中村芝翫の家系図は息子も兄弟も歌舞伎役者の名門成駒屋

中村芝翫(なかむらしかん)さんは、歌舞伎の名門成駒屋の歌舞伎役者です。

奥様の三田寛子さんとの間の3人の息子も、兄弟も、歌舞伎役者やゆかりある人たちです。

父は7代目中村芝翫さん、女形として名優と言われた方なんです。

そんな、名門成駒屋についてと中村芝翫という役者について紹介します。

この投稿をInstagramで見る

中村福之助(@fukunosuke.official)がシェアした投稿



中村芝翫の家系図、芝翫は名優の名前

中村芝翫さんは成駒屋の一門で、

家系図を辿ると他のお家の役者さんたちとも縁戚関係があることがわかります。

父が7代目中村芝翫、祖父が5代目中村福助です。

伝説の女形と言われる6代目中村歌右衛門が、祖父の弟だったんですね。

そこから、成駒屋、加賀屋と2つのお家に分かれていきます。

横を見ていくと、兄は9代目中村福助、姉が18代目中村勘三郎の妻の好江さん。

ということで、中村屋とも繋がりのあるお家なのです。

ここでは、祖父の7代目中村芝翫さんと当代の中村芝翫さんのプロフィールを紹介します。

7代目中村芝翫について

7代目中村芝翫のプロフィール

7代目中村芝翫 本名:中村眞喜雄(なかむらまきお) → 中村榮次郎亜(なかむらえいじろう)へ改名

生没年月日:1928年3月11日生~2011年10月10日(享年83歳)

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

家系 父:5代目中村福助、子:9代目中村福助、8代目中村橋之助、舞踊家2代目中村梅彌、波野好江(中村勘三郎の妻)

芸歴

1933年 「桐一葉」女童役で4代目中村児太郎を名乗り初舞台(歌舞伎座)

1941年 「戻駕色相肩」禿たより役、「仮名手本忠臣蔵」戸浪役で7代目中村福助を襲名(歌舞伎座)

1967年 「野崎村」お光役、「助六由縁江戸櫻」揚巻役で7代目中村芝翫を襲名(歌舞伎座)

1996年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定

1999年 勲三等瑞宝章

2006年 文化功労者

2008年 日本俳優協会の会長に就任

20011年 正四位、旭日重光章を追贈される

当たり役:数が多いので厳選します

「仮名手本忠臣蔵」顔世御前、お軽、戸無瀬役

「菅原伝授手習鑑」戸浪、千代役

「本朝廿四孝」濡衣・八重垣姫役

「京鹿子娘道成寺」白拍子花子役

など(若衆や立ち役も務めた)

5歳の時に父を亡くし、祖父5代目歌右衛門の元修行をしてきたが、

その祖父も12歳の時に死去。

その時に、周囲の扱いが坊ちゃんから小僧へ変わったことを

鮮明に覚えていると言っていました。

その後家族には恵まれて、4人の子、12人の孫、1人の曽孫を得る大家族の当主にもなりました。

その曽孫が、中村勘太郎くん、生まれていれば中村長三郎くんもそうですね。

歌舞伎役者としては女形としての芸を磨き、古風な面持ちで古典の役で

印象的な演技を次々と見せ、女形の頂上にまで上り詰め、

日本俳優協会の会長を務めるほどに出世した方です。

のちの若手への指導も熱心で、現在活躍している女形役者を教えていました。

特に、息子の中村福助さん、甥の中村七之助さんらがその薫陶を受けたということです。

趣味は競馬ということで自分の葬儀の時には花を棺桶に入れるなと言葉を遺し、

家族が折り紙で馬を折っていれたという逸話も残っています。

2011年、9月の新橋演舞場での舞台(口上と沓手鳥孤城落月の淀君)を最後に、

10月10日肝不全のため順天堂大学病院にて死去。

この時、長男の中村福助さんは御園座(名古屋)から戻ってきたものの、

次男の中村橋之助(8代目中村芝翫)さんは南座(京都)にいたため臨終に間に合わなかった。

妻の三田寛子さんが病室から携帯電話でつないだそうです。

その関係で、本葬が行われたのはその公演が終わってから10月27日に青山葬儀所で行なわれました。

83歳、もう少し舞台を観たかったなというところでした。

私がよく観ていた頃は、恰幅がよく、女形でしたが舞台映えする方だと思っていました。

綺麗かどうかは別として(ごめんなさい!)、

品があり言葉の端々に心情をのぞかせる素晴らしい役者だなあとおもっていました。



8代目中村芝翫について

八代目中村芝翫プロフィール

中村芝翫 本名:中村 幸二(なかむら こうじ)

生年月日 1965年8月31日

身長 178cm

学歴 青山学院中等部卒業

家系

父:七代目中村芝翫、長男:四代目中村橋之助、次男:三代目中村福之助、三男:四代目中村歌之助、

兄:九代目中村福助、姉:二代目中村梅彌(舞踊家)、姉:波野好江(十八代目中村勘三郎夫人)、

甥:六代目中村児太郎、九代目中村勘九郎、二代目中村七之助

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

襲名歴

1970年 「柳影沢蛍火(やなぎかげ さわの ほたるび)」の吉松君で、本名の中村幸二を名乗って初舞台(国立劇場)

1980年 「沓手鳥孤城落月(ほととぎす こじょうの らくげつ)」の裸武者石川銀八ほかで、三代目中村橋之助を襲名(歌舞伎座)

2016年 「極付幡随長兵衛」の幡随院長兵衛、「祝勢揃壽連獅子」の狂言師後に親獅子の精ほかで、八代目中村芝翫を襲名(歌舞伎座)

若干32歳で、大河ドラマ「毛利元就」の主役を務めるなど、

若い頃は、中村橋之助の名前で、ドラマや映画での活躍も目立ちました。

奥様は女優の三田寛子さんです。

色々ありますが、妻の支えはすごく大きいんじゃないかなあって思います。

詳しくは、こちらにも書いているので読んでみてくださいね。

八代目中村芝翫、妻はあの三田寛子さんです。 若い頃は、中村橋之助といい、大河ドラマ「毛利元就」で 主役を務めたこともあります。 ...



中村芝翫の息子は3人、父を超えるか?

8代目中村芝翫さんには、3人の息子がいます。

3人とも歌舞伎役者で、2016年に父とともに新たな名を襲名しました。

現在は、3人とも(歌之介さんは学業と両立し)、歌舞伎の舞台に立っています。

いいお役をいただくこともあり、今後の期待が大きいと思われます。

3人ともイケメンなので、女性ファンもつきそうだし、

父親を超える役者になるのではないかなあと密かに期待しているところです。

中村芝翫の息子、長男は中村橋之助

中村芝翫さんの長男は中村橋之助さんです。

中村橋之助のプロフィール

4代目中村橋之助:本名 中村 国生(なかむら くにお)

生年月日 1995年12月26日

身長 174cm

血液型 O型

学歴 青山学院大学文学部卒

趣味 宝塚(かなりのヅカマニアです)

出身地 東京

家族 父:8代目中村芝翫、母:三田寛子、弟:3代目中村福之助、4代目中村歌之助

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

芸歴

2000年 『京鹿子娘道成寺』の所化、『菊晴勢若駒(きくびよりきおいのわかこま)』の春駒の童で初代中村国生を名乗り初舞台(歌舞伎座)

2016年 「熊谷陣屋」の堤軍次役他で4代目中村橋之助を襲名(歌舞伎座)

2017年 名題昇任

コロナで中止が続いていますが、

新春浅草歌舞伎の常連さんとして、

若手役者の中でもいいお役に抜擢されていると思います。

3人の中では一番三田寛子さんに似ていらっしゃいます。

ソフトで可愛げのある美青年といったところでしょうか。

宝塚マニアとしても知られています。

2020年には、祇園の芸妓さんとの婚約話も持ち上がりましたが、

現在は独身です。

*詳しくはこちらに書いているのでお読みくださいね。

中村橋之助さん、2020年の浅草歌舞伎でも凛々しい舞踊を披露した、 注目の若き歌舞伎役者です。 母は、あの三田寛子さん。面差しが...



中村芝翫の息子、次男は中村福之助

中村芝翫さんの次男は、中村福助さんです。

ダイナミックで雄々しい役が似合う方だなと思っています。

中村福之助のプロフィール

3代目中村福之助のプロフィール

中村福之助:本名 中村 宗生(なかむら むねお)

生年月日 1997年11月13日

家族 祖父:七代目中村芝翫、父:八代目中村芝翫、母:三田寛子

兄:中村橋之助、弟:中村歌之助

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

初舞台 2000年 歌舞伎座(五世中村歌右衛門六十年祭)で『京鹿子娘道成寺』の所化と『菊晴勢若駒(きくびよりきおいのわかこま)』の春駒の童で初代中村宗生を名乗り初舞台。

襲名 2016年 歌舞伎座『極付幡随長兵衛』の雷重五郎、『熊谷陣屋』の伊勢三郎、『祝勢揃壽連獅子』の狂言師後に仔獅子の精、『芝翫奴』の奴駒平で三代目中村福之助を襲名。

私が、福之助さんに注目したのは、

2019年の「スーパー歌舞伎新版オグリ」の小栗四郎役です。

小栗党の中でも武闘派のイメージをちょっと泥臭くも爽やかに演じていたなと思いました。

その後、中村猿之助さんの舞台で度々お姿をお見かけするようになりました。

幹部役者さんの舞台に立つことも増えたので、

色々学んで吸収しているところかなあろその演技に注目している役者さんです。

意外に、世話物が似合いそうな気がしているので、

ぜひ観てみたいと思っています。

*詳しくはこちらに書いているのでお読みくださいね。

歌舞伎役者中村福之助は、 歌舞伎役者中村芝翫と、女優三田寛子の次男です。 2019年、スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」の出演を通し...

中村芝翫の息子、三男は中村歌之助

中村芝翫さんの三男は中村歌之助さんです。

現在、青山学院大学の2年生ということで

学業と舞台の両立をがんばっていらっしゃいます。

中村歌之助のプロフィール

4代目中村歌之助 本名:中村宣生(なかむらよしお)

生年月日 2001年9月10日

血液型 O型

身長 170cm

出身大学 青山学院大学に在学中

屋号 成駒屋

定紋 祇園守

芸歴

2004年 「菊薫縁羽衣」の宿星の童子役で本名の中村宣生で初お目見え

2016年 「初帆上成駒宝船」の歌彦、「祝勢揃壽連獅子」の狂言師後に仔獅子の精、「芝翫奴」の奴駒平他で4代目中村歌之助を襲名

3人の中では最もソフトな印象を見せる方です。

母性本能をくすぐるタイプでもあると思います。

ここ最近舞台に立つようになったものの、

コロナのためあまり大きな公演がないのが残念。

私にとっては、

どんな役が合うのかなあとただいま観察している役者さんです。

*詳しくはこちらに書いていますので、よかったら読んでくださいね。

歌舞伎役者中村歌之助さんは、 中村芝翫さんと三田寛子さんの三男です。 先日大学の入学式に出席したらしいです。 イケメンぶり...

中村芝翫さんの3人の息子について紹介しました。

歌舞伎のお家からすると

3人も役者を輩出しているってすごいことですよ。

親子4人での競演舞台を今後は楽しみにしています。



中村芝翫の兄弟は、中村福助と中村勘三郎

中村芝翫さんの兄弟についてもみていきましょう。

家系図のところでも書いていますが、

兄が中村福助さん、義兄(姉の夫)が故中村勘三郎さんです。

ここでは、そのお二人について紹介します。

中村芝翫の兄:中村福助

中村芝翫さんのお兄さんが、9代目中村福助さんです。

女形の役者さんで、とても美しいお姫様や傾城に

惚れ惚れしたことがあります。

次の中村歌右衛門、、と期待されていたのですが、病気により

その襲名が延期となっています。

九代目中村福助のプロフィール

中村福助 本名:中村 栄一(なかむら えいいち)

生年月日 1960年10月29日

星座 蠍座

血液型 O型

学歴 青山学院大学高等部中退

屋号 成駒屋

定紋 祇園守 裏梅

襲名歴 1967年 「野崎村」庄屋の倅役他で、5代目中村児太郎を名乗り初舞台

1992年 「金閣寺」雪姫役、「娘道成寺」白拍子花子役で九代目中村福助を襲名

趣味 感激、野球観戦、ゴルフ

子ども時代からウルトラマンが大好きで、舞台に立つとご褒美にもらった人形が

かなりの数に上っているらしいです。

また、阪神タイガースファンということで、

以前楽屋に六甲おろしの歌詞が入った暖簾をかけていたことがあるそうです。

その美貌と演技力を買われ、7代目中村歌右衛門襲名が波票された直後、

2013年に脳内出血のため筋力が著しく低下し、

舞台から離れるという悲劇に見舞われます。

しかし、懸命のリハビリと妻や息子児太郎の支えにより、

2018年9月に約4年ぶりの舞台復帰を果たします。

とはいうものの、足と右腕が十分に動かせないということで、引き続きリハビリをしているようです。

それでも座った役、動きのない役で少しずつその姿を見せてくれるようになり、

ファンの目を喜ばせてくれています。

*9代目中村福助については、こちらにも詳しく書きましたので、よかったらお読みください。

九代目中村福助、平成最後の歌舞伎座で、「令和」を交えた台詞が話題です。 昨年(2018年9月)に4年余りの闘病生活から舞台復帰を果たし...



中村芝翫の甥:中村児太郎

中村芝翫さんの甥にあたるのが、6代目中村児太郎さんです。

福助さんの息子さん、小太郎さんも女形として舞台で活躍されています。

もともとラガーマンということでがっちりとした体格ですが、

女性になるとなんとも艶っぽい美しさを見せてくれます。

六代目中村児太郎のプロフィール

中村児太郎 本名:中村 優太(なかむら ゆうた)

生年月日 1993年12月23日

家系 祖父:七代目中村芝翫、父:九代目中村福助、伯父:八代目中村芝翫、伯母:波野好江(故十八代目中村勘三郎の妻)

屋号 成駒屋

定紋 祇園守・児太郎雀

身長 173cm

血液型 B型

趣味 サッカー、野球、ラグビー

初舞台 1999年 「壺阪霊験記」観世音役 中村優太として初お目見え

襲名 2000年 「京鹿子道成寺」所化役、「菊晴勢若駒」春駒の童役 で六代目中村児太郎を襲名(歌舞伎座)

最近は、市川海老蔵さんとの舞台に出ることが増えています。

私は、坂東玉三郎さんの教えを受けてチャレンジした「阿古屋」が

とてもよかったなあって思っています。

*中村児太郎さんについてはこちらにも書いていますのでお読みくださいね。

中村児太郎は、今最も期待されている女形の一人です。 祖父(7代目中村芝翫)も父(中村福助)も 女形として名を馳せた役者です。 ...



中村芝翫の義兄:中村勘三郎

中村芝翫さんの義兄にあたるのが18代目中村勘三郎さんです。

勘三郎さんは、多くの方に惜しまれながら2012年に逝去されました。

父亡き後、弟分として何かと目にかけてもらっていた、

と芝翫さんの言葉にもよく出てきます。

私も橋之助時代に共演した舞台をいくつか拝見しています。

もし生きていらしたら、

もっと芝翫さんの活躍の場が広がったんじゃないかなと思われ、

とても残念な気がしています。

中村勘三郎さんのお家は中村屋といいますので、

縁戚関係にあってもお家は違うということも付け加えておきますね。



中村芝翫と中村勘九郎との関係は?

最後に、中村芝翫さんと中村勘九郎さんの関係について書いておきます。

8代目中村芝翫さんとの関係としては、

勘九郎さんとその弟中村七之助さんは、甥に当たります。

姉の子という関係ですね。

ここに一つの関係を見ることができます。

さらには、8代目中村芝翫さんが

橋之助時代に育ててもらった18代目勘三郎との関係も見ることができます。

現芝翫と元勘九郎という2人の関係です。

その想いもあるので、芝翫さんにとっては勘九郎兄さんの忘れ形見として、

当代の中村勘九郎さんへの思いを感じることがあります。

そして顔がそっくり、という声もありますが、

叔父甥の関係なのでそれは当然と言えますよね。

また、7代目中村芝翫から見ると8代目中村勘九郎(18代目中村勘三郎)は、

娘婿という存在。

9代目中村勘九郎は孫という存在になります。

歌舞伎の世界は、名前がどんどん受け継がれて行くので、

役者名で見るとややこしいことになりますね。

まあ、現在の勘九郎さんは

こどもの頃はめちゃくちゃ祖父芝翫さんから可愛がられたのだそうです。

今は、芝翫さんの長男中村橋之助さんが中村勘九郎さんを兄と慕い、

目標にしているといいます。

そういう風に見ていくと、

歌舞伎役者の関係って血の繋がりでも芸のつながりでも

密接なんだなあと思えます。

六代目中村勘九郎、歌舞伎役者で、名門中村屋の若き当主でもあります。 2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」では 金栗四三役を熱...



中村芝翫さんが守る「成駒屋」をめぐる家系には、

多くの歌舞伎役者さんも関係していることから、

とても格の高い名門なのだなあということがわかりますね。

中村芝翫さんの家系図から、家族の話題、親戚とのつながりについて書きました。

中村芝翫さんは、これからもっともっと大きな役者になっていく方だと思います。

舞台も観にいくことを楽しみにしています。

読んでくださり、ありがとう存じまする。