中村勘九郎(六代目)の妻前田愛の献身と可愛い息子たち、プロフィールと家系、いだてんで見せる真っ直ぐさが名門中村屋を盛り立てる

六代目中村勘九郎、現在はNHK大河ドラマ「いだてん」の

金栗四三役のイメージが強いですが、

歌舞伎役者で、名門中村屋の若き当主でもあります。

今日は、その中村勘九郎について紹介していきますね。



六代目中村勘九郎とはどういう人? 勘九郎のプロフィール

まずは、プロフィールを見ていきましょう。

六代目中村勘九郎のプロフィール

六代目中村勘九郎:本名 波野 雅行(なみの まさゆき)

生年月日 1981年10月31日

血液型 O型

身長 174cm 、体重64kg

出身地 東京

家系 祖父:十七代目中村勘三郎、父:十八代目中村勘三郎、弟:二代目中村七之助

息子 三代目中村勘太郎(長男)、二代目中村長三郎(次男)

屋号 中村屋

定紋 角切り銀杏

襲名歴

1986年 「盛綱陣屋」の小三郎役で初お目見え(歌舞伎座)

1987年 「門出二人桃太郎」の兄の桃太郎役として二代目中村勘太郎襲名し初舞台(歌舞伎座)

2012年 「春興鏡獅子」小姓弥生後に獅子の精役他で六代目中村勘九郎を襲名(新橋演舞場)

私にとっては、幼い頃からテレビのドキュメンタリー番組で、見てきた勘太郎ちゃん。

ここ何年かは、父譲りの演技力でドラマや歌舞伎での活躍が楽しみな、

歌舞伎役者に成長してきました。

現在は、「いだてん」での好演をテレビの前で楽しむ日々。

早く、歌舞伎の舞台に戻ってきて~~と待ち望んでいるのです。



六代目中村勘九郎の家系は? 父は名優勘三郎、弟は七之助

2月にNHKで放映された、「ファミリーヒストリー」に、

家系については詳しく書かせていただきました。

*ファミリーヒストリーについてはこちらからもお読みいただけます。

歌舞伎俳優、六代目中村勘九郎。 NHK大河小説「いだてん」の主人公として、 日曜夜のお茶の間の顔でもあります。 私からする...

ここでは、流れと全体像のみ紹介しますね。

まず、父方の家系から。

祖父が十七代目中村勘三郎、昭和の名優でした。

父が、十八代目中村勘三郎、惜しまれつつ2012年、

勘九郎を襲名した年にご逝去されています。

私もとっても悲しいし、今でも舞台に勘三郎の姿を探してしまいます。

そして弟が二代目中村七之助。

その美しさからプリンスと呼ばれることもあり、現在は、2人で中村屋を盛り立てているところです。

*中村七之助については、こちらからもお読みいただけます。

二代目中村七之助が、3月に行った全国各地での舞踊公演の様子が、 NHK Eテレの「にっぽんの芸能」で放映されました。 その番組の...

母方の家系です。

祖父が七代目中村芝翫、この方もやはり名優の誉れ高き方でした。

その息子、叔父にあたるのが、九代目中村福助と八代目中村芝翫です。

つまり女優の三田寛子さんは、おばさまということになりますね。

中村屋と成駒屋は親戚筋であり、

歌舞伎界でも格が高い家柄でもあります。

*お家の屋号と格付けについては、こちらからもお読みいただけます。

歌舞伎を観に行くと、家の名前や役の格付けなど、 どういう構図になっているのかな? って思う方も多いと思います。 今日は、歌...

*九代目中村福助については、こちらからもお読みいただけます。

九代目中村福助、平成最後の歌舞伎座で、「令和」を交えた台詞が話題です。 昨年(2018年9月)に4年余りの闘病生活から舞台復帰を果たし...



六代目中村勘九郎の家族は? でき妻前田愛と可愛い息子たち

さて、勘九郎の家族に戻ります。

勘九郎は、4人家族です。

妻は女優の前田愛さん。

この方、後ほど触れますが、梨園の妻の中でも

とってもできた方として評判が高いのです。

2人の馴れ初めは、ドラマでの共演だそうです。

2001年放映の「光の帝国」というドラマ、

私は見ていないんでよくわかりませんが、

当時、勘九郎は19歳、愛さんは17歳だったそうです。

その頃から、交際が始まるのですが、

勘九郎は、早く愛さんが大学を出てくれないかなあと、

結婚する日を待ち望んでいたそうですよ。

愛さんはそんなことはつゆ知らず、、、

第一印象は、「変な人」と語ってました。

なんでも、タンクトップを着ていたからとか・・・。

ある意味規格外だからね~、勘九郎さん。

晴れて2009年にご結婚、

この時は勘三郎さんもお元気で、結婚式では上機嫌だったそうです。

ここで、献身妻のいわれについても触れておきましょう。

なんでも年末の家族の食事会で、

恒例の祖母(故七代目芝翫さんの奥様)を

甲斐甲斐しくお世話する姿が目撃されなのだそうです。

それだけ?じゃないですよ。

勘九郎が歌舞伎に出演するときは、

劇場でご贔屓様に常に頭を下げ、謙虚に接している。

勘九郎は鍵を持たずに外出するので、

どんなに夜遅くなっても、鍵を開けて待っている。

「いだてん」出演の話が上がったとき、

マラソンランナーらしいボディ改造をサポートしたのも

愛さんの内助の功と言われています。

歌舞伎役者の妻の務めは重労働と言われますが、

本当に素晴らしい、立派だと思いますよ。

次に2人の可愛い息子さんについてです。

2011年2月に長男の七緒八(なおや)くん、

2013年5月に次男の哲之(のりゆき)くんが誕生しています。

父としてもとても息子を可愛がっているんですって。

この2人が2017年にそれぞれ勘太郎、長三郎を襲名したのですが、

その舞台も心温まるほのぼのしたものでしたよ。

*勘太郎くん、長三郎くんの襲名舞台についてはこちらからもお読みいただけます。

も~もたろさん、ももたろさん♫で始まる童謡「桃太郎」。 この「桃太郎」には、今や人気上昇中の 六代目中村勘九郎、その息子、父、弟...

そして、そして、

つい先ほど、8月の歌舞伎座の演目と主な配役が発表となりました。

この中に、中村七之助・中村勘太郎・中村長三郎の

名がありました!!!

おまけに大好きな玉さまも・・・。

これは三部全て行かなきゃって鼻息荒く思っているところです。



六代目中村勘九郎 いだてんは視聴率は低迷なれど、勘九郎の魅力は健在、若き中村屋の当代!

2018年に大河ドラマ「いだてん」の制作発表は大きな話題になりました。

初回こそまずまずの視聴率だったものの、

その後どんどん下がり続け、1桁台を低迷しているところだそう。

勘九郎は、このドラマの前半部分、

無骨な田舎者でマラソン狂の金栗四三を好演しています。

低迷の理由として、

地味だとか戦闘シーンがないとか、時代が行ったり来たりしてわかりづらいとか、

色々あるようです。

豪華出演メンバーの中でも、確かに勘九郎は地味です。

でも、そういう役なんだと思うんですよ。

地味で不器用で誠実で、そういう役をまんま演じられるのが、

中村勘九郎の良さだと私は思っています。

彼の評価で必ず出てくる言葉が、

「謙虚」「真面目」「努力家」です。

花形役者で、これだけ言われる方はそうそういないんじゃないかしら。

父の勘三郎は、華があったから、それとも比べられちゃうのかなあ。

しかし、きっと彼は大ブレイクします。

今以上の役者になると思います。

中村屋という大きな家を、父から引き継いだ時。

京都南座の襲名披露の口上の名セリフがあります。

「父を、中村勘三郎を忘れないでください」

思い出すだけで涙が出てくるシーンです。

勘三郎の芸と自身が積み上げた芸が、

勘九郎が見せる芝居の中にはあるんですよ。

最近、ドラマのせいか歌舞伎でお姿を観る機会が少ないので、

早く舞台に戻って来てほしいものです。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。