お年寄りだから♪」

というのは長女麗禾ちゃんの言葉。

パパ、愛されていますね~~。

このバカンスの様子、

海老蔵のブログでちょいちょいあげられていて、

楽しそうだなあというのは、そちらから見ていました。

でも、麗禾ちゃんオススメでネイルに挑戦したり、

中村獅童一家と団欒したりしていたのは、

始めて見たので、貴重なシーンでした。




市川團十郎という名の重さを誰よりも知っている

海老蔵がその名を襲名するのは、

今年の5月です。

日本に戻ると、舞台舞台、そして襲名舞台・・・

おそらく、終わることのない長い長い道、

これを家族で力を合わせて歩いて行くんだなあと

思うと感涙ですよ~。

海老蔵も言っていました。

「今がいいからと喜んでいていいものではない、

常に精進するもの」

伝統と革新と、その狭間で格闘する海老蔵、

そして小さな成田屋姉弟。

このファミリーが新たな地平を開くのは、

間違いなさそうです。

2020年も熱烈応援していきます!!

市川海老蔵の新春歌舞伎公演が、 新橋演舞場で1月3日(金)~25日(土)まで 上演されます。 長男の堀越勸玄、長女の市川ぼ...

「市川海老蔵で、ござりまする!2020」

1月6日(月)日本テレビ系列局にて22時より放映

読んでくださり、ありがとう存じまする。