中村吉右衛門、9月秀山祭休演、19日から復帰!急遽の代役、松本幸四郎と尾上松緑に称賛の声(追記あり)

歌舞伎座9月秀山祭、中村吉右衛門が体調不良のため、

休演というニュースが16日に流れ、

多くのファンが心配しているところです。

17日20時現在、18日の休演も発表されたところです。



中村吉右衛門、9月秀山祭歌舞伎を休演。その理由は?

歌舞伎座9月秀山祭歌舞伎で、

座頭として芝居を引っ張っていた中村吉右衛門。

16日に急遽流れたニュースが、

体調不良のため休演ということでした。

詳しいことはわからないなりに調べたところ、

*40度の発熱。

*病院で点滴治療後、自宅療養をしている。

*熱を押しても舞台に立ちたいとおっしゃっている。

*体調を見て舞台復帰を考えている。

*代役は、昼の部の「沼津」十兵衛役は松本幸四郎が、

夜の部「寺子屋」松王丸役は尾上松緑が引き続き務める。

公演自体を降板するということではないようなので、

体調を見ての舞台復帰の方向で静養していると

思われます。

「秀山祭」は、吉右衛門の養父である

初代中村吉右衛門の俳名「秀山」を冠した興行で、

今年で12回目を迎えます。

初代の功績をたたえ、芸の継承を志す興行として、

「命を懸けてこれまでやってきた。100歳まで続けたい。それが僕の天職、天命」

などと並々ならぬ意気込みを見せていました。

それだけに、ご本人の悔しさが慮られます。

*中村吉右衛門についてはこちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

現在の歌舞伎界を牽引する大御所のお一人、 二代目中村吉右衛門について紹介します。 5月團菊祭で、襲名を果たした七代目尾上丑之助の...



中村吉右衛門、代役の松本幸四郎、尾上松緑に賞賛の声

中村吉右衛門は、この秀山祭歌舞伎で、

昼の部は「沼津」の 呉服屋十兵衛役、

夜の部は「菅原伝授手習鑑 寺子屋」の 松王丸役を

好演していました。

私は、吉右衛門休演前日の15日に昼の部を観劇してきたばかり、

その、迫真に迫る演技に感動したところです。

*昼の部の感想については、こちらに書いていますので、よかったらお読みくださいね。

歌舞伎座の9月秀山祭歌舞伎、昼の部を観に行って来ました。 古典の名作を、役者迫真の演技で楽しめた、 噂に違わぬ、充実した舞台でし...

その翌日に、休演のニュース。

本当にびっくりしました。

この2役の代役として、

「沼津」十兵衛役を松本幸四郎が、

「寺子屋」松王丸役を尾上松緑が、務めています。

今回の布陣を見ると、

この2人は適役かと思います。

松本幸四郎は、父の松本白鸚、伯父の中村吉右衛門が演じる

十兵衛役を間近に見ており、その役の性格やしどころを、

肌身で感じ取っている役者です。

初役であり、また同じく昼の部の「幡随院長兵衛」の長兵衛役、

夜の部の「寺子屋」の源蔵役、「勧進帳」は弁慶と冨樫という、

かなりの大役をも務めているので、

演技よりもその体力の方が案じられます。

とはいえ、

秀山祭の意味を十分に理解し、

先輩の芸を吸収することに貪欲なので、

きっとやり切れると信じているところです。

尾上松緑は、松王丸役は今までも務めてきました。

とはいえ、音羽屋と播磨屋では、

芸風が違うところもあるとのこと。

しかし、播磨屋の型を変えずに演じたそうです。

そういうところに、松緑の義理堅さと、

先輩を敬い、舞台を第一に考える姿勢が垣間見え、

感動しているところです。

SNSに流れてくるコメントは、

幸四郎の十兵衛、松緑の松王丸、

ともに上出来ということで、

賞賛の声が多いです。

これからを背負う次代の幹部たちが、

大黒柱が抜けた後を、

しっかり代わって支えていることにも感動しています。

*秀山祭歌舞伎、夜の部についてはこちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

歌舞伎座の9月秀山祭歌舞伎、夜の部を観に行って来ました。 噂に違わぬ、名優の共演と、中堅・若手のチャレンジが心に残る、 とても素...



今年、休演した役者と復活した役者

ちょっと話は逸れますが・・・。

恒例の役者も多い今、体調を崩して舞台をやむなく休演した役者は、

他にもいます。

今年だけでも

1月12日 坂東竹三郎が体調不良のため、「壽 初春大歌舞伎」を休演。

代役は、中村梅花

5月10日 坂東楽善体調不良のため「團菊祭五月大歌舞伎」を休演

代役は、片岡市蔵、片岡亀蔵

6月3日 市川左團次が体調不良のため、博多座「六月博多座大歌舞伎」を休演。

代役は、尾上松緑、坂東彦三郎

*市川左團次は、こちらにも記事を書いていますので、よかったらお読みくださいね。

今日は、歌舞伎界重鎮であり、破天荒な言動でも話題の四代目市川左團次を紹介します。 御年すでに79歳となるわりには、遊び心を忘れず、 ...

7月15日 市川海老蔵が体調不良のため、「七月大歌舞伎」を休演。

15日、16日、18日の夜の部は中止。

16日~18日の昼の部の代役は、市川右團次

外郎売を、幼い長男の堀越勸玄くんが務め切ったことが話題になりました。

*市川海老蔵休演については、こちらに書いていますので、よかったらお読みください。

市川海老蔵、夜の部休演。 公演も中止、という驚きのニュース。 一体何があったのでしょう? (...

9月   片岡松之助が体調不良のため、「9月秀山祭歌舞伎」を休演。

代役は、嵐橘三郎

と、複数の役者が舞台途中で休演をしています。

代役を務める役者は、日頃から研鑽を積んでいるため、

急遽のお役もこなせるのだ、と

伝統芸能の強さを感じています。

ここに書かれた方は、ほぼ次の舞台では復帰されています。

一方、休演から復帰した方もいらっしゃいます。

片岡我當、澤村藤十郎(トークで)、中村福助などです。

それはとても嬉しいのですよ。

*復帰した役者については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

六月に体調不良で舞台を休演した市川左團次が、 七月歌舞伎座で復活しました。 大阪松竹座では、片岡我當が約5年ぶりに舞台復帰! ...



歌舞伎役者は重労働、市川海老蔵は働き方改革をと・・・。

歌舞伎役者の仕事は、大変な重労働だそうです。

昼夜通しの芝居のこともありますし、

1回幕を上げると、

千穐楽まで約25日間、休みなしです。

重い鬘や衣装、小道具を持ち、

全身を使っての訴える演技、劇場中に響く声、

生身の人間がこれだけのことをやるってすごいことだと

毎回思って感動しています。

こちらは、片岡孝太郎のブログです。

これを読むと、片岡仁左衛門が弁慶を演じることへの思いに加え、

高齢の役者が身を削って演技に打ち込む姿も描かれていました。

一部抜粋します。

そんな父ですから

弁慶終演後は毎回動けなくなる程

体力も気力も全力投球しています。

現白鸚のお兄さんでも数年前?

弁慶終演後花道から圧縮酸素を吸いながら

戻ってらっしゃるのを拝見した様な…

重労働ということで、

市川海老蔵が7月に「働き方改革」について

提言したことも記憶に新しいところです。

役者一人一人が、工夫しながらの体調管理をしているおかげで、

私たちは、素晴らしい舞台を観ることができているのを

忘れないようにしたいと思います。

今後は、大幹部の出番は貴重になっていくとも思います。

出来うる限り、劇場に足を運び、

しっかり、その演技を目に焼きつけたいものです。

*市川左團次休演と、歌舞伎役者の体調管理については、こちらにも書いています。よかったらお読みください。

博多座の6月第歌舞伎に出演していた 市川左團次さんが休演というニュースを聞きました。 お元気に見えても、78歳のご高齢です。 ...

中村吉右衛門、19日より舞台復帰!

中村吉右衛門が、19日より、昼夜の舞台に復帰するそうです。

松竹から、次のような発表がありました。

歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」の昼の部『沼津』(ぬまづ)の呉服屋十兵衛(ごふくやじゅうべえ)、夜の部『寺子屋』(てらこや)の松王丸(まつおうまる)に出演の中村吉右衛門は、体調不良のため、9月16日(月・祝)より舞台を休演しておりましたが、体調が回復し、明日9月19日(木)公演より舞台に復帰させていただくことになりました。
明日より、昼の部、夜の部とも下記の通りにて上演いたします。

皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしましたこと、お詫び申し上げます。

■歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」
【9月19日(木)以降の公演】
※中村吉右衛門が復帰し、昼の部『沼津』、夜の部『寺子屋』ともに、通常通りの配役にて上演いたします。

〜松竹サイトより引用〜

ひと安心ですね。

19日の昼の部「沼津」では、

花道から登場したおりには、

客席から「おかえりなさい!播磨屋」の掛け声とともに

大きな拍手が起きたそうです。

劇中の口上では、

「秀山祭でありながら、鬼のかく乱で3日間ほど休んでしまい、深く深くお詫び申し訳ありません」

と謝罪の言葉も口にしたそうです。

何はともあれ、お元気になられてよかったよかった。

また情報が入ったら追記していきますね。

読んでくださり、ありがとう存じまする。