女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)歌舞伎のあらすじと名セリフ、仁左衛門主演作が地上波登場

女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)は、歌舞伎演目の1つです。

なんとも恐ろしい名前ですね。

近松門左衛門作の世話物作品で、1721年に人形浄瑠璃で上演されました。

その後歌舞伎化され、明治に入っての再演で人気が出た演目です。

映画化もされていますが、ここでは歌舞伎版について紹介します。

近年では片岡仁左衛門、中村勘三郎、松本幸四郎らが演じて大評判になっています。



女殺油地獄:おんなごろしあぶらのじごく 歌舞伎のあらすじ(ネタバレ注意!)

初段:野崎観音

大阪の野崎観音あたり、徳庵堤は、野崎参りをする人で賑わっています。

油商河内屋の道楽息子与兵衛は、野崎詣りに誘ったものの袖にされた遊女小菊をめぐり、

田舎客らと喧嘩騒ぎを起こす始末です。

居合わせた伯父の森右衛門に手打ちにされそうになりますが、

危うく難を逃れます。

しかし、喧嘩で着物を汚してしまい、

通りかかった同じく油商の豊島屋の女房であるお吉に

着物を洗ってもらいます。

しかし、お吉の夫である豊島屋七左衛門にその様子を見られ、

2人に何かあるのでは、、と仲を疑われてしまうのでした。

二段:河内屋

与兵衛の実家、河内屋は大阪本天満町で油商を営んでいます。

番頭を勤めるのが義父の徳兵衛です。

徳兵衛が遠慮がちなのをいいことに、

与兵衛はわがまま三昧で、家のお金にも手をつけています。

ある日、自分が店を継ぐ算段をつけようと、

妹おかちに仮病を使わせ、策を練るもののあえなくバレて失敗します。

非行をたしなめられた与兵衛は、

義父だけでなく実母にも手をあげる始末で、

とうとう勘当を言い渡されるのでした。

三段:豊島屋

懲りない与兵衛は、親の印判を不正に利用し作った借金のかたに追われています。

返済のあてもなく、困った与平は、日頃親切にしてくれる

豊島屋のお吉に借金を頼みに行くことにします。

そこで、義父と実母が、与兵衛が訪ねてきたら渡して欲しいと、

お金を預けるのを目撃します。

勘当されても、息子を心配する親心に打たれた与兵衛は、

改心しようと決めます。

しかし、借金額は、親がよこした金額をはるかに超えており、

お吉に借金を頼み込みます。

与兵衛に心を入れ替えて欲しいお吉は、

その願いを拒むのですが、

悪意にかられた与兵衛はそのお吉に刃を向けます。

店内で、逃げ惑うお吉を油まみれになりながらも殺した与兵衛は、

店の金を奪って逃げるのでした。

お吉の三五日の法要に、何食わぬ顔で現れる与兵衛。

しかし、天井から落ちてきた与兵衛の名入りの証文に、

お吉の血がついていたことから悪事がばれ

ついに捕らえられるのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お吉は、与兵衛よりも年上の美しい人妻です。

幼い子の母でもあるお吉が、

必死に命乞いをするのを聞かず、

執拗に追いかけ殺す与兵衛の残忍さは、

歌舞伎では怖いほどの美しさとして描かれます。

ストーリーは残酷なのですが、

殺しの場面の緊迫感や2人の所作の美しさが

見どころでもある演目です。



女殺油地獄の主な登場人物

河内屋与兵衛(かわちやよへえ)

油商河内屋の次男坊、世間でも評判の放蕩者。喧嘩や女遊びにうつつを抜かし、両親にも手を上げるようになったことからついに勘当される。しかし、親心に触れ、一時は改心しようとするが、借金に困って親切にしてくれる豊島屋女房お吉を殺してしまう。

豊島屋女房お吉(としまやにょうぼうおきち)

かわちやと同じ町で油商を営む豊島屋の女房。幼い3人の子がおり、気立てが良く美しい人妻。与兵衛には何かと親切にしていたが、それが仇となり命を落とす。

おさわ

与兵衛の母で、河内屋の女主人。夫である先代の徳兵衛を亡くした後、2代目の徳兵衛を夫にし、店を切り盛りしてきた。与兵衛への愛情はあるものの、あまりの非道ぶりについに勘当を言い渡す。

河内屋徳兵衛(かわちやとくべえ)

おさわの夫で、現河内屋の当主。与兵衛は義理の息子であり、甘やかしてしまった悔いがある。おさわと共に勘当するものの、その後が心配になり、お吉にお金を預けに行く。

おかち

徳兵衛とおさわの実の子で与兵衛にとっては義理の妹。家督を継ぎたい与兵衛の口車に乗せられてしまう。

小菊(こぎく)

曽根崎新地の遊女。与兵衛の馴染みで、徳庵堤の喧嘩のきっかけを作る。

豊島屋七左衛門(としまやしちざえもん)

油商豊島屋の主人でお吉の夫。ヤキモチ焼きで、お吉と与兵衛の仲を疑う。



女殺油地獄の有名なあのセリフ「不義になって・・」

女殺油の地獄には、有名なセリフがあります。

それが、

「不義になって貸してくだされ」

これは、借金をお吉に頼み込む与兵衛の口から出るセリフです。

女遊びも盛んな放蕩者与兵衛が、

年上の美しい人妻に、自分と関係を持ち金を貸してくれ、、という

なんとも都合のいい言葉。

実は、この台詞の前には、お吉のセリフがあります。

それが、

「いつぞやの野崎参り、着る物洗うて進ぜたさえ、不義したと疑われ、言いわけに幾日かかったやら、疎ましや、疎ましや。 帰られぬうち、その銭持って早う去んでくださんせ。」

というものです。

これは、

「いつかの野崎参りで、着物を洗っただけなのに、夫に不義をしたと疑われて、言いわけするのに何日もかかったのよ。いやらしい、いやらしいわ、夫が帰って来る前に、そのお金(両親が置いていったもの)を持って、帰ってくださいな。」

という意味になります。

この後に続くセリフとしてみると、

夫に不義と疑われたことを引き取って、

「だったら、不義になっていいからお金貸してよ。」

みたいなノリなのかなって思います。

それにしても、この場面を実際にみると、

結構セクシーな空気なんですよね。

超えるか超えないか、、、的な。

でも設定としては、お吉は幼い子を3人も抱えていて、

いくらかわいいボンボンでもそこまでの存在とは見ていないんじゃないかなって

私は思いました。

まあ、どうなんでしょうかね~。

お芝居を観る方の主観でとらえていいんじゃないかなって思います。

ここも名シーンであるので、

ぜひ、お芝居でもシネマ歌舞伎でも、

しっかり観て欲しいところです。



女殺油地獄、仁左衛門版が地上波登場

「女殺油地獄」この作品はシネマ歌舞伎にもなっています。

与兵衛を片岡仁左衛門さんが演じたバージョンと、

松本幸四郎さんが演じたバージョンです。

松本幸四郎さんバージョンは、2019年の秋に東京国際映画祭にも出品され、

話題になりました。

この作品は、シネマとして作っているため、

実際の芝居のシーンと、シネマ撮影用の特別な演出が

臨場感ある凄みのある作品に仕上がっていると思いました。

10月28日、東京国際映画祭のオープニングセレモニーに、 歌舞伎役者松本幸四郎が出席し、レッドカーペットを歩く姿が 報じられまし...

片岡仁左衛門さんバージョンは、

実際に歌舞伎座で上演されたお芝居を撮影したもののようです。

仁左衛門さんは、2009年の6月の舞台で、

「一世一代」と銘打ち、この作品を務めた後は、

与兵衛役からは退いてしまいました。

ご本人曰く、この役に必要な若さ、というものを鑑みての決断だったそうです。

御齢75になっても色気ある流し目にクラクラしてしまいます。 十五代目片岡仁左衛門、稀代の2枚目スターです。 本名の孝夫の方が馴染...

その作品が、1月31日のEテレ局「古典芸能への招待」で

放映されるというニュースを聞きました。

これは絶対見なきゃ!!のレベルです。

見たら、感想なども書いちゃおうかなって思っています。

理不尽な残酷な殺しの演目ですけど、

歌舞伎の舞台としては見所のある名作なのです。

「女殺油地獄」、ご覧になってはいかがでしょう。

読んでくださり、ありがとう存じまする。