歌舞伎座12月大歌舞伎初日!演目、主な配役、あらすじ、幕見席情報!!玉三郎・梅枝・児太郎演じる話題の阿古屋、中車のたぬき、松緑の神霊矢口渡も観たい!

歌舞伎座も令和元年最後の公演の初日が開けました。

12月2日(月)から26日(木)までです。

見どころ満載の豪華な演目、阿古屋はなんとトリプル構成。

昼の部は、A,Bプログラムもあるので、しっかりチェックしていきましょう!

歌舞伎座12月大歌舞伎の演目、主な配役とあらすじ

【昼の部 午前11時開演】

Aプロ(2・3・8・9・14・15・20・21・26日)

一、たぬき

大佛次郎 作 石川耕士 演出

柏屋金兵衛  市川 中車

妾お染    中村 児太郎

太鼓持蝶作  坂東 彦三郎

狭山三五郎  坂東 亀蔵

隠亡平助   中村 萬太郎

芸者お駒   市川 笑也

芝居茶屋女房おはま 市川 斎入

備後屋宗右衛門 市村 家橘

女房おせき  市川 門之助

深川の火葬場では、

放蕩三昧の末に急死した

柏屋金兵衛の葬式が営まれています。

ところが日も暮れた頃、

金兵衛は再び息を吹き返します。

肩身の狭い婿養子の暮らしに辟易していた金兵衛。

これを幸いにこのまま自分は死んだことにして、

女房おせきのもとへは戻らず、

妾のお染と生きようと考えます。

二、村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)

村雨  中村 梅枝

松風  中村 児太郎

在原行平が須磨へ流された際、

深く契りを交わした海女の松風と村雨の姉妹。

行平が形見として残した烏帽子と狩衣を身にまとい、

姉妹はその面影を偲び舞い踊ります。

謡曲「松風」を素材にした歌舞伎舞踊「汐汲」。

踊り手を二人にする趣向です。

三、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき) 阿古屋

遊君阿古屋  坂東 玉三郎

秩父庄司重忠 坂東 彦三郎

岩永左衛門  尾上 松緑

平家滅亡後、

平家の武将悪七兵衛景清の行方を詮議するため、

問注所に引き出された景清の愛人、遊君阿古屋。

景清の所在を知らないという阿古屋に対し、

岩永左衛門は拷問にかけようと主張しますが、

詮議の指揮を執る重忠はこれを制します。

重忠が阿古屋の心の内を推し量るために用意させたのは、

琴、三味線、胡弓。

言葉に偽りがあれば音色が乱れるはずだと、

三曲の演奏を命じられた阿古屋は

楽器を弾きこなすのです。

Bプロ(4・5・6・7・10・11・12・13・16・17・18・19・22・23・24・25日)

一、たぬき

大佛次郎 作 石川耕士 演出

柏屋金兵衛  市川 中車

妾お染    中村 児太郎

太鼓持蝶作  坂東 彦三郎

狭山三五郎  坂東 亀蔵

隠亡平助   中村 萬太郎

芸者お駒   市川 笑也

芝居茶屋女房おはま 市川 斎入

備後屋宗右衛門 市村 家橘

女房おせき  市川 門之助

二、保名(やすな)

保名 坂東 玉三郎

桜と菜の花に彩られた春。

野辺をさまよい歩くのは、

恋人が自害したことを嘆き、正気を失った保名。

亡き恋人の姿を追い求めますが、

現実に引き戻され、

形見の小袖を狂おしく抱きしめて悲しみにくれるのでした。

三、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋

遊君阿古屋 中村 梅枝(4・5・10・11・16・17・22・23日)

遊君阿古屋 中村 児太郎(6・7・12・13・18・19・24・25日)

岩永左衛門 市川 九團次

秩父庄司重忠 坂東 彦三郎

【夜の部 午後16時30分開演】

一、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)福内鬼外 作 頓兵衛住家の場

渡し守頓兵衛 尾上 松緑

娘お舟    中村 梅枝

傾城うてな  中村 児太郎

下男六蔵   中村 萬太郎

新田義峯   坂東 亀蔵

六郷川の矢口の渡し。

渡し守の頓兵衛は、足利と新田の争いで

褒美の金欲しさに足利方の手先となり、

新田義興の溺死に加担した強欲者。

ここへ、義興の弟義峯が恋人である傾城うてなと訪れ、

偶然にも頓兵衛の家に一夜の宿を乞います。

頓兵衛の娘お舟は、気品あふれる義峯にひと目惚れ。

義峯に恋心を明かします。

一方、義峯の素性を知った頓兵衛は、

再び金目当てに、その命を狙おうとするのです。

二、本朝白雪姫譚話(ほんちょうしらゆきひめものがたり)

グリム童話「白雪姫」より 竹柴潤一 脚本

坂東玉三郎 補綴 花柳壽應 演出・振付 花柳壽輔 演出・振付

白雪姫   坂東 玉三郎

鏡の精   中村 梅枝

野分の前  中村 児太郎

従者晴之進 坂東 彦三郎

家臣郷村新吾 中村 獅童

その昔、とある名家の奥方である野分の前が、

大層可愛らしい赤子を授かりました。

白雪姫の誕生を、皆喜びますが、

母親である野分の前だけはつれない様子。

白雪姫が美しくなるにつれ、

自分の美しさが衰えていくのではないか

疑心暗鬼になっていたのです。

なだめる局たちの言葉にも耳を貸そうとしない野分の前が、

何気なく奥殿の鏡に問いかけると、

鏡の精が現れてその美しさを讃えます。

これに気を良くした野分の前は、

いつまでも鏡に自分の美しさを尋ねるのでした。

十数年後、白雪姫はさらに美しい姫に成長しています。

野分の前の不安は大きくなり、

ついに鏡の精も白雪姫の方が美しくなったことを認めます。

野分の前は白雪姫をやり込めようと琴の弾きくらべを行います。

家臣の郷村新吾は、

いよいよ白雪姫をなきものにしようとする野分の前の命を受け、

白雪姫を山中に連れ出します。

姫を手にかけようとしたそのとき、

新吾はそのあまりの美しさに心を打たれ、悩みます。

歌舞伎座12月大歌舞伎、幕見席情報

観たい演目だけ観られるのが、幕見席の魅力です。

12月大歌舞伎は、4パターンのお芝居があるので、

幕見席も上手に活用したいものですね。

【昼の部】(Aプロ)
発売予定時間 上演開始時間
『たぬき』       1030 1,500円 11:00-
『村松風二人汐汲』 1115 1,000円 13:05-
『壇浦兜軍記』阿古屋 1320 1,500円 13:55-
【昼の部】(Bプロ)
『たぬき』 1030 1,500円 11:00-
『保名』 1115 1,000円 13:05-
『壇浦兜軍記』阿古屋 1320 1,500円 13:48-
【夜の部】
『神霊矢口渡』 14:15 1,500円 16:30-
『本朝白雪姫譚話』第一幕 16:45 1,000円 18:12-
『本朝白雪姫譚話』第二幕 18:30 1,500円 19:19-

※料金はすべて税込
※12月1日記。混雑状況等により発売予定時間は変動する場合があります
※Aプロ=2・3・8・9・14・15・20・21・26日
※Bプロ 梅枝出演日=4・5・10・11・16・17・22・23日
※Bプロ 児太郎出演日=6・7・12・13・18・19・24・25日

4階幕見席では、未就学児童は入場できませんので、ご注意ください。

*幕見席の楽しみ方は、こちらにも書いていますので、よかったらお読みくださいね。

歌舞伎座で手軽に歌舞伎を見る方法として、幕見席のチケットを買って見るというものがあります。 初心者でも大丈夫、実際に行くと外国の方や観...

歌舞伎座12月大歌舞伎の見どころ

12月の歌舞伎座は大作と新作、

そして女形第一人者と若手の共演が、

楽しみな演目となっています。

私が思う見どころを3つ紹介します。

1つ目は、坂東玉三郎が

以前俳優斎で演じたこともある白雪姫を、

趣向を変え新作として蘇らせた「本朝白雪姫譚話」。

玉三郎の演出で斬新な見せ場もありそうです。

なんといっても、

玉三郎のお姫様は一見の価値ありです。

予告動画でこんなに綺麗なんだもん。

お芝居になったらどうなるのかしら、って

ドキドキしてくる期待の新作です。

https://youtu.be/37f0wShnNyE

2つ目は、昨年に続き

「壇浦兜軍記 阿古屋」の再演です。

女役の中でも一二を争う難役と言われるこの阿古屋。

今までは、玉三郎しか演じられる役者はいなかったのですが、

昨年、中村梅枝・中村児太郎にその役を演じる、

白羽の矢が立ちました。

今年も三人三様の阿古屋が見られそうです。

玉三郎の至高の芸も気になりますが、

梅枝・児太郎のチャレンジ阿古屋にも期待大です。

*阿古屋ってどういうお芝居?という方には、こちらに詳しく書いていますので、お読みくださいね。

女形の難役と言われる「阿古屋」。 2018年に続き2019年12月も歌舞伎座で上演されます。 この「阿古屋」について、 坂...

3つ目は、4種類の舞台が楽しめるということ。

昼の部だけでなんと3種。

Aプロ、Bプロ①、Bプロ②、

同じ演目でも役者が変わるとどう違うのか、

それを見比べるのも歌舞伎の醍醐味です。

3つとも同じ役を演じる役者ももちろんいますが、

その役者も相手が変わることで、

どんな役所になるのかも

見届けたいと考えています。

いずれにせよ、全部見ようとすると、

4回行かないとダメなのよね。

ボーナス月だから、

みなさん奮発してくださいね、ってことかしら。

*坂東玉三郎については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

当代一の女形、坂東玉三郎。 その美しさ、華やかさ、艶やかさ、舞台上ではひときわ光を放つ役者です。 ...

*中村梅枝については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

今日は、端正な面持ちでお姫様から若侍までを演じ分ける注目の若女形、四代目中村梅枝さんをピックアップ。 四代目中村梅枝は、若手女形の...

*中村児太郎については、こちらにも書いていますので、よかったらお読みください。

歌舞伎役者六代目中村児太郎、 昨年は「金閣寺」の雪姫、「壇浦兜軍記」の阿古屋など、 大役を演じきり、その存在感が増しています。 ...

話題色々、華やかな舞台であることは間違いないですね。

12月も歌舞伎座ね。

読んでくださり、ありがとう存じまする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする