歌舞伎役者の屋号と格付け、その妻の格付けはどうなる?今格付けが高い役者は誰?

歌舞伎を観に行くと、家の名前や役の格付けなど、

どういう構図になっているのかな?

って思う方も多いと思います。

今日は、歌舞伎のお家と、格付けについて紹介します。



歌舞伎の家、屋号とは何か

400年の歴史を誇る伝統芸能である歌舞伎。

それを支えているのが、約300人と数えられる歌舞伎役者さんたちです。

彼らが所属する家(一門)にはそれぞれ屋号があるのですが、

それは江戸時代の身分差別の名残があります。

武士以外は名字を持つことが許されなかったため、

大きな商店や農家に倣って、

役者も○○屋という屋号をつけたのではないかと

言われているそうです。

その先駆けとなったのが、

市川海老蔵でおなじみの「成田屋」です。

これは、市川家が成田山を信仰していたことからきたと言われています。

お家の芸という言葉もありますが、

芸だけでなく、役者の名前も、その家の中で代々受け継がれて行くものです。

実際に子がいない場合は、養子をとって名を継がせることも

少なくはありません。

現在の役者でいえば、

中村吉右衛門、坂東玉三郎の名は、

家養子になり受け継いだものです。

この家は、現在も100ほど存在しているそうです。

そのうち私がわかるのは20あまりです。

つまり、たくさんの屋号・家があるにも関わらず、

名が通っているものはその一部と考えられます。

それは、家や名前の格付けが原因だと思います。

では、現存する屋号の中から大きなものを3つご紹介しましょう。



「成田屋」「音羽屋」「中村屋」の3つは押さえたい屋号

「成田屋」の名前の由来は成田山新勝寺

まずは、当代の人気役者、市川海老蔵の屋号である「成田屋」を紹介します。

江戸時代の人気役者であった初代市川團十郎が、

子宝に恵まれなかったことから、

成田山新勝寺へ祈願したところ子宝に恵まれるということがありました。

加えて、芝居で「成田不動明王山」を上演し人気になったことから、

「成田屋」という屋号を使うようになったそうです。

この名は、300年以上続く伝統ある名ということで、

現在でも「成田屋」は非常に格の高い家柄ということになっています。

その後も、市川家の成田山信仰は有名で、

毎年節分には、必ず海老蔵が来て豆を撒く姿を見せています。

2020年に海老蔵が團十郎を襲名したら、

人気、格、ともにトップクラスの役者になるかもしれません。

*成田屋の当代、市川海老蔵については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

十一代目市川海老蔵、 日本人であれば、 その名を知らぬ方はいないんじゃないだろうか? と思える大スターです。 今日は...

「音羽屋」の由来は京都の名跡から

続いては、尾上菊五郎でおなじみの「音羽屋」です。

菊五郎というと、弁天小僧、いがみの権太、と

関東系の役者のイメージがあります。

実際、現在の拠点は東京なのですが、

「音羽屋」の由来は京都にあるのだそうです。

初代尾上菊五郎の父の生まれが、

京都・東山の清水寺に近い場所にあったことから、

清水寺の「音羽の滝」から名前を取り「音羽屋」と名乗ったと言われています。

実は、「音羽屋」には、尾上筋ともう一つ、

坂東彦三郎の家も含まれます。

これは、曽祖父の6代目坂東彦三郎が、

五代目尾上菊五郎の血を引いていることと

関係があるのではないかと考えます。

現在、直接的な関係はあまり見られませんが、

名前同士が繋がっていつというのも面白いですね。

*音羽屋の当代、尾上菊五郎については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

歌舞伎界の大スター、七代目尾上菊五郎について紹介します。 歌舞伎界を牽引する重鎮としての存在感は比べようがありません。 若い頃の...

*尾上菊之助については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

先日、徹子の部屋に出演された、歌舞伎役者五代目尾上菊之助。 襲名を控えた息子、和史君との共演は、微笑ましく、 さすがの徹子さんも...

「中村屋」、実は復活した名門の名前

六代目中村勘九郎、二代目中村七之助の家です。

この名は、江戸時代よりしばし途絶えていた名前でした。

江戸時代は、江戸三座と言われる芝居小屋があり、

その一つが中村座、当時の人気役者中村勘三郎が座頭を務める小屋でした。

しかし、1895年に十三代目中村勘三郎が没してから、

その名を実際に継ぐ者のいない預かり名跡となってしまいました。

それを復活させたのが、勘九郎の祖父である十七代目中村勘三郎です。

伝統のある名ですが、実際には、

1950年に再興された新しい名でもあります。

*中村屋については、こちらのまとめ記事をよかったらお読みくださいね。

いだてんで活躍中の中村勘九郎、 納涼歌舞伎、花形歌舞伎と大役に挑戦中の中村七之助。 名門中村屋を背負って立つ兄弟が、 10...

*中村屋の歴史については、こちらの記事も参考になさってください。

NHKファミリーヒストリーに見る、 六代目中村勘九郎の家族の歴史、その2です。 いよいよ、人間国宝「十七代目 中村勘三郎」の登場...



歌舞伎の家に格付けがあるって本当?

次に、その家の格付けについて紹介していきます。

名前や家にも格付けがあり、

高い位置にある家や名前の役者は、

大きな役をもらえたり、看板でも上の方に名前が載ったりしています。

講演料もこの格付けによるそうです。

先の市川海老蔵、つまり市川團十郎の家が、

その中でも最も高い格を誇ります。

江戸時代、新しいものを取り入れ、革新的な流れを吹き込んだ

市川團十郎の芸が江戸の評判となり、

これこそ歌舞伎だ~~みたいな流れからそうなったようです。

ただし、團十郎不在の今、

市川海老蔵が格上かというとそうではなく、

重鎮たる大物役者に軍配は上がるようです。

次いで名家と言われるのは、尾上菊五郎率いる音羽屋。

その名の由来は京都にあります。

初代尾上菊五郎の父の生まれが、京都の東山の清水寺の近くだったことから、

音羽の滝にちなんでつけられた屋号だということです。

歌舞伎公演で「団菊祭」というものがありますが、

これはまさに市川家と尾上家が座頭を務める公演のこと。

それだけでも、この家の格の高さが伺えます。

もう1つ、江戸三座の流れを引く「中村屋」も大きな名前です。

ただし、こちらも勘三郎不在の現在、六代目勘九郎では大御所には及ばず、

というところもあるようです。

名前に加えて、役者の器も格付けには関連しているのですね。

歌舞伎のポスターから見る役者の核づけ

格付けを決めるは、家(名前)と年齢(経験)。

先にも書きましたが、格付けで演じる役も違います。

家の芸として、女形とか悪人とか二枚目とかもありますが、

主役級の役はやはり限られています。

座頭として名前を出せる方はさらに限られています。



人気役者は格付けが高いの?

有り体に言ってしまえば、人気だけでは格が高いとは言い切れません。

先の、市川海老蔵は当代きっての人気者です。

家の名も高いですが、まだ若輩者という域からは、

出られていない現状があります。

来年、團十郎の名跡を継ぐ予定になってはいますが、

その器にふさわしいと認められるまでは、

名前の格が高くても、人気があっても、

一番ではないでしょう。

他に人気役者といえば、市川猿之助がいます。

市川の澤瀉屋は、市川團十郎家の筋を引いてはいますが、

二代目段四郎の時代に破門になったという経緯があったらしく、

同じ市川でも格は下がります。

他の人気役者も同様です。

ただ、人気があればそれだけ公演チケットも売れますし、

お客様も盛り上がりますから、

格付けが最上位ではなくとも、舞台でのお役は回ってくるのではないかと考えます。

もちろん、家の名前は影響してきますけどね。

誰が高いとか、どの家が高いとか、

詳しくは私は説明できませんが、

歌舞伎座のポスターを見るとなんとなくわかると思います。

こちらは5月「團菊祭」のポスターです。

上段に顔が出ているのはお二人、

7代目尾上菊五郎と二代目中村吉右衛門です。

成田屋当主の市川海老蔵は上から3段目。

三之助が並んでいるところの中心です。

このうち、尾上松緑も音羽屋の一人ですが、

尾上松緑の家では筆頭です。

まだ若いということでこの位置なのかな〜と思って見ていました。

2段目には、大御所から実力者までが並んでいます。

この中に、市川右團次を発見してちょっと驚きました。

右近のままだったら、この位置はないだろうな〜。

やはり、この家の名を継いだということは

ビッグになりましたよってことなのかもしれないです。

そんなあれやこれやの推測も、

歌舞伎座のポスターからはできてしまいます。



今格付けが高い役者って誰?

今一番高いのは、俳優協会会長の坂田藤十郎と言われています。

おそらく講演料は最も高く、楽屋も一番いい部屋をあてがわれるということです。

ご高齢のため、頻繁に舞台に立つということはないそうなので、

現実的に今の時代のトップというよりは象徴的な存在ということです。

じゃあ、現実にトップクラスと言えるのは誰かというと、

・七代目尾上菊五郎(音羽屋当主)

・二代目松本白鸚(高麗屋当主)

・十五代目片岡仁左衛門(松嶋屋当主)

・二代目中村吉右衛門(播磨屋当主)

の名前があがるそうです。

納得です。

重鎮の皆様方、どなたも舞台ではオーラ輝きまくりです。

次に上がるとしたら、中村梅玉ということですが、

私としては、坂東玉三郎を入れたいなあ~~。

まあ、玉三郎は梨園の出ではないこともあるから、

人気はピカイチだけど格はそこまで上がらないのかもしれません。

家の名で、出世も役も決まる、厳しい世界ですね。



役者の妻にも格付けがあるの?三田寛子、藤原紀香は?

最後にちょっと下世話ですが、

妻の格付けについても触れておきます。

役者の妻というと、芸能人から嫁いだ方もいらっしゃいます。

最近では、片岡愛之助と結婚した藤原紀香。

中村勘九郎と結婚した前田愛。

そして、中村芝翫(当時橋之助)と結婚した三田寛子。

この3人の中でも格付けがあるのだそうです。

トップは群を抜いて三田寛子。

中村芝翫のお家は名門ですから。

前田愛の中村屋も名門ですが、なんせ、まだ勘九郎が若すぎる。

残念ながら、藤原紀香は歌舞伎役者の妻としては、

かなり下のランクに位置づけられます。

片岡愛之助の名前自体が高くないことが一番の要因です。

じゃあトップは誰かというと、役者の格付けの通り、

坂田藤十郎の奥方である扇千景さんだそうです。

その次が人間国宝になっている役者の奥方たち。

尾上菊五郎夫人の富司純子さん。

中村吉右衛門夫人の知左さん。

片岡仁左衛門夫人の弘恵さん。

そこに続くのも、夫に倣えのようです。

妻の世界も厳しいですね。



歌舞伎大好き歌舞伎ストとしては、

自分の好きな役者さんがなんといっても一番。

好きな演目の役が二番。

家の格付けにはこだわりませんが、

家によって役が決まるのだけがちょっと残念かな。

だから、若手役者は自主勉強会の場を作って、

様々なお役に挑戦しています。

そういうものを観に行くのも楽しみの1つにできますよ。

今日も読んでくださり、ありがとう存じまする。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする